雜歌、譬喻、挽歌
真字萬葉集 卷第三 雜歌、譬喻歌、挽歌


雜歌


0235 天皇御遊雷岳之時,柿本朝臣人麻呂作歌一首

     皇者 神二四座者 天雲之 雷之上爾 廬為流鴨

     大君(おほきみ)は (かみ)にし(ませ)ば 天雲(あまくも)の 雷上(いかづちのうへ)に 廬為(いほりせ)るかも

       大君吾主者 以其化神治幽世 故離人世間 天雲武甕雷之上 設舍假盧鎮天闕

      柿本人麻呂 0235

         右,或本云:「獻忍壁皇子也。」其歌曰:「王,神座者,雲隱伊加土山爾,宮敷座。」

           大君(おほきみ)は (かみ)にし(ませ)ば 雲隱(くもがく)る 雷山(いかづちやま)に 宮敷坐(みやしきいま)

             大君吾主者 以其化神治幽世 故離人世間 雲隱天上雷山間 造宮敷殿鎮天闕



0236 天皇賜志斐嫗御歌一首

     不聽跡雖云 強流志斐能我 強語 比者不聞而 朕戀爾家里

     (いな)()へど ()ふる志斐(しひ)のが 強語(しひかた)り 此頃聞(このころき)かずて 朕戀(あれこ)ひにけり

       朕雖謂不聽 志斐老嫗仍強述 強語令人煩 然而比者未聞之 朕復戀其志斐語

      持統天皇 0236


0237 志斐嫗奉和歌一首 【嫗名未詳。 承前。】

     不聽雖謂 話禮話禮常 詔許曾 志斐伊波奏 強話登言

     (いな)()へど (かた)(かた)れと ()らせこそ 志斐(しひ)いは(まう)せ 強語(しひかた)りと()

       妾雖謂不言 吾君仍促妾話語 君命宣如此 志斐奏者從命耳 何以今云妾強語

      志斐嫗 0237


0238 長忌寸意吉麻呂應詔歌一首



0239 長皇子遊獦路池之時,柿本朝臣人麻呂作歌一首 【并短歌。】

     八隅知之 吾大王 高光 吾日乃皇子乃 馬並而 三獦立流 弱薦乎 獦路乃小野爾 十六社者 伊波比拜目 鶉己曾 伊波比迴禮 四時自物 伊波比拜 鶉成 伊波比毛等保理 恐等 仕奉而 久堅乃 天見如久 真十鏡 仰而雖見 春草之 益目頰四寸 吾於富吉美可聞

     八隅治(やすみし)し ()大君(おほきみ) 高光(たかひか)る ()日皇子(ひのみこ)の 馬並(うまな)めて 御狩立(みかりた)たせる 若薦(わかこも)を 獦路小野(かりぢのをの)に 鹿(しし)こそば い這拜(はひをろが)め (うづら)こそ い這迴(はひもとほ)れ 鹿(しし)(もの) い這拜(はひをろが)み 鶉如(うづらな)す い這迴(はひもとほ)り (かしこ)みと 仕奉(つかへたてまつ)りて 久方(ひさかた)の 天見(あめみ)(ごと)く 真十鏡(まそかがみ) (あふ)ぎて()れど 春草(はるくさ)の 彌珍(いやめづら)しき ()大君哉(おほきみかも)

       八隅治天下 經綸恢弘我大君 空高輝光曜 吾日皇子長親王 並馬整隊列 率行伍兮發御狩 若薦刈取兮 巡狩獦路小野間 豬鹿走獸者 屈膝伏地跪拜矣 雉鶉禽鳥者 逡巡匐地這迴矣 吾等雖非鹿 猶鹿跪地屈膝拜 吾等狀如鶉 猶鶉匍匐迴巡矣 誠惶復誠恐 忠心赤誠獻仕奉 遙遙久方天 吾等仰觀如瞻天 清澄真十鏡 吾等雖昂首仰見 春草發新綠 彌珍彌榮更敬慕 偉兮吾主大君哉

      柿本人麻呂 0239


0240 反歌一首 【承前。】

     久堅乃 天歸月乎 網爾刺 我大王者 盖爾為有

     久方(ひさかた)の 天行(あまゆ)(つき)を (あみ)()し ()大君(おほきみ)は (きぬがさ)()

       遙遙久方天 巡行玄天渡月矣 欲以網捕之 以為吾主大君之 和妙麗織穹蓋矣

      柿本人麻呂 0240


0241 或本反歌一首 【承前。】

     皇者 神爾之坐者 真木乃立 荒山中爾 海成可聞

     大君(おほきみ)は (かみ)にし(ませ)ば 真木(まき)()つ 荒山中(あらやまなか)に (うみ)()(かも)

       偉哉吾大君 以彼顯人現神矣 縱在真木立 深邃荒山野嶺中 亦能成海造滄溟

      柿本人麻呂 0241


0242 弓削皇子遊吉野時御歌一首

     瀧上之 三船乃山爾 居雲乃 常將有等 和我不念久爾

     瀧上(たきのうへ)の 三船山(みふねのやま)に 居雲(ゐるくも)の (つね)()らむと ()(おも)()くに

       吉野宮瀧畔 三船山頂所居雲 吾不念其恆 諸行無常若天雲 森羅萬化莫不變

      弓削皇子 0242


0243 春日王奉和歌一首 【承前。】

     王者 千歲二麻佐武 白雲毛 三船乃山爾 絕日安良米也

     大君(おほきみ)は 千年(ちとせ)()さむ 白雲(しらくも)も 三船山(みふねのやま)に ()ゆる日有(ひあ)らめや

       吾君日皇子 其當屹立千年久 山船山頂上 白雲常在掛山頭 豈有絕日雲散時

      春日王 0243


0244 或本歌一首 【承前。】

     三吉野之 御船乃山爾 立雲之 常將在跡 我思莫苦二

     御吉野(みよしの)の 三船山(みふねのやま)に 立雲(たつくも)の (つね)()らむと ()(おも)()くに

       芳野御吉野 宮瀧畔上三船山 雲湧立頂上 吾度彼雲不久長 一猶諸行化無常

      弓削皇子 0244

         右一首,柿本朝臣人麻呂之歌集出。



0245 長田王被遣筑紫,渡水嶋之時歌二首

     如聞 真貴久 奇母 神左備居賀 許禮能水嶋

     ()きし(ごと) 真貴(まことたふと)く (くす)しくも (かむ)さび()るか 茲水島(これのみづしま)

       葦北嶋如聞 真貴實奇不虛也 靈妙不思議  天神地祇現神貺 恠乎奇茲水嶋也

      長田王 0245


0246 【承前,時歌第二。】

     葦北乃 野坂乃浦從 船出為而 水嶋爾將去 浪立莫勤

     葦北(あしきた)の 野坂浦(のさかのうら)ゆ 船出(ふなで)して 水島(みづしま)()かむ 波立(なみた)()ゆめ

       吾等自葦北 野坂之浦發船行 渡海涉滄溟 將排海路去水嶋 還願駭浪莫高起

      長田王 0246


0247 石川大夫和歌一首 【名闕。】

     奧浪 邊波雖立 和我世故我 三船乃登麻里 瀾立目八方

     沖波(おきつなみ) 邊波立(へなみた)つとも ()背子(せこ)が 御船泊(みふねのとまり) 波立(なみた)ためやも

       沖波奧浪與 邊波岸浪雖高騰 然吾兄子之 御船所泊港湊邊 可有波瀾翻湧歟

      石川大夫 0247

         右,今案,從四位下石川宮麻呂朝臣,慶雲年中任大貳。又正五位下石川朝臣吉美侯,神龜年中任小貳。不知兩人誰作此歌焉。



0248 又長田王作歌一首

     隼人乃 薩麻乃迫門乎 雲居奈須 遠毛吾者 今日見鶴鴨

     隼人(はやひと)の 薩摩瀨戶(さつまのせと)を 雲居如(くもゐな)す (とほ)くも(われ)は 今日見(けふみ)つる(かも)

       隼人所棲息 薩摩瀨戶迫門矣 吾遠在域外 如居天邊叢雲上 今日遙望觀之哉

      長田王 0248


0249 柿本朝臣人麻呂羈旅歌八首 【第一。】

     三津埼 浪矣恐 隱江乃 舟公 宣奴嶋爾

     三津崎(みつのさき) (なみ)(かしこ)み 隱江(こもりえ)の 舟公(未詳) 宣奴嶋爾(未詳)

       浪速御津崎 奔潮太急浪甚恐 避退隱江內 船旅君長舟公矣 奉宣必將至野島

      柿本人麻呂 0249


0250 【承前,第二。】

     珠藻苅 敏馬乎過 夏草之 野嶋之埼爾 舟近著奴

     玉藻刈(たまもか)る 敏馬(みぬめ)()ぎて 夏草(なつくさ)の 野島崎(のしまのさき)に 船近付(ふねちかづ)きぬ

       海人苅玉藻 罔象敏馬灘已過 夏草繁生兮 津名北淡野島崎 航舟行船今近著

      柿本人麻呂 0250

         一本云:「處女乎過而,夏草乃,野嶋我埼爾,伊保里為吾等者。」

           玉藻刈(たまもか) 處女(をとめ)()ぎて 夏草(なつくさ)の 野島(のしま)(さき)に (いほり)(われ)

             海人苅玉藻 菟原處女地已過 夏草繁生兮 津名北淡野島崎 權設假廬吾等者



0251 【承前,第三。】

     粟路之 野嶋之前乃 濱風爾 妹之結 紐吹返

     淡路(あはぢ)の 野島崎(のしまのさき)の 濱風(はまかせ)に (いも)(むす)びし 紐吹返(ひもふきかへ)

       御食所向兮 粟道淡路野島崎 濱風拂勁矣 吹返昔日離別時 吾妹所繫相結紐

      柿本人麻呂 0251


00252 【承前,第四。】

     荒栲 藤江之浦爾 鈴寸釣 白水郎跡香將見 旅去吾乎

     荒栲(あらたへ)の 藤江浦(ふぢえのうら)に 鱸釣(すずきつ)る 海人(あま)とか()らむ 旅行(たびゆ)(われ)

       麤織荒栲兮 藤江浦間白水郎 釣鱸海人矣 吾人羈旅在異地 他人見我如漁夫

      柿本人麻呂 0252

         一本云:「白栲乃,藤江能浦爾,伊射利為流。」

           白栲(しろたへ)の 藤江浦(ふぢえのうら)に (いざり)する 海人(あま)とか()らむ 旅行(たびゆ)(われ)

             白妙荒栲兮 藤江浦間白水郎 漁釣海人矣 他人不識行旅者 見吾以為討海郎



00253 【承前,第五。】

     稻日野毛 去過勝爾 思有者 心戀敷 可古能嶋所見【一云,湖見。】

     稻日野(いなびの)も 行過(ゆきす)(かて)に (おも)へれば 心戀(こころこひ)しき 加古島見(かこのしまみ)一云(またにいふ)水門見(みとみ)ゆ。】

       稻日印南野 難以無心輙行過 處處有所思 吾心所念繫戀慕 不禁凝望加古島【一云,不禁凝望湊水門。】

      柿本人麻呂 0253


00254 【承前,第六。】

     留火之 明大門爾 入日哉 榜將別 家當不見

     燈火(ともしび)の 明石大門(あかしおほと)に ()らむ()や 漕別(こぎわか)れなむ 家邊(いへのあた)()

       通明燈火兮 明石大門海峽矣 黃昏沒日哉 夕陽沉海別大和 漕別不復見家邊

      柿本人麻呂 0254


00255 【承前,第七。】

     天離 夷之長道從 戀來者 自明門 倭嶋所見【一本云,家門當見由。】

     天離(あまざか)る 鄙長道(ひなのながぢ)ゆ 戀來(こひく)れば 明石門(あかしのと)より 大和島見(やまとしまみ)一本云(またのふみにいふ)家邊(いへのあた)()ゆ。】

       天離日已遠 其由鄙夷長道間 戀慕越來者 今自明石海峽門 望見大和秋津島【一本云,望見家門故鄉邊。】

      柿本人麻呂 0255


00256 【承前,第八。】

     飼飯乃海 庭好有之 苅薦乃 亂出所見 海人釣船

     飼飯海(けひのうみ)の 庭良(にはよ)くあらし 刈薦(かりこも)の (みだ)れて出見(いづみ)ゆ 海人釣船(あまのつりぶね)

       飼飯之海者 蓋為秀場良庭矣 苅薦紊亂兮 亂出點點浮海上 海人釣舟今可見

      柿本人麻呂 0256

         一本云:「武庫乃海,舳爾波有之,伊射里為流,海部乃釣船,浪上從所見。」

           武庫海(むこのうみ) 船庭(ふねには)ならし (いざり)する 海人釣船(あまのつりぶね) 波上(なみのうへ)()

             攝津武庫海 其乃秀兮船庭矣 漁獵討滄溟 海人釣舟泛浮海 越諸浪上晰可望



0257 鴨君足人香具山歌一首 【并短歌。】

     天降付 天之芳來山 霞立 春爾至婆 松風爾 池浪立而 櫻花 木乃晚茂爾 奧邊波 鴨妻喚 邊津方爾 味村左和伎 百礒城之 大宮人乃 退出而 遊船爾波 梶棹毛 無而不樂毛 己具人奈四二

     天降著(あもりつ)く 天香具山(あめのかぐやま) 霞立(かすみた)つ (はる)(いた)れば 松風(まつかぜ)に 池波立(いけなみた)ちて 櫻花(さくらばな) ()暗繁(くれしげ)に 沖邊(おきへ)には 鴨妻呼(かもつまよ)ばひ 邊邊(へつへ)に 味鴨群騷(あぢむらさわ)き 百敷(ももしき)の 大宮人(おほみやひと)の 罷出(まかりで)て 遊船(あそぶふね)には 梶棹(かぢさを)も ()くて(さぶ)しも 漕人無(こぐひとな)しに

       人云自天降 巍峨天之香具山 時值春霞湧 佐保姬神春至者 隨松風吹拂 池上波立漣漪起 櫻花欣向榮 櫻木暗蔭愈繁茂 奧處沖津間 禽鴨喚妻發聲鳴 岸處邊津畔 味鴨群集騷鳴矣 百敷宮闈間 高雅殿上大宮人 宮仕退朝後 罷出遊樂所乘船 榮華不復在 如今無梶又無棹 更無漕人徒寂寥

      鴨足人 0257


0258 反歌二首 【承前,反歌第一。】

     人不榜 有雲知之 潛為 鴦與高部共 船上住

     人漕(ひとこ)がず ()らくも(しる)し (かづ)きする 鴛鴦(をし)高部(たかべ)と 船上(うねのうへ)()

       舩楫無人划 實矣著兮理自明 往昔潛水下 鴛鴦禽與高部鴨 如今常棲遊船上

      鴨足人 0258


0259 【承前,反歌第二。】

     何時間毛 神左備祁留鹿 香山之 鉾榅之本爾 薜生左右二

     何時間(いつのま)も (かむ)さびけるか 香具山(かぐやま)の 桙杉(ほこすぎ)(もと)に 苔生(こけむ)(まで)

       其於何時間 神氣稜嚴肅然哉 天香具山上 桙杉根本無人跡 蒼苔莚生鬱凜然

      鴨足人 0259


0260 或本歌云 【承前,或本歌。】

     天降就 神乃香山 打靡 春去來者 櫻花 木暗茂 松風丹 池浪颷 邊都遍者 阿遅村動 奧邊者 鴨妻喚 百式乃 大宮人乃 去出 榜來舟者 竿梶母 無而佐夫之毛 榜與雖思

     天降就(あもりつ)く 神香具山(かみのかぐやま) 打靡(うちなび)く 春去來(はるさりく)れば 櫻花(さくらばな) ()暗繁(くれしげ)にに 松風(まつかぜ)に 池波立(いけなみた)ち 邊邊(へつへ)には 味鴨群騷(あぢむらさわ)き 沖邊(おきへ)には 鴨妻呼(かもつまよ)ばひ 百敷(ももしき)の 大宮人(おほみやひと)の 罷出(まかりで)て ()ぎける(ふね)は 棹梶(さをかぢを)も ()くて(さぶ)しも ()がむと(おも)へど

       人云自天降 稜威神之香具山 打靡隨風撓 佐保姬神春至者 櫻花欣向榮 櫻木繁茂蔭愈暗 隨松風吹拂 池上波立漣漪起 岸處邊津畔 味鴨群集鳴騷然 奧處沖津間 禽鴨喚妻發聲鳴 百敷宮闈間 高雅殿上大宮人 宮仕退朝後 罷出漕划遊船者 榮華不復在 今無梶棹發寂寥 雖欲划之暢幽思

      鴨足人 0260

         右,今案,遷都寧樂(奈良)之後,怜舊作此歌歟。



0261 柿本朝臣人麻呂獻新田部皇子歌一首 【并短歌。】

     八隅知之 吾大王 高輝 日之皇子 茂座 大殿於 久方 天傳來 白雪仕物 徃來乍 益及常世

     八隅治(やすみし)し ()大君(おほきみ) 高光(たかひか)る 日皇子(ひのみこ) 敷座(しきいま)す 大殿上(おほとのうへ)に 久方(ひさかた)の 天傳來(あまづたひく)る (ゆき)(もの) 行通(ゆきかよ)ひつつ 彌常世迄(いやとこよまで)

       八隅治天下 經綸恢弘我大君 空高輝光曜 日之胤皇子 新田部所座 百敷崙奐大殿上 遙遙久方兮 高天之上傳流來 如雪降紛紛 吾欲行通永奉仕 直至彌益常世朝

      柿本人麻呂 0261


0262 反歌一首 【承前。】

     矢釣山 木立不見 落亂 雪驪 朝樂毛

     矢釣山(やつりやま) 木立(こだち)()えず 降亂(ふりまが)ふ 雪驪(未詳) 朝樂毛(未詳)

       飛鳥矢釣山 其山木立不得見 大雪降紊亂 駕馬奔馳豪雪中 參朝奉仕樂不止

      柿本人麻呂 0262


0263 從近江國上來時,刑部垂麻呂作歌一首

     馬莫疾 打莫行 氣並而 見弖毛和我歸 志賀爾安良七國

     馬莫激(うまないた)く ()ちて莫行(なゆ)きそ 日並(けなら)べて ()ても()()く 志賀(しが)()()くに

       莫鞭馬太急 縱驅馬摧驪疾行 志賀路仍遠 吾等今自近江發 非耗數日能至見

      刑部垂麻呂 0263


0264 柿本朝臣人麻呂從近江國上來時,至宇治河邊作歌一首

     物乃部能 八十氏河乃 阿白木爾 不知代經浪乃 去邊白不母

     文武百官(もののふ)の 八十宇治川(やそうぢかは)の 網代木(あじろき)に 猶豫波(いさよふなみ)の 行方知(ゆくへし)らずも

       百官八十氏 八十宇治川之間 游移網代木 躊躇猶豫滯波者 不知行方將何去

      柿本人麻呂 0264


0265 長忌寸奧麻呂歌一首

     苦毛 零來雨可 神之埼 狹野乃渡爾 家裳不有國

     (くる)しくも 降來(ふりく)(あめ)か 三輪崎(みわのさき) 狹野渡(さののわたり)に (いへ)()()くに

       生憎令人苦 此雨零來不逢時 紀洲三輪崎 神崎佐野渡之邊 無宿無家無親族

      長奧麻呂 0265


0266 柿本朝臣人麻呂歌一首

     淡海乃海 夕浪千鳥 汝鳴者 情毛思努爾 古所念

     近江海(あふみのうみ) 夕波千鳥(ゆふなみちどり) ()()けば (こころ)(しの)に 古思(いにしへおも)ほゆ

       淡海近江海 夕暮波濤濱千鳥 每聞汝鳴者 吾心千頭復萬緒 念古之情頻泉湧

      柿本人麻呂 0266


0267 志貴皇子御歌一首

     牟佐佐婢波 木末求跡 足日木乃 山能佐都雄爾 相爾來鴨

     鼯鼠(むささび)は 木末求(こぬれ)むと 足引(あさひき)の 山獵夫(やまのさつを)に ()ひにける(かも)

       飛鼺鼯鼠者 身懷五技求木梢 足引險峻兮 山野獵夫伏樹下 鼯遭獸人技窮哉

      志貴皇子 0267


0268 長屋王故鄉歌一首

     吾背子我 古家乃里之 明日香庭 乳鳥鳴成 嬬待不得而

     ()背子(せこ)が 古家里(ふるへのさと)の 明日香(あすか)には 千鳥鳴(ちどりな)(なり) 夫待兼(つままちか)ねて

       親親吾兄子 汝之舊家故鄉里 飛鳥明日香 千鳥鳴泣在此間 難待夫君遲不歸

      長屋王 0268

         右,今案,從明日香遷藤原宮之後,作此歌歟。



0269 阿倍女郎屋部坂歌一首

     人不見者 我袖用手 將隱爾 所燒乍可將有 不服而來來

     人見(ひとみ)ずは ()袖持(そでも)ちて (かく)さむを ()けつつかあらむ ()ずて()にけり

       若不為人見 吾以袖持奉隱矣 屋部坂土赤 猶燒不止令人惋 惜不服袖而來矣

      阿倍女郎 0269


0270 高市連黑人羇旅歌八首 【第一。】

     客為而 物戀敷爾 山下 赤乃曾保船 奧榜所見

     (たび)にして 物戀(ものこひ)しきに 山下(やまもと)の 赤赭船(あけのそほふね) (おき)()()

       羈旅在他方 為客眷戀憶故鄉 身居山裾下 見得沖間赤赭船 漕行遠去更發愁

      高市黑人 0270


0271 【承前,第二。】

     櫻田部 鶴鳴渡 年魚市方 鹽干二家良之 鶴鳴渡

     櫻田(さくらだ)へ 鶴鳴渡(たづなきわた)る 年魚市潟(あゆちがた) 潮干(しほひ)にけらし 鶴鳴渡(たづなきわた)

       鶴往櫻田去 翱翔鳴渡劃大虛 年魚市潟間 此時退潮潮當乾 鶴渡悲鳴盪徒然

      高市黑人 0271


0272 【承前,第三。】

     四極山 打越見者 笠縫之 嶋榜隱 棚無小舟

     四極山(しはつやま) 打越見(うちこえみ)れば 笠縫(かさぬひ)の 島漕隱(しまこぎかく)る 棚無(たなな)小舟(をぶね)

       身居四極山 繞徑越初臨高覽 笠縫群島後 無棚小舟漕而隱 飄蕩海上隱若現

      高市黑人 0272


0273 【承前,第四。】

     礒前 榜手迴行者 近江海 八十之湊爾 鵠佐波二鳴

     磯崎(いそのさき) 漕迴行(こぎたみゆ)けば 近江海(あふみのうみ) 八十湊(やそのみなと)に 鶴多(たづさは)()

       礁岩荒磯崎 漕船航兮迴繞行 淡海近江海 琳瑯八十湊之間 鵠鶴多在齊泣鳴

      高市黑人 0273


0274 【承前,第五。】

     吾船者 枚乃湖爾 榜將泊 奧部莫避 左夜深去來

     ()(ふね)は 比良湊(ひらのみなと)に 漕泊(こぎは)てむ 沖邊莫離(おきへなさか)り 小夜更(さよふ)けにけり

       吾舟此船者 汝當漕泊比良湊 安繫在港間 莫離岸邊往沖方 夜已深邃幽冥晚

      高市黑人 0274


0275 【承前,第六。】

     何處 吾將宿 高嶋乃 勝野原爾 此日暮去者

     何處(いづく)にか ()宿(やど)りせむ 高島(たかしま)の 勝野原(かつののはら)に 此日暮(このひく)れなば

       羈旅在異地 吾將何處以為宿 近江高嶋之 勝野原間日將暮 孰所寄身日沒後

      高市黑人 0275


0276 【承前,第七。】

     妹母我母 一有加母 三河有 二見自道 別不勝鶴

     (いも)(われ)も (ひと)つなれ(かも) 三河(みかは)なる 二見道(ふたみのみち)ゆ 別兼(わかれか)ねつる

       蓋吾妹與吾 其本同體一心哉 發自三河國 二見道雖岔二路 我倆難分亦難捨

      高市黑人 0276

         一本云:「水河乃,二見之自道,別者,吾勢毛吾文,獨可文將去。」

           三河(みつかは)の 二見道(ふたみのみち)ゆ (わか)れなば ()()(あれ)も 一人(ひとり)かも()かむ

             若於三河之 二見道兮相別離 隨彼路二分 妾與吾夫逕自去 皆需零丁行獨孤



0277 【承前,第八。】

     速來而母 見手益物乎 山背 高槻村 散去奚留鴨

     早來(はやき)ても ()益物(ましもの)を 山背(やましろ)の 高槻群(たかのつきむら) ()りにける(かも)

       後悔已莫及 昔當早來翫見矣 山城山背國 多賀高地槻林者 今已散去謝欷歔

      高市黑人 0277


0278 石川少郎歌一首

     然之海人者 軍布苅鹽燒 無暇 髮梳乃小櫛 取毛不見久爾

     志賀海女(しかのあま)は 海布刈(めか)鹽燒(しほや)き 暇無(いとまな)み 櫛笥小櫛(くしげのをぐし) ()りも見無(みな)くに

       志賀海女者 刈海布兮燒藻鹽 繁忙更無暇 縱雖梳髮笥小櫛 手不取之眼不瞥

      石川君子 0278

         右,今案,石川朝臣君子,號曰少郎子也。



0279 高市連黑人歌二首 【第一。】

     吾妹兒二 豬名野者令見都 名次山 角松原 何時可將示

     我妹子(わぎもこ)に 豬名野(ゐなの)()せつ 名次山(なすきやま) 角松原(つののまつはら) 何時(いつ)(しめ)さむ

       愛妻吾妹兒 豬名野者已令見 然論名次山 又如角之松原者 何日何時可將示

      高市黑人 0279


0280 【承前,第二。】

     去來兒等 倭部早 白菅乃 真野乃榛原 手折而將歸

     去來子等(いざこども) 大和(やまと)(はや)く 白菅(しらすげ)の 真野榛原(まののはりはら) 手折(たを)りて()かむ

       去來汝子等 速向磯輪大和去 萱吊白菅之 手折真野榛原枝 取之歸兮還大和

      高市黑人 0280


0281 黑人妻答歌一首 【承前。】

     白菅乃 真野之榛原 徃左來左 君社見良目 真野乃榛原

     白菅(しらすげ)の 真野榛原(まののはりはら) ()くさ()さ (きみ)こそ()らめ 真野榛原(まののはりはら)

       萱吊白菅之 長田真野之榛原 每逢行來者 汝或常覽已飽哉 真野榛原吾未諳

      高市黑人妻 0281


0282 春日藏首老歌一首

     角障經 石村毛不過 泊瀨山 何時毛將超 夜者深去通都

     蔦這(つのさは)ふ 磐余(いはれ)()ぎず 泊瀨山(はつせやま) 何時(いつ)かも()えむ ()()けにつつ

       蔦蔓攀岩兮 石村磐余亦未過 此路仍行遠 何時能越泊瀨山 茫然之中夜已深

      春日老 0282


0283 高市連黑人歌一首

     墨吉乃 得名津爾立而 見渡者 六兒乃泊從 出流船人

     住吉(すみのえ)の 得名津(えなつ)()ちて 見渡(みわた)せば 武庫泊(むこのとまり)ゆ ()づる船人(ふなびと)

       立於墨江兮 住吉得名津之上 放眼眺望者 見得武庫湊泊間 漕舟出港舸船人

      高市黑人 0283


0284 春日藏首老歌一首

     燒津邊 吾去鹿齒 駿河奈流 阿倍乃市道爾 相之兒等羽裳

     燒津邊(やきづへ)に ()()きしかば 駿河(するが)なる 阿倍市道(あべのいちぢ)に ()ひし子等(こら)はも

       野火燒津邊 每逢吾去行往時 打寄駿河國 阿倍市道途之上 所晤逢遇娘子矣

      春日老 0284


0285 丹比真人笠麻呂徃紀伊國,超勢能山時作歌一首

     栲領巾乃 懸卷欲寸 妹名乎 此勢能山爾 懸者奈何將有【一云,可倍波伊香爾安良牟。】

     栲領巾(たくひれ)の ()けまく()しき 妹名(いものな)を 此勢能山(このせのやま)に ()けば如何(いか)()らむ一云(またにいふ)()へば如何(いか)()らむ。】

       栲楮領巾兮 吾欲放聲疾呼之 親愛妹名矣 於此勢能兄之山 懸以妹名將奈何【一云,易以妹名將奈何。】

      丹比笠麻呂 0285


0286 春日藏首老即和歌一首 【承前。】

     宜奈倍 吾背乃君之 負來爾之 此勢能山乎 妹者不喚

     (よろ)しなへ ()背君(せのきみ)が 負來(おひき)にし 此背山(このせのやま)を (いも)とは()ばじ

       宜哉勢雄偉 負來吾兄夫君名 此兄背山矣 其名洽如得其分 豈當喚之冠妹名

      春日老 0286


0287 幸志賀時,石上卿作歌一首 【名闕。】

     此間為而 家八方何處 白雲乃 棚引山乎 超而來二家里

     此間(ここ)にして (いへ)やも何處(いづち) 白雲(しらくも)の 棚引(たなび)(やま)を ()えて()にけり

       羈旅在此間 故鄉究在何方歟 旅途行已遠 翻越白雲棚引山 涉嶮重重至此地

      石上卿 0287


0288 穗積朝臣老歌一首

     吾命之 真幸有者 亦毛將見 志賀乃大津爾 緣流白波

     ()(いのち)し 真幸(まさき)くあらば (また)()む 志賀大津(しがのおほつ)に ()する白波(しらなみ)

       吾命殘無幾 若有真幸獲壽長 必得復見之 近江志賀大津間 寄岸波濤白浪矣

      穗積老 0288

         右,今案,不審幸行年月。



0289 間人宿禰大浦初月歌二首

     天原 振離見者 白真弓 張而懸有 夜路者將吉

     天原(あまのはら) 振放見(ふりさけみ)れば 白真弓(しらまゆみ) ()りて()けたり 夜道(よみち)()けむ

       久方高天原 翹首遙望眺虛空 月白如真弓 弓張之月懸大虛 照明夜道助行旅

      間人大浦 0289


0290 【承前,其二。】

     椋橋乃 山乎高可 夜隱爾 出來月乃 光乏寸

     倉橋(くらはし)の (やま)(たか)みか 夜隱(よごも)りに 出來(いでく)(つき)の 光乏(ひかりとも)しき

       概為闇椅兮 倉橋山勢高嶮故 夜月為嶺蔽 遲出浮現皎月者 其光乏兮六合暗

      間人大浦 0290


0291 小田事勢能山歌一首

     真木葉乃 之奈布勢能山 之努波受而 吾超去者 木葉知家武

     真木葉(まきのは)の (しな)勢能山(せのやま) (しの)はずて ()越行(こえゆ)けば 木葉知(このはし)りけむ

       真木枝葉茂 木葉所撓勢能山 吾急越彼山 無暇眺翫細偲者 山間木葉蓋知乎

      小田事 0291


0292 角麻呂歌四首

     久方乃 天之探女之 石船乃 泊師高津者 淺爾家留香裳

     久方(ひさかた)の 天探女(あまのさぐめ)が 石船(いはふね)の ()てし高津(たかつ)は ()せにける(かも)

       遙遙久方兮 天之邪鬼天探女 天降臨際乘 天之磐舟昔所泊 高津地者今已淺

      角麻呂 0292


0293 【承前,其二。】

     鹽干乃 三津之海女乃 久具都持 玉藻將苅 率行見

     潮干(しほかれ)の 三津海女(みつのあまめ)の 裹持(くぐつも)ち 玉藻刈(たまもか)るらむ 去來行(いざゆ)きて()

       鹽干退朝時 難波三津海女等 蓋持裹袋而 浮潛滄溟刈玉藻 去來津邊觀此景

      角麻呂 0293


0294 【承前,其三。】

     風乎疾 奧津白波 高有之 海人釣船 濱眷奴

     (かぜ)(いた)み 沖白浪(おきつしらなみ) (たか)からし 海人釣船(あまのつりぶね) (はま)(かへ)りぬ

       疾風激且勁 遠洋沖津駭浪高 白波翻騰湧 海人釣舟眷陸里 漕划寄岸歸濱邊

      角麻呂 0294


0295 【承前,其四。】

     清江乃 野木笶松原 遠神 我王之 幸行處

     住吉(すみのえ)の 野木松原(のぎのまつはら) 遠神(とほつかみ) ()大君(おほきみ)の (いでま)(どころ)

       墨江住吉之 野間豎木松原矣 此乃遠神兮 天之日胤吾大君 昔日幸行宮跡矣

      角麻呂 0295


0296 田口益人大夫任上野國司時,至駿河淨見埼作歌二首

     廬原乃 淨見乃埼乃 見穗之浦乃 寬見乍 物念毛奈信

     廬原(いほはら)の 清見崎(きよみのさき)の 三保浦(みほのうら)の (ゆた)けき()つつ 物思(ものおも)ひも()

       駿河盧原之 清見崎至三保浦 蒼海連青天 觀此滄海清廣裕 吾心亦闊抿憂思

      田口益人 0296


0297 【承前,其二。】

     晝見騰 不飽田兒浦 大王之 命恐 夜見鶴鴨

     晝見(ひるみ)れど ()かぬ田子浦(たごのうら) 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 夜見(よるみ)つる(かも)

       若於晝時見 百看不厭田子浦 然以君命重 惶恐倉促赴上野 只得夜過瞥見哉

      田口益人 0297


0298 弁基歌一首

     亦打山 暮越行而 廬前乃 角太川原爾 獨可毛將宿

     真土山(まつちやま) 夕越行(ゆふこえゆ)きて 廬前(いほさき)の 角太川原(すみだかはら)に 一人(ひとり)かも()

       堺上真土山 夕暮越行入紀州 廬前角太之 隅田紀川河原間 今將孤宿獨寢矣

      弁基 0298

         右,或云:「弁基者,春日藏首老之法師名也。」



0299 大納言大伴卿歌一首 【未詳。】

     奧山之 菅葉凌 零雪乃 消者將惜 雨莫零行年

     奧山(おくやま)の  菅葉凌(すがのはしの)ぎ 降雪(ふるゆき)の ()なば()しけむ 雨莫降(あめなふ)りそね

       深山茂林中 菅葉撓伏為雪凌 沫雪降葉上 雪若消溶甚可惜 還願雨兮莫零矣

      大伴旅人 0299


0300 長屋王駐馬寧樂山作歌二首

     佐保過而 寧樂乃手祭爾 置幣者 妹乎目不離 相見染跡衣

     佐保過(さほす)ぎて 奈良(なら)手向(たむ)けに 置幣(おくぬさ)は (いも)目離(めか)れず 相見(あひみ)しめとそ

       今過佐保宅 行至奈良山峠間 祝祭奉幣者 願與妹妻常相見 片刻不離伴身邊

      長屋王 0300


0301 【承前,其二。】

     磐金之 凝敷山乎 超不勝而 哭者泣友 色爾將出八方

     岩根(いはがね)の (こご)しき(やま)を 越兼(こえか)ねて ()には()くとも (いろ)()でめやも

       磐根叢巖之 荒凝峻險奈良山 滯足甚難越 吾雖放聲泣路嶮 隱忍慕情色不露

      長屋王 0301


0302 中納言安倍廣庭卿歌一首

     兒等之家道 差間遠焉 野干玉乃 夜渡月爾 競敢六鴨

     兒等(こら)家道(いへぢ) 稍間遠(ややまとほ)きを 烏玉(ぬばたま)の 夜渡(よわた)(つき)に 競合(きほひあ)へむ(かも)

       往妻家路途 其程稍遠仍曠時 然較烏玉之 黑夜之上渡月者 或得相競早達哉

      安倍廣庭 0302


0303 柿本朝臣人麻呂下筑紫國時,海路作歌二首

     名細寸 稻見乃海之 奧津浪 千重爾隱奴 山跡嶋根者

     名美(なぐは)しき 印南海(いなみのうみ)の 沖波(おきつなみ) 千重(ちへ)(かく)りぬ 大和島根(やまとしまね)

       其名秀且麗 稻見印南野之海 沖波奧津浪 身隱千重穗浪後 大和群山蜻蛉島

      柿本人麻呂 0303


0304 【承前,其二。】

     大王之 遠乃朝庭跡 蟻通 嶋門乎見者 神代之所念

     大君(おほきみ)の 遠朝廷(とほのみかど)と 蟻通(ありがよ)ふ 島門(しまと)()れば 神代(かみよ)(おも)ほゆ

       吾皇御天下 千里之外遠朝廷 絡繹通不絕 每見海峽島門者 幽思慕古念神代

      柿本人麻呂 0304


0305 高市連黑人近江舊都歌一首

     如是故爾 不見跡云物乎 樂浪乃 舊都乎 令見乍本名

     如是故(かくゆゑ)に ()じと()(もの)を 樂浪(ささなみ)の 舊都(ふるきみやこ)を ()せつつ本無(もとな)

       便是如斯故 吾言不欲見舊跡 樂浪近江京 舊都懷古更傷情 何以輒令吾見之

      高市黑人 0305

         右歌,或本曰:「少辨作也。」未審此少辨者也。



0306 幸伊勢國之時,安貴王作歌一首

     伊勢海之 奧津白浪 花爾欲得 裹而妹之 家裹為

     伊勢海(いせのうみ)の 沖白波(おきつしらなみ) (はな)にもが (つつ)みて(いも)が 家裹(いへづ)とにせむ

       神風伊勢海 沖津白浪美眩目 浪花若實華 吾欲裹之歸故里 饋贈吾妻為土毛

      安貴王 0306


0307 博通法師徃紀伊國,見三穗石室作歌三首

     皮為酢寸 久米能若子我 伊座家留【一云,家牟。】 三穗乃石室者 雖見不飽鴨【一云,安禮爾家留可毛。】

     膚薄(はだすすき) 久米若子(くめのわくご)が (いまし)ける一云(またにいふ)、けむ。】 三穗岩屋(みほのいはや)は ()れど()かぬ(かも)一云(またにいふ)()れにける(かも)。】

       膚薄肌芒兮 久米來目若子矣 傳彼所寄居【一云,曾居。】 日御埼三穗岩屋 縱百見度不厭哉【一云,時值今日已荒頹。】

      博通法師 0307


0308 【承前,其二。】

     常磐成 石室者今毛 安里家禮騰 住家類人曾 常無里家留

     常磐如(ときはな)す 岩屋(いはや)(いま)も (あり)けれど ()みける(ひと)そ 常無(つねな)かりける

       常磐久不易 岩屋石室今仍在 然世諸無常 昔日居彼岩屋人 早已遷化不復見

      博通法師 0308


0309 【承前,其三。】

    石室戶爾 立在松樹 汝乎見者 昔人乎 相見如之

     岩屋戶(いはやど)に ()てる松木(まつのき) ()()れば 昔人(むかしのひと)を 相見(あひみ)(ごと)

       岩屋戶之外 長青佇立松木矣 今日見汝者 猶與昔日往時人 相逢見兮發幽偲

      博通法師 0309


0310 門部王詠東市之樹作歌一首 【後賜姓大原真人氏也。】

    東 市之殖木乃 木足左右 不相久美 宇倍戀爾家利

     (ひむがし)の (いち)植木(うゑき)の 木垂(こだ)(まで) ()はず(ひさ)しみ 宜戀(うべこ)ひにけり

       平城寧樂京 東市植樹茂木垂 不相見已久 時越小株枝茂垂 戀慕不已自宜哉

      門部王 0310


0311 按作村主益人從豐前國上京時作歌一首

    梓弓 引豐國之 鏡山 不見久有者 戀敷牟鴨

     梓弓(あづさゆみ) ()豐國(とよくに)の 鏡山(かがみやま) ()(ひさ)ならば (こひ)しけむ(かも)

       梓弓矢張絃 引絃音響豐國之 鏡山久不見 未窺容顏日以長 自當戀慕如是哉

      按作益人 0311


0312 式部卿藤原宇合卿被使改造難波堵之時作歌一首

    昔者社 難波居中跡 所言奚米 今者京引 都備仁雞里

     (むかし)こそ 難波田舍(なにはゐなか)と ()はれけめ (いま)都引(みやこひ)き (みやこ)びにけり

       昔日往時者 人雖云難波田舍 言其鄙夷矣 今日都引仿京畿 儼然成都盛榮華

      藤原宇合 0312


0313 土理宣令歌一首

    見吉野之 瀧乃白浪 雖不知 語之告者 古所念

     御吉野(みよしの)の 瀧白波(たきのしらなみ) ()らねども (かた)りし()げば 古思(いにしへおも)ほゆ

       芳野御吉野 宮瀧白波美景者 雖不親知之 然聞古老繼語傳 念古幽情油然生

      土理宣令 0313


0314 波多朝臣小足歌一首

    小浪 礒越道有 能登湍河 音之清左 多藝通瀨每爾

     細波(さざれなみ) 礒越道(いそこしぢ)なる 能登瀨川(のとせがは) 音清(おとのさや)けさ 激瀨每(たぎつせごと)

       細波碎浪矣 樂浪越礒越國道 能登瀨川之 瀨音作響聲清清 每逢激瀨鳴琤琤

      波多小足 0314


0315 暮春之月,幸芳野離宮時,中納言大伴卿奉敕作歌一首 【并短歌。未逕奏上歌。】

     見吉野之 芳野乃宮者 山可良志 貴有師 水可良思 清有師 天地與 長久 萬代爾 不改將有 行幸之宮

     御吉野(みよしの)の 吉野宮(よしののみや)は 山柄(やまから)し (たふと)くあらし 川柄(かはから)し (さや)けくあらし 天地(あめつち)と 長久(ながくひさ)しく 萬代(よろづよ)に (かは)らずあらむ 行幸宮(いでましのみや)

       良野御吉野 芳野離宮吉野宮 山柄山勢者 其性尊也高貴矣 川柄河勢者 其性清也淨潔矣 離宮與天地 六合與共恒長久 縱使經萬代 屹立不搖榮不變 芳野離宮行幸宮

      大伴旅人 0315


0316 反歌 【承前。】

     昔見之 象乃小河乎 今見者 彌清 成爾來鴨

     昔見(むかしみ)し 象小川(きさのをがは)を 今見(いまみ)れば (いよ)(さや)けく ()りにける(かも)

       昔日稚年時 所見宮瀧象小川 今日復觀之 其川彌清更潔淨 越發脫俗勝以往

      大伴旅人 0316


0317 山部宿禰赤人望不盡山歌一首 【并短歌。】

     天地之 分時從 神左備手 高貴寸 駿河有 布士能高嶺乎 天原 振放見者 度日之 陰毛隱比 照月乃 光毛不見 白雲母 伊去波伐加利 時自久曾 雪者落家留 語告 言繼將徃 不盡能高嶺者

     天地(あめつち)の (わか)れし(とき)ゆ (かむ)さびて 高貴(たかくたふと)き 駿河(するが)なる 富士高嶺(ふじのたかね)を 天原(あまのはら) 振放見(ふりさけみ)れば 渡日(わたるひ)の (かげ)(かく)らひ 照月(てるつき)の (ひかり)()えず 白雲(しらくも)も い行憚(ゆきはば)かり (とき)じくそ (ゆき)()りける 語繼(かたりつ)ぎ 言繼行(いひつぎゆ)かむ 富士高嶺(ふじのたかね)

       自陰陽渾沌 天地開闢遠古時 神氣聖性發 尊容高貴振稜威 打寄駿河之 神山富士高嶺矣 久方高天原 翹首遙望眺虛空 渡空明日者 形蔽山後姿影隱 太陰照月者 其光匿兮不得視 棚引白雲者 滯留不動憚於行 非時季恆常 萬年零雪無稍歇 口耳相繼傳 存而不忘互語告 不盡富士高嶺矣

      山部赤人 0317


0318 反歌 【承前。】

     田兒之浦從 打出而見者 真白衣 不盡能高嶺爾 雪波零家留

     田子浦(たごのうら)ゆ 打出(うちい)でて()れば 真白(ましろ)にそ 富士高嶺(ふじのたかね)に (ゆき)()りける

       越過田子浦 群山排開浮現者 所見真純白 不盡富士高嶺上 零雪不止降紛紛

      山部赤人 0318


0319 詠不盡山歌一首 【并短歌。】

     奈麻余美乃 甲斐乃國 打緣流 駿河能國與 己知其智乃 國之三中從 出立有 不盡能高嶺者 天雲毛 伊去波伐加利 飛鳥母 翔毛不上 燎火乎 雪以滅 落雪乎 火用消通都 言不得 名不知 靈母 座神香聞 石花海跡 名付而有毛 彼山之 堤有海曾 不盡河跡 人乃渡毛 其山之 水乃當焉 日本之 山跡國乃 鎮十方 座祇可聞 寳十方 成有山可聞 駿河有 不盡能高峰者 雖見不飽香聞

     生黃泉(なまよみ)の 甲斐國(かひのくに) 打寄(うちよ)する 駿河國(するがのくに)と 此方此方(こちごち)の (くに)のみ(なか)ゆ 出立(いでた)てる 富士高嶺(ふじのたかね)は 天雲(あまくも)も い行憚(ゆきはばか)り 飛鳥(とぶとり)も ()びも(のぼ)らず ()ゆる()を 雪以(ゆきも)()ち 降雪(ふるゆき)を 火以(ひも)()ちつつ ()ひも()ず 名付(なづ)けも()らず (くす)しくも 座神哉(いますかみかも) 石花海(せのうみ)と 名付(なづ)けてあるも 其山(そのやま)の (つつ)める(うみ)そ 富士川(ふじかは)と (ひと)(わた)るも 其山(そのやま)の (みづ)(たぎ)ちそ 日本(ひのもと)の 大和國(やまとのくに)の (しづ)めとも 座神哉(いますかみかも) (たから)とも ()れる山哉(やまかも) 駿河(するが)なる 富士高嶺(ふじのたかね)は ()れど()かぬ(かも)

       憂顯生黃泉 山峽圍繞甲斐國 打寄緣來兮 波滔擊岸駿河國 彼方此方之 兩國之間境界上 屹然高聳立 不盡富士高嶺矣 棚引天雲者 滯留不動憚於行 雄翼飛鳥者 展翅高飛無以登 熾熱燎火者 天降零雪以滅之 積置落雪者 永燃燎火以消之 欲言難訴盡 雖欲名狀無以稱 靈妙神奇兮 鎮座此地神山矣 所謂石花海 如此稱名浩湖者 是以彼山之 堰塞堤湖故為名 不盡富士川 人所相渡此和者 是以彼山之 湧水激流故為名 扶桑日之本 磯輪秀真大和國 蓋為鎮此國 故座於此神祇矣 蓋是為國寶 屹立天地成山哉 不盡富士高嶺者 相看百度亦不厭

      高橋蟲麻呂 0319


0320 反歌 【承前,反歌其一。】

     不盡嶺爾 零置雪者 六月 十五日消者 其夜布里家利

     富士嶺(ふじのね)に 降置(ふりお)(ゆき)は 六月(みなづき)の 十五日(もち)()ぬれば 其夜降(そのよふ)りけり

       不盡富士嶺 峰上降置白雪者 若以水無之 六月十五日消溶 其夜再零覆太白

      高橋蟲麻呂 0320


0321 【承前,返歌其二。】

    布士能嶺乎 高見恐見 天雲毛 伊去羽斤 田菜引物緒

     富士嶺(ふじのね)を (たか)(かしこ)み 天雲(あまくも)も い行憚(ゆきはばか)り 棚引(たなび)(もの)

       不盡富士嶺 畏彼山高恐其勢 久方天雲者 滯留不動憚於行 棚引頂間敬神山

      高橋蟲麻呂 0321

         右一首,高橋連蟲麻呂之歌中出焉。以類載此。



0322 山部宿禰赤人至伊豫溫泉作歌一首 【并短歌。】

     皇神祖之 神乃御言乃 敷座 國之盡 湯者霜 左波爾雖在 嶋山之 宜國跡 極此疑 伊豫能高嶺乃 射狹庭乃 崗爾立而 歌思 辭思為師 三湯之上乃 樹村乎見者 臣木毛 生繼爾家里 鳴鳥之 音毛不更 遐代爾 神左備將徃 行幸處

     天皇(すめろき)の 神命(かみのみこと)の 敷座(しきいま)す 國悉(くにのことごと) ()はしも (さは)()れども 島山(しまやま)の (よろ)しき(くに)と (こご)しかも 伊豫高嶺(いよのたかね)の 射狹庭(いざには)の (をか)()たして 歌思(うたおも)ひ 辭思(ことおも)ほしし 御湯上(みゆのうへ)の 木群(こむら)()れば 臣木(おみのき)も 生繼(おひつ)ぎにけり 鳴鳥(なくとり)の (こゑ)(かは)らず 遠代(とほきよ)に (かむ)さび()かむ 幸處(いでましどころ)

       皇神皇祖之 歷代天皇神命矣 彼所御宇之 六合天下諸國國 溫湯名泉多 名泉勝景數雖多 其中鶴立者 島宜山宜秀麗國 荒巖凝嶮哉 伊豫石鎚高嶺之 射狹庭岡上 吾立此岡耽古思 聖慮作詠歌 推敲言辭琢語彙 御湯溫泉畔 屹立木群今見者 百年臣木矣 世代生繼翻新茂 啼嚶鳴鳥之 其聲自古未有易 直至遠代後 更將神妙更聖哉 昔日吾君行幸處

      山部赤人 0322


0323 反歌 【承前。】

     百式紀乃 大宮人之 飽田津爾 船乘將為 年之不知久

     百敷(ももしき)の 大宮人(おほみやひと)の 熟田津(にきたつ)に 船乘(ふなの)りしけむ (とし)()()

       百敷大宮人 昔日發自熟田津 乘船興遊樂 人云舊事盛如此 歷時已久莫知年

      山部赤人 0323


0324 登神岳,山部宿禰赤人作歌一首 【并短歌。】

     三諸乃 神名備山爾 五百枝刺 繁生有 都賀乃樹乃 彌繼嗣爾 玉葛 絕事無 在管裳 不止將通 明日香能 舊京師者 山高三 河登保志呂之 春日者 山四見容之 秋夜者 河四清之 旦雲二 多頭羽亂 夕霧丹 河津者驟 每見 哭耳所泣 古思者

     三諸(みもろ)の 神奈備山(かむなびやま)に 五百枝刺(いほえさ)し (しじ)()ひたる 栂木(つがのき)の 彌繼繼(いやつぎつぎ)に 玉葛(たまかづら) ()ゆる事無(ことな)く ()りつつも ()まず(かよ)はむ 明日香(あすか)の 古都(ふるきみやこ)は 山高(やまだか)み 川大(かはとほしろ)し 春日(はるのひ)は (やま)()()し 秋夜(あきのよ)は (かは)(さや)けし 朝雲(あさくも)に (たづ)(みだ)れ 夕霧(ゆふぎり)に (かはづ)(さわ)く ()(ごと)に ()のみし()かゆ 古思(いにしへおも)へば

       御室三諸之 神座神奈備山間 五百枝展刺 蘩生茂密無間隙 栂木名所如 彌繼而繼更相連 玉葛珠蔓兮 其蔓長生無絕斷 如是久不易 欲恆通兮無止期 飛鳥明日香 淨御原京古都矣 山高氣宏宇 川大雄厚廣浩瀚 欣榮春日間 群山巍峨欲仰見 蕭爽秋夜間 川音清澈響潺潺 晨曦朝雲間 鶴群亂飛遍大虛 黃昏夕霧間 河鹿川蛙發騷鳴 每每見此景 不勝欷歔泣有聲 慕古幽情若泉湧

      山部赤人 0324


0325 反歌 【承前。】

     明日香河 川余藤不去 立霧乃 念應過 孤悲爾不有國

     明日香河(あすかがは) 川淀去(かはよどさ)らず 立霧(たつきり)の 思過(おもひす)ぐべき (こひ)()()くに

       其猶明日香 飛鳥川淀不去離 立霧之所如 吾戀貞堅如常磐 豈輒念過易消散

      山部赤人 0325


0326 門部王在難波,見漁父燭光作歌一首 【後賜姓大原真人氏也。】

     見渡者 明石之浦爾 燒火乃 保爾曾出流 妹爾戀久

     見渡(みわた)せば 明石浦(あかしのうら)に 燭火(ともすひ)の ()にそ()でぬる (いも)()ふらく

       放眼見渡者 明石之浦江渚上 漁火明歷歷 吾慕妹情既流露 一猶燈火觸人目

      門部王 0326


0327 或娘子等贈裹乾鰒,戲請通觀僧之咒願時,通觀作歌一首

     海若之 奥爾持行而 雖放 宇禮牟曾此之 將死還生

     海神(わたつみ)の (おき)持行(もちゆ)きて (はな)つとも うれむそ(これ)の (よみがへ)りなむ

       雖欲出海原 持彼乾鰒至沖津 放生使活兮 然當如何令此鰒 得以反魂復甦生

      通觀 0327


0328 大宰少貳小野老朝臣歌一首

     青丹吉 寧樂乃京師者 咲花乃 薰如 今盛有

     青丹吉(あをによ)し 奈良都(ならのみやこ)は 咲花(さくはな)の (にほ)ふが(ごと)く 今盛也(いまさかりなり)

       青丹良且秀 奈良寧樂京師者 其由咲花綻 爛漫發薰之所如 如日當中今盛也

      小野老 0328


0329 防人司佑大伴四綱歌二首 【其一。】

     安見知之 吾王乃 敷座在 國中者 京師所念

     八隅治(やすみし)し ()大君(おほきみ)の 敷座(しきませ)る 國中(くにのうち)には (みやこ)(おも)ほゆ

       八隅治天下 經綸恢弘我大君 御宇六合間 所馭國中孰為最 以此京師尤所念

      大伴四綱 0329


0330 【承前,其二。】

     藤浪之 花者盛爾 成來 平城京乎 御念八君

     藤波(ふぢなみ)の (はな)(さか)りに ()りにけり 奈良京(ならのみやこ)を (おも)ほすや(きみ)

       藤花盛滿開 綻放一片作紫浪 遙想此勝景 愈發慕念平城京 君亦豈非思之耶

      大伴四綱 0330


0331 帥大伴卿歌五首 【其一。】

     吾盛 復將變八方 殆 寧樂京乎 不見歟將成

     ()(さか)り 又復(またを)ちめやも (ほとほと)に 奈良京(ならのみやこ)を ()ずか()りなむ

       吳年華已老 豈得再復昔盛時 殆乎終此生 不得復見奈良京 無緣再返寧樂地

      大伴旅人 0331


0332 【承前,其二。】

     吾命毛 常有奴可 昔見之 象小河乎 行見為

     ()(いのち)も (つね)()らぬか 昔見(むかしみ)し 象小川(きさのをがは)を ()きて()(ため)

       人生恨苦短 冀吾命者可恆常 昔日稚年時 所見宮瀧象小川 還欲再往復見哉

      大伴旅人 0332


0333 【承前,其三。】

     淺茅原 曲曲二 物念者 故鄉之 所念可聞

     淺茅原(あさぢはら) 曲曲(つばらつばら)に 物思(ものおも)へば ()りにし(さと)し (おも)ほゆる(かも)

       萱生淺茅原 詳細委曲陷物思 念舊懷古矣 飛鳥舊京明日香 愈發所念耽傷懷

      大伴旅人 0333


0334 【承前,其四。】

     萱草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 忘之為

     忘憂草(わすれくさ) ()(ひも)()く 香具山(かぐやま)の ()りにし(さと)を (わす)れむが(ため)

       萱草忘憂草 吾取彼草繫下紐 香具山故里 往事歷歷猶在目 吾欲忘之解憂愁

      大伴旅人 0334


0335 【承前,其五。】

     吾行者 久者不有 夢乃和太 湍者不成而 淵有乞

     ()()きは (ひさ)には()らじ 夢曲(いめのわだ) ()には()らずて (ふち)にありこそ

       吾將赴筑紫 時限將至日不久 宮瀧夢川曲 冀其莫化作急瀨 來日仍為夢之淵

      大伴旅人 0335


0336 沙彌滿誓詠綿歌一首 【造筑紫觀音寺別當,俗姓笠朝臣麻呂也。】

     白縫 筑紫乃綿者 身著而 未者伎禰杼 暖所見

     ()らぬ() 筑紫綿(つくしのわた)は ()()けて (いま)だは()ねど (あたた)けく()

       化外不領靈 西海筑紫和妙綿 欲肌身以著 今雖尚未著此綿 一見心暖令人安

      沙彌滿誓 0336


0337 山上憶良臣罷宴歌一首

     憶良等者 今者將罷 子將哭 其彼母毛 吾乎將待曾

     憶良等(おくらら)は (いま)(まか)らむ 子泣(こな)くらむ 厥彼母(それそのはは)も ()()つらむそ

       不肖憶良臣 今將請暇罷遊宴 幼子今啼泣 其與彼母在家中 引領悉待望吾歸

      山上憶良 0337


0338 大宰帥大伴卿讚酒歌十三首 【其一。】

     驗無 物乎不念者 一坏乃 濁酒乎 可飲有良師

     驗無(しるしな)き (もの)(おも)はずは 一杯(ひとつき)の (にご)れる(さけ)を ()むべくあるらし

       徒思更無益 其既無驗何費神 與其徒傷神 不若濁酒斟一杯 一飲而盡解憂愁

      大伴旅人 0338


0339 【承前,其二。】

     酒名乎 聖跡負師 古昔 大聖之 言乃宜左

     酒名(さけのな)を (ひじり)(おほ)せし (いにしへ)の 大聖(おほきひじり)の (こと)(よろ)しさ

       清聖濁賢矣 昔以聖賢負酒名 往昔唐土之 大聖所言甚合宜 皆因聖賢以成仙

      大伴旅人 0339


0340 【承前,其三。】

     古之 七賢 人等毛 欲為物者 酒西有良師

     (いにしへ)の 七賢(ななのさか)しき 人達(ひとたち)も ()りせし(もの)は (さけ)にしあるらし

       曩古魏晉時 唐土竹林有七賢 談琴暢清談 材高隱士何所欲 唯有芳醇杜康矣

      大伴旅人 0340


0341 【承前,其四。】

     賢跡 物言從者 酒飲而 醉哭為師 益有良之

     (さか)しみと 物言(ものい)ふよりは 酒飲(さけの)みて 醉泣(ゑひな)きするし (まさ)りたるらし

       較於弄言辭 虛賢物言誑語者 不若飲杜康 酩酊醉泣露真性 其誠自當勝偽賢

      大伴旅人 0341


0342 【承前,其五。】

     將言為便 將為便不知 極 貴物者 酒西有良之

     ()はむ(すべ) 為術知(せむすべし)らず (きはま)りて 貴物(たふときもの)は (さけ)にしあるらし

       不知何所言 不識何所為術者 不假言與行 極貴之物當何事 唯有酩醴杜康矣

      大伴旅人 0342


0343 【承前,其六。】

     中中爾 人跡不有者 酒壺二 成而師鴨 酒二染甞

     中中(なかなか)に (ひと)とあらずは 酒壺(さかつほ)に ()りにてしかも (さけ)()みなむ

       中中不上下 中身當心則為病 與其為半人 不若殞身化酒壺 身中沁酒常相染

      大伴旅人 0343


0344 【承前,其七。】

     痛醜 賢良乎為跡 酒不飲 人乎熟見者 猿二鴨似

     あな(みにく) (さか)しらをすと 酒飲(さけの)まぬ (ひと)()()ば (さる)にかも()

       嗚呼痛醜矣 此人誑言不飲酒 欲作賢明狀 吾今熟視彼姿儀 容貌正洽似猿猴

      大伴旅人 0344


0345 【承前,其八。】

     價無 寶跡言十方 一坏乃 濁酒爾 豈益目八方

     價無(あたひな)き (たから)()ふとも 一杯(ひとつき)の (にご)れる(さけ)に 豈優(あにまさ)めやも

       雖云高且貴 夜光無價寶珠者 然度其真價 世俗雖貴於吾者 豈勝濁酒醴一杯

      大伴旅人 0345


0346 【承前,其九。】

     夜光 玉跡言十方 酒飲而 情乎遣爾 豈若目八方

     夜光(よるひか)る (たま)()ふとも 酒飲(さけの)みて (こころ)()るに 豈及(あにし)かめやも

       雖云珍且奇 無價夜光寶玉矣 若論解憂者 豈及杜康酩醴之 一飲慰心消百愁

      大伴旅人 0346


0347 【承前,其十。】

     世間之 遊道爾 洽者 醉泣為爾 可有良師

     世中(よのなか)の 遊道(あそびのみち)に (かな)へるは 醉泣(ゑひな)きするに あるべくあるらし

       空蟬此世間 洽合浮生遊道者 莫過飲酒酣 醉泣杜康解憂情 依託賢聖以登仙 

      大伴旅人 0347


0348 【承前,十一。】

     今代爾之 樂有者 來生者 蟲爾鳥爾毛 吾羽成奈武

     此世(このよ)にし (たの)しく()らば 來世(こむよ)には (むし)(とり)にも (われ)()りなむ

       若於憂世間 遊宴酣樂此代者 今生無所憾 來世化蟲或化鳥 輪迴眾生我可成

      大伴旅人 0348


0349 【承前,十二。】

     生者 遂毛死 物爾有者 今生在間者 樂乎有名

     生者(いけるもの) (つひ)にも()ぬる (もの)にあれば 此世(このよ)にある()は (たの)しくをあらな

       有生吐息者 難逃一死遂將終 既然理如是 石火光中此生間 何不酣樂寄愉情

      大伴旅人 0349


0350 【承前,十三。】

     默然居而 賢良為者 飲酒而 醉泣為爾 尚不如來

     默居(もだを)りて (さか)しらするは 酒飲(さけの)みて 醉泣(ゑひな)きするに 尚及(なほし)かずけり

       默居不發語 道貌岸然虛賢者 尚不及飲酣 酩酊醉泣露真性 其誠自當勝偽賢

      大伴旅人 0350


0351 沙彌滿誓歌一首

     世間乎 何物爾將譬 旦開 榜去師船之 跡無如

     世間(よのなか)を (なに)(たと)へむ 朝開(あさびら)き 漕去(こぎい)にし(ふね)の 跡無(あとな)(ごと)

       空蟬此世間 何物喻之恰合哉 其猶朝晨時 離岸漕去小舟者 船過無影水無痕

      沙彌滿誓 0351


0352 若湯座王歌一首

     葦邊波 鶴之哭鳴而 湖風 寒吹良武 津乎能埼羽毛

     葦邊(あしへ)には 鶴音鳴(たづがねな)きて 港風(みなとかぜ) (さむ)()くらむ 津乎崎(つをのさき)はも

       水畔蘆葦邊 鶴唳啼泣發音鳴 水戶湊之風 凜冽吹兮沁骨寒 津乎之崎今何如

      若湯座王 0352


0353 釋通觀歌一首

     見吉野之 高城乃山爾 白雲者 行憚而 棚引所見

     御吉野(みよしの)の 高城山(たかきのやま)に 白雲(しらくも)は 行憚(ゆきはばか)りて 棚引(たなび)けり()

       芳野御吉野 高城之山峰頂上 白雲敬山勢 行憚不前掛山巔 棚引之狀今可觀

      釋通觀 0353


0354 日置少老歌一首

     繩乃浦爾 鹽燒火氣 夕去者 行過不得而 山爾棚引

     繩浦(なはのうら)に 鹽燒(しほや)(ほのけ) 夕去(ゆふさ)れば 行過兼(ゆきすぎか)ねて (やま)棚引(たなび)

       播磨繩浦間 鹽燒火氣薰煙者 當於夕暮時 行過不得滯巔頂 棚引山頭滯不前

      日置少老 0354


0355 生石村主真人歌一首

     大汝 小彥名乃 將座 志都乃石室者 幾代將經

     大汝(おほなむち) 少彥名(すくなびこな)の (いま)しけむ 志都岩屋(しつのいはや)は 幾代經(いくよへ)ぬらむ

       大汝大國主 少彥名命日子根 開拓雙神之 所座志都岩屋者 既經幾代過幾世

      生石真人 0355


0356 上古麻呂歌一首

     今日可聞 明日香河乃 夕不離 川津鳴瀨之 清有良武【或本歌,發句云,明日香川,今毛可毛等奈。】

     今日(けふ)もかも 明日香川(あすかのかは)の 夕去(ゆふさ)らず 蛙鳴(かはづな)()の (さや)けくあるらむ或本歌(あるふみのうた)發句(ほつく)(いは)く、明日香川(あすかがは)(いま)もか本無(もとな)。】

       今日復今日 飛鳥明日香之川 每逢夕暮至 川蛙夜鳴河瀨者 清清如此誠澈爽【或本歌,發句云,明日香之川,今亦空虛徒無由。】

      上古麻呂 0356


0357 山部宿禰赤人歌六首 【其一。】

     繩浦從 背向爾所見 奧嶋 榜迴舟者 釣為良下

     繩浦(なはのうら)ゆ 背向(そがひ)()ゆる 沖島(おきつしま) 漕迴(こぎみ)(ふね)は ()りしすらしも

       自播磨繩浦 背向以眺彼方者 海奧沖津島 榜迴小舟巡島周 迂迴暗礁海釣哉

      山部赤人 0357


0358 【承前,其二。】

     武庫浦乎 榜轉小舟 粟嶋矣 背爾見乍 乏小舟

     武庫浦(むこのうら)を 漕迴(こぎみ)小船(をぶね) 粟島(あはしま)を 背向(そがひ)()つつ (とも)しき小船(をぶね)

       武庫浦之間 漕迴榜轉小扁舟 背向見粟島 居舟眺島划漕迴 一葉小船令人羨

      山部赤人 0358


0359 【承前,其三。】

     阿倍乃嶋 宇乃住石爾 依浪 間無比來 日本師所念

     阿倍島(あへのしま) ()棲磯(すむいそ)に ()する(なみ) 間無(まな)此頃(このころ) 大和(やまと)(おも)ほゆ

       其猶阿倍島 鵜鳥棲磯浪寄岸 浪來無間斷 比來見其浪不斷 更發慕情念大和

      山部赤人 0360


0360 【承前,其四。】

     鹽干去者 玉藻苅藏 家妹之 濱裹乞者 何矣示

     潮干(しほひ)なば 玉藻刈藏(たまもかりつ)め 家妹(いへのいも)が 濱裹乞(はまづとこ)はば (なに)(しめ)さむ

       如逢退潮者 當刈玉藻以蓄焉 家中吾妹妻 若索濱邊裹禮者 當出何物以示之

      山部赤人 0360


0361 【承前,其五。】

     秋風乃 寒朝開乎 佐農能岡 將超公爾 衣借益矣

     秋風(あきかぜ)の (さむ)朝明(あさけ)を 佐農岡(さぬのをか) ()ゆらむ(きみ)に 衣貸(きぬか)(まし)

       秋風拂蕭瑟 寒風凜冽朝明中 君越佐農岡 早知君往薄明時 當貸衣裳禦凍寒

      山部赤人 0361


0362 【承前,其六。】

     美沙居 石轉爾生 名乘藻乃 名者告志弖余 親者知友

     鶚居(みさごゐ)る 磯迴(いそみ)()ふる 勿告藻(なのりそ)の ()()らしてよ (おや)()るとも

       水鳥鶚所居 磯迴所生勿告藻 汝雖名勿告 冀聽汝訴聞汝名 縱為親者知之矣

      山部赤人 0362


0363 或本歌曰 【承前,或本歌。】

     美沙居 荒礒爾生 名乘藻乃 吉名者告世 父母者知友

     鶚居(みさごゐ)る 荒磯(ありそ)()ふる 勿告藻(なのりそ)の ()()()らせ (おや)()るとも

       水鳥鶚所居 荒磯所生勿告藻 汝雖名勿告 還願聽聞汝芳名 縱為父母知之矣

      山部赤人 0363


0364 笠朝臣金村鹽津山作歌二首

     大夫之 弓上振起 射都流矢乎 後將見人者 語繼金

     大夫(ますらを)の 弓末振起(ゆずゑふりおこ)し ()つる()を 後見(のちみ)(ひと)は 語繼(かたりつ)ぐがね

       壯士益荒男 振起弓末立弓梢 今所射之矢 還冀望觀後見人 語繼流傳承千古

      笠金村 0364


0365 【承前,其二。】

     鹽津山 打越去者 我乘有 馬曾爪突 家戀良霜

     鹽津山(しほつやま) 打越行(うちこえゆ)けば ()()れる (うま)(つまづ)く 家戀(いへこ)ふらしも

       深坂鹽津山 今欲越兮超行者 吾人之所乘 驪馬忽躓不能前 概是家鄉伊人慕

      笠金村 0365


0366 角鹿津乘船時,笠朝臣金村作歌一首 【并短歌。】

     越海之 角鹿乃濱從 大舟爾 真梶貫下 勇魚取 海路爾出而 阿倍寸管 我榜行者 大夫乃 手結我浦爾 海未通女 鹽燒炎 草枕 客之有者 獨為而 見知師無美 綿津海乃 手二卷四而有 珠手次 懸而之努櫃 日本嶋根乎

     越海(こしのうみ)の 角鹿濱(つのがのはま)ゆ 大船(おほぶね)に 真楫貫下(まかぢぬきお)ろし 鯨魚取(いさなと)り 海路(うみぢ)()でて (あへ)きつつ ()漕行(こぎゆ)けば 大夫(ますらを)の 手結浦(たゆひがうら)に 海人娘子(あまをとめ) 鹽燒(しほや)(けぶり) 草枕(くさまくら) (たび)にしあれば 一人(ひとり)して ()驗無(しるしな)み 海神(わたつみ)の ()()かしたる 玉襷(たまだすき) ()けて(しの)ひつ 大和島根(やまとしまね)

       高志越前海 角鹿敦賀濱之間 大船自此出 真楫貫下航出港 鯨魚獵取兮 出向海路蹈滄溟 汗流氣且喘 吾等漕行渡海者 壯士益荒男 手結浦間可見得 海人娘子等 燒鹽之煙昇冉冉 他鄉草枕兮 吾人羈旅在異地 隻身形影單 見此景兮心無驗 海神綿津見 煙卷彼手猶手纏 玉襷玉手纏 懸偲掛念憶家鄉 大和島根吾族矣

      笠金村 0366


0367 反歌 【承前。】

     越海乃 手結之浦矣 客為而 見者乏見 日本思櫃

     越海(こしのうみ)の 手結浦(たゆひがうら)を (たび)にして ()れば(とも)しみ 大和偲(やまとしの)ひつ

       高志越前海 羈旅行至手結浦 為客在他鄉 見彼情景更傷懷 寂寥思鄉憶大和

      笠金村 0367


0368 石上大夫歌一首

     大船二 真梶繁貫 大王之 御命恐 礒迴為鴨

     大船(おほぶね)に 真楫繁貫(まかぢしじぬ)き 大君(おほきみ)の 命畏(みことかしこ)み 磯迴(いそみ)するかも

       大船浮滄溟 真楫繁貫航海路 吾畏君命重 惶恐倉促赴越前 迴繞荒磯漕前行

      石上乙麻呂 0368

         右,今案,石上朝臣乙麻呂任越前國守。蓋此大夫歟。



0369 和歌一首 【承前。】

     物部乃 臣之壯士者 大王之 任乃隨意 聞跡云物曾

     物部(もののふ)の 臣壯士(おみのをとこ)は 大君(おほきみ)の ()けの(まにま)に ()くと()(もの)

       石上物部臣 勳功壯士股肱職 八十聯綿胤 仰天皇命任隨情 永傳不貳美者矣

      笠金村 0369

         右,作者未審。但笠朝臣金村之歌中出也。



0370 阿倍廣庭卿歌一首

     雨不零 殿雲流夜之 潤濕跡 戀乍居寸 君待香光

     雨降(あめふ)らず 殿曇(とのぐも)()の 濡漬(ぬれひ)てど ()ひつつ()りき 君待難(きみまちがて)

       天雨雖不零 殿雲蔽空曇夜間 無月世常闇 吾以淚涕漬裳濕 慕君苦待守空閨

      阿倍廣庭 0370


0371 出雲守門部王思京歌一首 【後賜大原真人氏也。】

     飫海乃 河原之乳鳥 汝鳴者 吾佐保河乃 所念國

     意宇海(おうのうみ)の 河原千鳥(かはらのちどり) ()()けば ()佐保川(さほかは)の (おも)ほゆらくに

       意宇飫海之 河原千鳥齊泣鳴 吾聞千鳥鳴 不覺鄉愁憂情起 念佐保河憶故鄉

      門部王 0371


0372 山部宿禰赤人登春日野作歌一首 【并短歌。】

     春日乎 春日山乃 高座之 御笠乃山爾 朝不離 雲居多奈引 容鳥能 間無數鳴 雲居奈須 心射左欲比 其鳥乃 片戀耳二 晝者毛 日之盡 夜者毛 夜之盡 立而居而 念曾吾為流 不相兒故荷

     春日(はるひ)を 春日山(かすがのやま)の 高座(たかくら)の 三笠山(みかさのやま)に 朝去(あささ)らず 雲居棚引(くもゐたなび)き 貌鳥(かほとり)の 間無(まな)屢鳴(しばな)く 雲居如(くもゐな)す 心猶豫(こころいさよ)ひ 其鳥(そのとり)の 片戀(かたこひ)のみに (ひる)はも ()(ことごと) (よる)はも ()(ことごと) ()ちて()て (おも)ひそ()がする ()はぬ兒故(こゆゑ)

       春日春霞翳 大和寧樂春日山 皇尊高御座 御蓋前山三笠山 每逢晨朝時 叢雲棚引居天闕 貌鳥不如歸 爭鳴無間啼不斷 吾如彼天雲 方寸猶豫心忐忑 右猶彼貌鳥 單戀獨慕耗寸陰 時值白晝者 終日盡明至西斜 時值黑夜者 徹夜通宵日至未明 坐立皆難安 鬱鬱寡歡耽憂思 只故佳人不與逢

      山部赤人 0372


0373 反歌 【承前。】

     高按之 三笠乃山爾 鳴鳥之 止者繼流 戀哭為鴨

     高座(たかくら)の 三笠山(みかさのやま)に 鳴鳥(なくとり)の ()めば()がるる (こひ)もする(かも)

       皇尊高御座 御蓋前山三笠山 頂上鳥爭鳴 一旦啼歇又繼泣 蓋是相思慕戀哉

      山部赤人 0373


0374 石上乙麻呂朝臣歌一首

     雨零者 將盖跡念有 笠乃山 人爾莫令盖 霑者漬跡裳

     雨降(あめふ)らば ()むと(おも)へる 笠山(かさのやま) (ひと)莫著(なき)せそ ()れは()つとも

       若逢雨零者 吾欲著之笠山矣 御蓋三笠山 還願莫令他人戴 縱令彼人霑漬濡

      石上乙麻呂 0374


0375 湯原王芳野作歌一首

     吉野爾有 夏實之河乃 川余杼爾 鴨曾鳴成 山影爾之弖

     吉野(よしの)なる 夏實川(なつみのかは)の 川淀(かはよど)に (かも)()くなる 山影(やまかげ)にして

       芳野御吉野 吉野美地夏實川 川淀滯澱處 禽鴨爭鳴啼不斷 在彼山影峰蔭間

      湯原王 0375


0376 湯原王宴席歌二首

     秋津羽之 袖振妹乎 珠匣 奧爾念乎 見賜吾君

     蜻蛉羽(あきづは)の 袖振(そでふ)(いも)を 玉櫛笥(たまくしげ) (おく)(おも)ふを 見給(みたま)()(きみ)

       秋津蜻蛉羽 吾妻揮袖猶振翅 魂宿玉櫛玉櫛 彼心奧底念吾人 客君請觀吾妹妻

      湯原王 0376


0377 【承前,其二。】

     青山之 嶺乃白雲 朝爾食爾 恒見杼毛 目頰四吾君

     青山(あをやま)の 嶺白雲(みねのしらくも) (あさ)()に (つね)()れども (めづら)()(きみ)

       蒼翠青山之 嶺上白雲掛頂間 朝晨復日中 常見眺之久不厭 依舊惜珍吾君矣

      湯原王 0377


0378 山部宿禰赤人詠故太政大臣藤原家之山池歌一首

     昔者之 舊堤者 年深 池之瀲爾 水草生家里

     (いにしへ)の 舊堤(ふるきつつみ)は 年深(としふか)み 池渚(いけのなぎさ)に 水草生(みくさお)ひにけり

       曩古往昔之 林泉園池舊堤矣 年經歲已深 池渚之中水草生 刻劃光陰歲月痕

      山部赤人 0378


0379 大伴坂上郎女祭神歌一首 【并短歌。】

     久堅之 天原從 生來 神之命 奧山乃 賢木之枝爾 白香付 木綿取付而 齋戶乎 忌穿居 竹玉乎 繁爾貫垂 十六自物 膝折伏 手弱女之 押日取懸 如此谷裳 吾者祈奈牟 君爾不相可聞

     久方(ひさかた)の 天原(あまのはら)より 生來(あれきた)る 神命(かみのみこと) 奧山(おくやま)の 榊枝(さかきのえだ)に 白香付(しらかつ)け 木綿取付(ゆふとりつ)けて 齋瓮(いはひへ)を 齋掘据(いはひほりす)ゑ 竹玉(たかたま)を (しじ)貫垂(ぬきた)れ 鹿(しし)(もの) 膝折伏(ひざをりふ)して 手弱女(たわやめ)の 襲取懸(おすひとりか)け ()くだにも (あれ)()ひなむ (きみ)()はじ(かも)

       遙遙久方兮 高天之原重雲上 生來天降至 遠祖先親神命矣 今於奧山之 真賢之木榊枝上 懸而掛白香 取木綿兮懸以掛 奉持祝齋瓮 慎矣齋掘据地中 取竹玉管玉 繁列無間貫垂之 非鹿形似鹿 屈膝折伏曲身躬 又如手弱女 取襲懸之掛肩上 如此齋慎重 吾祈氏神心至誠 仍仍難與君一逢哉

      坂上郎女 0379


0380 反歌 【承前。】

     木綿疊 手取持而 如此谷母 吾波乞甞 君爾不相鴨

     木綿疊(ゆふたたみ) ()取持(とりも)ちて ()くだにも (あれ)()ひなむ (きみ)()はじ(かも)

       白香木綿疊 雙手取持奉神祇 如此齋慎重 吾祈氏神心至誠 仍難與君一逢哉

      坂上郎女 0380

         右歌者,以天平五年冬十一月,供祭大伴氏神之時,聊作此歌。故曰:「祭神歌。」



0381 筑紫娘子贈行旅歌一首 【娘子,字曰兒嶋。】

     思家登 情進莫 風候 好為而伊麻世 荒其路

     家思(いへおも)ふと 心進(こころすす)() 風候(かざまも)り ()くして(いま)せ (あら)其道(そのみち)

       莫因思鄉切 慌亂焦急妄輕舉 候風待良辰 歸鄉道中善留意 大和海路其道險

      筑紫娘子 0381


0382 登筑波岳丹比真人國人作歌一首 【并短歌。】

     鷄之鳴 東國爾 高山者 佐波爾雖有 朋神之 貴山乃 儕立乃 見果石山跡 神代從 人之言嗣 國見為 築羽乃山矣 冬木成 時敷時跡 不見而徃者 益而戀石見 雪消為 山道尚矣 名積敘吾來煎

     (とり)()く 東國(あづまのくに)に 高山(たかやま)は (さは)()れども 二神(ふたがみ)の 貴山(たふときやま)の 並立(なみた)ちの ()()(やま)と 神世(やみよ)より (ひと)言繼(いひつ)ぎ 國見(くにみ)する 筑波山(つくはのやま)を 冬籠(ふゆごも)り (とき)じき(とき)と ()ずて()かば ()して(こひ)しみ 雪消(ゆきげ)する 山道(やまみち)すらを (なづ)みぞ()()

       雞鳴迎晨曦 吾嬬者耶東國地 高山爭聳立 其數雖多孰為最 其中筑波山 男女二神貴山矣 成對相並立 其山百見毫不厭 人自古神代 口耳相傳存不忘 一望覽國中 彌榮筑波岳 籠冬日已遠 若云此時非時節 不往以觀者 其後更戀悔莫及 雪消冰解兮 路嶮山道猶滯行 吾排艱難來此矣

      丹比國人 0382


0383 反歌 【承前。】

     築羽根矣 卌耳見乍 有金手 雪消乃道矣 名積來有鴨

     筑波嶺(つくはね)を (よそ)のみ()つつ 在兼(ありか)ねて 雪消道(ゆきげのみち)を 滯來(なづみけ)るかも

       彌榮筑波嶺 唯處遠觀何得耐 雪消冰解兮 路嶮山道雖滯行 不辭艱辛來此矣

      丹比國人 0383


0384 山部宿禰赤人歌一首

     吾屋戶爾 韓藍種生之 雖干 不懲而亦毛 將蒔登曾念

     ()宿(やど)に 韓藍蒔生(からあゐまきお)ほし ()れぬとも ()りずて(また)も ()かむとそ(おも)

       吾庭我宿間 蒔種韓藍培育之 韓藍雖枯萎 不懲教訓仍欲植 再蒔韓藍雞冠草

      山部赤人 0384


0385 仙柘枝歌三首 【其一。】

     霰零 吉志美我高嶺乎 險跡 草取可奈和 妹手乎取

     霰降(あられふ)り 吉志美岳(きしみがたけ)を (さが)しみと 草取(くさと)りかなわ (いも)()()

       霰降雹亂零 吉志美岳路艱險 以彼勢險峻 吾欲取草摘不成 取執妹手握不離

      味稻 0385

         右一首,或云,吉野人味稻與柘枝仙媛歌也。但,見柘枝傳,無有此歌。



0386 【承前,其二。】

     此暮 柘之左枝乃 流來者 樑者不打而 不取香聞將有

     此夕(このゆふへ) 柘小枝(つみのさえだ)の 流來(ながれこ)ば (やな)()たずて ()らずかもあらむ

       此暮黃昏時 仙媛柘枝若流來 以今梁未設 無以滯流繫小枝 豈得取枝攜媛歸

      佚名 0386

         右一首。【佚名。】



0387 【承前,其三。】

     古爾 樑打人乃 無有世伐 此間毛有益 柘之枝羽裳

     (いにしへ)に 梁打(やなう)(ひと)の ()かりせば 此間(ここ)にもあらまし 柘枝(つみのえだ)はも

       曩昔往古時 若無設梁取枝人 仙媛未登天 其枝或仍在此間 柘枝仙媛小枝矣

      若宮年魚麻呂 0387

         右一首,若宮年魚麻呂作。



0388 羈旅歌一首 【并短歌。】

     海若者 靈寸物香 淡路嶋 中爾立置而 白浪乎 伊與爾迴之 座待月 開乃門從者 暮去者 鹽乎令滿 明去者 鹽乎令于 鹽左為能 浪乎恐美 淡路嶋 礒隱居而 何時鴨 此夜乃將明跡 侍從爾 寢乃不勝宿者 瀧上乃 淺野之雉 開去歲 立動良之 率兒等 安倍而榜出牟 爾波母之頭氣師

     海神(わたつみ)は (くす)しき(もの)か 淡路島(あはぢしま) (なか)()()きて 白波(しらなみ)を 伊豫(いよ)(もと)ほし 居待月(ゐまちづき) 明石門(あかしのと)ゆは 夕去(ゆふさ)れば (しほ)滿()たしめ 明去(あけさ)れば (しほ)()れしむ 潮騷(しほさゐ)の (なみ)(かしこ)み 淡路島(あはぢしま) 礒隱居(いそがくりゐ)て 何時(いつ)しかも 此夜(このよ)()けむと (さもら)ふに ()寢克(ねか)てねば 瀧上(たきのうへ)の 淺野雉(あさののきぎし) ()けぬとし 立騷(たちさわ)くらし 去來子共(いざこども) ()へて漕出(こぎで)む (には)(しづ)けし

       海神綿津見 靈異竒妙大神矣 御食向淡路 島兮令置立真中 白浪駭波濤 令迴伊豫繞四國 十八居待月 明石瀨戶水門間 時值夕暮者 潮自水門盈滿溢 時值曦明者 潮涸退去水自乾 潮騷海怒鳴 吾恐駭浪避風波 退居淡路島 潛隱礒邊俟風歇 忐忑有所思 何時此夜方將明 徒侍靜待者 轉寢難眠心更躁 豎耳聞動靜 瀧邊淺野雉發啼 蓋以天將明 起身立騷振翅響 去來吾兒等 率勇漕出發船旅 海庭今寧浪已歇

      若宮年魚麻呂 0388


0389 反歌 【承前。】

     嶋傳 敏馬乃埼乎 許藝迴者 日本戀久 鶴左波爾鳴

     島傳(しまづた)ひ 敏馬崎(みぬめのさき)を 漕迴(こぎみ)れば 大和戀(やまとこひ)しく 鶴澤(たづさは)()

       傳島繼諸嶼 漕迴敏馬崎前行 航巡滄溟間 更戀故鄉慕大和 其情同鶴群齊鳴

      若宮年魚麻呂 0389

         右歌,若宮年魚麻呂誦之。但未審作者。




譬喻歌


0390 紀皇女御歌一首

     輕池之 汭迴徃轉留 鴨尚爾 玉藻乃於丹 獨宿名久二

     輕池(かるのいけ)の 浦迴行迴(うらみゆきみ)る (かも)すらに 玉藻上(たまものうへ)に 獨寢無(ひとりねな)くに

       縱為輕池間 浦岸迴游鴨禽者 不獨寢藻上 何以妾今守空閨 形單影隻耐寂寥

      紀皇女 0390


0391 造筑紫觀世音寺別當沙彌滿誓歌一首

     鳥總立 足柄山爾 船木伐 樹爾伐歸都 安多良船材乎

     鳥總立(とぶさた)て 足柄山(あしがらやま)に 船木伐(ふなぎき)り ()伐行(きりゆ)きつ 可惜船木(あたらふなぎ)

       茂枝鳥總立 足柄山間伐船木 欲之為船材 竟為通木伐行矣 可惜美材船木矣

      沙彌滿誓 0391


0392 大宰大監大伴宿禰百代梅歌一首

     烏珠之 其夜乃梅乎 手忘而 不折來家里 思之物乎

     烏玉(ぬばたま)の 其夜梅(そのよのうめ)を た(わす)れて ()らず()にけり (おも)ひし(もの)

       漆黑烏玉之 其宵闇暗夜中梅 堪折直須折 吾忘折枝而來矣 可惜朝思暮念矣

      大伴百代 0392


0393 滿誓沙彌月歌一首

     不所見十方 孰不戀有米 山之末爾 射狹夜歷月乎 外見而思香

     ()えずとも 誰戀(たれこ)ひざらめ 山端(やまのは)に 十六夜月(いさよふつき)を (よそ)()てしか

       雖不可得見 孰不戀兮欲見之 山端嶺稜線 十六夜月步猶豫 雖在遠方欲觀之

      沙彌滿誓 0393


0394 余明軍歌一首

     印結而 我定義之 住吉乃 濱乃小松者 後毛吾松

     標結(しめゆ)ひて ()(さだ)めてし 住吉(すみのえ)の 濱小松(はまのこまつ)は (のち)()(まつ)

       結標誌印而 定為我物識吾屬 墨江住吉之 岸上濱邊小松者 日後亦為吾之松

      余明軍 0394


0395 笠女郎贈大伴宿禰家持歌三首

     託馬野爾 生流紫 衣爾染 未服而 色爾出來

     託馬野(たくまの)に ()ふる紫草(むらさき) (きぬ)()め 未著(いまだき)ずして (いろ)()でにけり

       筑摩託馬野 所生紫草今摘之 欲染吾衣而 未服之間色已出 人知吾心悉吾情

      笠女郎 0395


0396 【承前,其二。】

     陸奧之 真野乃草原 雖遠 面影為而 所見云物乎

     陸奧(みちのく)の 真野草原(まののかやはら) (とほ)けども 面影(おもかげ)にして ()ゆと()(もの)

       天離陸奧之 真野萱原去雖遠 幻影現夢中 草原雖遠現面影 君在近處何不見

      笠女郎 0396


0397 【承前,其三。】

     奧山之 磐本菅乎 根深目手 結之情 忘不得裳

     奧山(おくやま)の 岩本菅(いはもとすげ)を 根深(ねふか)めて (むす)びし(こころ) 忘兼(わすれか)ねつも

       深幽奧山之 磐本岩基菅蔓生 菅根深繫矣 致根深結吾心者 銘心刻骨不得忘

      笠女郎 0397


0398 藤原朝臣八束梅歌二首 【八束,後名真楯。房前第二子。此注,未見於紀洲本。蓋後人所添歟。

     妹家爾 開有梅之 何時毛何時毛 將成時爾 事者將定

     (いも)(いへ)に ()きたる(うめ)の 何時(いつ)何時(いつ)も (なり)なむ(とき)に (こと)(さだ)めむ

       窈窕吾妹矣 汝家庭間所咲梅 無論在何時 一旦結實成熟者 姻事將契定終生

      藤原八束 0398


0399 【承前,其二。】

     妹家爾 開有花之 梅花 實之成名者 左右將為

     (いも)(いへ)に ()きたる(はな)の 梅花(うめのはな) ()にし(なり)なば ()(かく)()

       窈窕吾妹矣 汝家庭間所咲華 玉房馨梅花 一旦成熟結實者 左右恣情隨汝意

      藤原八束 0399


0400 大伴宿禰駿河麻呂梅歌一首

     梅花 開而落去登 人者雖云 吾標結之 枝將有八方

     梅花(うめのはな) ()きて()りぬと (ひと)()へど ()標結(しめゆ)ひし (えだ)ならめやも

       人雖云梅花 開而落去不久長 然比瞬遷者 蓋非吾所標結枝 吾花有情長相在

      大伴駿河麻呂 0400


0401 大伴坂上郎女宴親族之日吟歌一首

     山守之 有家留不知爾 其山爾 標結立而 結之辱為都

     山守(やまもり)が (あり)ける()らに 其山(そのやま)に 標結立(しめゆひた)てて ()ひの(はぢ)しつ

       不知有山守 以為其山尚無主 欲將契親善 吾立標結彼山間 擅結印兮甚羞矣

      坂上郎女 0401


0402 大伴宿禰駿河麻呂即和歌一首 【承前。】

     山主者 蓋雖有 吾妹子之 將結標乎 人將解八方

     山守(やまもり)は (けだ)(あり)とも 我妹子(わぎもこ)が ()ひけむ(しめ)を 人解(ひとと)かめやも

       山守山番者 縱令其山蓋有之 此為吾妹子 坂上郎女所結標 孰人輕妄輒解哉

      大伴駿河麻呂 0402


0403 大伴宿禰家持贈同坂上家之大孃歌一首

     朝爾食爾 欲見 其玉乎 如何為鴨 從手不離有牟

     (あさ)()に ()まく()りする 其玉(そのたま)を 如何(いか)にせばかも ()()れずあらむ

       朝晨復日中 時時欲見細端詳 窈窕美玉矣 如何常時纏手上 肌身不離永相伴

      大伴家持 0403


0404 娘子報佐伯宿禰赤麻呂贈歌一首

     千磐破 神之社四 無有世伐 春日之野邊 粟種益乎

     千早振(ちはやぶ)る 神社(かみのやしろ)し ()かりせば 春日野邊(かすがののへ)に 粟蒔(あはま)かましを

       千早振神威 嚴神之社若無之 春日之野邊 可蒔粟矣來相會 然惜嚴神社在此

      娘子 0404


0405 佐伯宿禰赤麻呂更贈歌一首 【承前。】

     春日野爾 粟種有世伐 待鹿爾 繼而行益乎 社師怨焉

     春日野(かすがの)に 粟蒔(あはま)けりせば 鹿待(ししま)ちに ()ぎて()かましを (やしろ)(うら)めし

       寧樂春日野 若得蒔粟待鹿者 日日得續行 然恨嚴神社在此 不得相晤無緣會

      佐伯赤麻呂 0405


0406 娘子復報歌一首 【承前。】

     吾祭 神者不有 大夫爾 認有神曾 好應祀

     ()(まつ)る (かみ)には(あら)ず 大夫(ますらを)に ()きたる(かみ)そ ()(まつ)るべし

       妾身之所祭 非為汝云嚴社神 壯士益荒男 汝命身上所憑神 實應戒慎謹祭之

      娘子 0406


0407 大伴宿禰駿河麻呂娉同坂上家之二孃歌一首

     春霞 春日里之 殖子水葱 苗有跡云師 柄者指爾家牟

     春霞(はるかすみ) 春日里(かすがのさと)の ()小水葱(こなぎ) 苗也(なへなり)()ひし ()()しにけむ

       春霞翳瀰漫 寧樂之地春日里 所植小水葱 雖云葱稚尚為苗 其枝已伸刺欣欣

      大伴駿河麻呂 0407


0408 大伴宿禰家持贈同坂上家之大孃歌一首 【承前。】

     石竹之 其花爾毛我 朝旦 手取持而 不戀日將無

     撫子(なでしこ)が 其花(そのはな)にもが (あさ)()な ()取持(とりも)ちて ()ひぬ日無(ひな)けむ

       汝若為石竹 瞿麥撫子之花者 每日朝旦時 手取持而愛翫矣 豈有一日不戀兮

      大伴家持 0408


0409 大伴宿禰駿河麻呂歌一首

     一日爾波 千重浪敷爾 雖念 奈何其玉之 手二卷難寸

     一日(ひとひ)には 千重波敷(ちへなみし)きに (おも)へども 奈何其玉(なぞそのたま)の ()卷難(まきがた)

       吾念猶寄浪 一日千重無間斷 雖念如此者 奈何其玉難纏手 不得時時常相依

      大伴駿河麻呂 0409


0410 大伴坂上郎女橘歌一首

     橘乎 屋前爾殖生 立而居而 後雖悔 驗將有八方

     (たちばな)を 宿(やど)植生(うゑお)ほし ()ちて()て (のち)()ゆとも 驗有(しるしあ)らめやも

       非時香菓橘 植生吾宿前庭間 坐立皆難安 心繫掛念人摘之 後追悔兮闔驗哉

      坂上郎女 0410


0411 和歌一首 【承前。】

     吾妹兒之 屋前之橘 甚近 殖而師故二 不成者不止

     我妹子(わぎもこ)が 宿(やど)(たちばな) 甚近(いとちか)く ()ゑてし(ゆゑ)に ()らずは()まじ

       親親吾妹子  庭前宿間所生橘 以其所植處 近水樓台甚近故 不成實兮何以止

      大伴駿河麻呂 0411


0412 市原王歌一首

     伊奈太吉爾 伎須賣流玉者 無二 此方彼方毛 君之隨意

     髻鬘(いなだき)に (きす)める(たま)は (ふた)()し ()にも(かく)にも (きみ)(まにま)

       髻鬘頭頂上 所藏寶玉明珠者 無二甚珍貴 此方彼方依汝願 左右恣意任隨情

      市原王 0412


0413 大網公人主宴吟歌一首

     須麻乃海人之 鹽燒衣乃 藤服 間遠之有者 未著穢

     須磨海人(すまのあま)の 鹽燒衣(しほやききぬ)の 藤衣(ふぢころも) 間遠(まとほ)にしあれば 未著馴(いまだきな)れず

       須磨白水郎 海人燒鹽所著服 荒妙藤衣矣 纖維目麤間且遠 膚身至今未著馴

      大網公人 0413


0414 大伴宿禰家持歌一首

     足日木能 石根許其思美 菅根乎 引者難三等 標耳曾結焉

     足引(あしひき)の 岩根凝(いはねこご)しみ 菅根(すがのね)を ()かば(かた)みと (しめ)のみそ()

       足引山險峻 巖根荒凝鎮盤踞 滯足礙前行 縱引菅蔓難為登 唯結標印誌吾情

      大伴家持 0414




挽歌


0415 上宮聖德皇子出遊竹原井之時,見龍田山死人,悲傷御作歌一首 【小墾田宮御宇天皇代。小墾田宮御宇者,豐御食炊屋姫天皇也。諱額田,諡推古。】

     家有者 妹之手將纏 草枕 客爾臥有 此旅人可怜

     (いへ)ならば (いも)手纏(てま)かむ 草枕(くさまくら) (たび)()やせる 此旅人哀(このたびとあは)

       如臥在家中 將纏妻手為枕寢 他鄉草枕兮 羈旅異地曝荒野 此旅人也哀怜矣

      聖德太子 0415


0416 大津皇子被死之時,磐余池陂流涕御作歌一首

     百傳 磐余池爾 鳴鴨乎 今日耳見哉 雲隱去牟

     百傳(ももづた)ふ 磐余池(いはれのいけ)に 鳴鴨(なくかも)を 今日(けふ)のみ()てや 雲隱(くもがく)りなむ

       百傳經五十 磐余池間群騷鳴 啼泣侯鴨矣 蓋唯今日得瞥見 己將雲隱向泉路

      大津皇子 0416

         右,藤原宮(持統)朱鳥元年冬十月。



0417 河內王葬豐前國鏡山之時,手持女王作歌三首

     王之 親魄相哉 豐國乃 鏡山乎 宮登定流

     大君(おほきみ)の 和魂相(にきたまあ)() 豐國(とよくに)の 鏡山(かがみのやま)を (みや)(さだ)むる

       大君河內王 和魂願可成遂哉 竟以西海道 梓弓豐國鏡山地 定作常宮永居矣

      手持女王 0417


0418 【承前,其二。】

     豐國乃 鏡山之 石戶立 隱爾計良思 雖待不來座

     豐國(とよくに)の 鏡山(かがみのやま)の 岩戶立(いはとた)て (こも)りにけらし ()てど()まさず

       蓋於梓弓之 豐前國中鏡山地 幽居閉岩戶 雲隱常世離顯界 百般待之不出矣

      手持女王 0418


0419 【承前,其三。】

     石戶破 手力毛欲得 手弱寸 女有者 為便乃不知苦

     岩戶割(いはとわ)る 手力(たぢから)もがも 手弱(たよわ)き (をみな)にしあれば (すべ)()()

       若為手力男 願割岩戶裂幽顯 再求與君會 可惜妾身手弱女 手足無措遍無方

      手持女王 0419


0420 石田王卒之時,丹生王作歌一首 【并短歌。】

     名湯竹乃 十緣皇子 狹丹頰相 吾大王者 隱久乃 始瀨乃山爾 神左備爾 伊都伎坐等 玉梓乃 人曾言鶴 於余頭禮可 吾聞都流 狂言加 我聞都流母 天地爾 悔事乃 世間乃 悔言者 天雲乃 曾久敝能極 天地乃 至流左右二 杖策毛 不衝毛去而 夕衢占問 石卜以而 吾屋戶爾 御諸乎立而 枕邊爾 齊戶乎居 竹玉乎 無間貫垂 木綿手次 可比奈爾懸而 天有 左佐羅能小野之 七相菅 手取持而 久堅乃 天川原爾 出立而 潔身而麻之乎 高山乃 石穗乃上爾 伊座都類香物

     弱竹(なゆたけ)の (とを)よる御子(みこ) さ丹頰(につら)ふ ()大君(おほきみ)は 隱國(こもりく)の 泊瀨山(はつせのやま)に (かむ)さびに 齋坐(いつきいま)すと 玉梓(たまづさ)の (ひと)()ひつる 逆言(およづれ)か ()()きつる 狂言(たはこと)か ()()きつるも 天地(あめつち)に (くや)しき(こと)の 世間(よのなか)の (くや)しき(こと)は 天雲(あまくも)の 退方(そくへ)(きは)み 天地(あめつち)の (いた)れる(まで)に 杖衝(つゑつ)きも ()かずも()きて 夕占問(ゆふけと)ひ 石占持(いしうらも)ちて ()宿(やど)に 三諸(みもろ)()てて 枕邊(まくらへ)に 齋瓮(いはひへ)()ゑ 竹玉(たかたま)を 間無(まな)貫垂(ぬきた)れ 木綿襷(ゆふだすき) (かひな)()けて (あめ)なる 神樂良小野(ささらのをの)の 七節菅(ななふすげ) ()取持(とりも)ちて 久方(ひさかた)の 天河原(あまのかはら)に 出立(いでた)ちて (みそぎ)(まし)を 高山(たかやま)の 巖上(いはほのうへ)に (いま)せつる(かも)

       纖細弱竹兮 纖柔橈然御子矣 赭頰薄紅顏 吾之大君石田王 盆底隱國兮 長谷泊瀨山之間 登仙入神籍 齋坐於茲為奧城 玉梓華杖兮 使人來言報噩耗 惑眾逆言乎 我所聞訊難置信 譫妄狂言乎 我所聞訊難置信 天地六合間 豈有悔事如此般 空蟬憂世間 豈有憾事殊如此 遙遙天雲之 高天遠方離極處 玄天黃地之 彼方一線相接處 雖遠吾欲徃 倚杖不矣盡千方 夕占問衢間 石占問持探輕重 復於我宿間 設立三諸置神壇 或於床枕邊 掘据齋瓮置地中 或取竹玉矣 繁列無間貫垂之 或執木綿襷 繫之腕上掛懸之 高天原之上 神樂良之小野之 手持七節菅 取執鎮魂安命緒 久方高天上 天之河原出立而 潔身禊齋者 若得返魂保汝命 爛額無所悔 可惜高山巖上坐 永居幽宮不復哉

      丹生王 0420


0421 反歌 【承前。】

     逆言之 狂言等可聞 高山之 石穗乃上爾 君之臥有

     逆言(およづれ)の 狂言(たはこと)(かも) 高山(たかやま)の 巖上(いはほのうへ)に (きみ)()やせる

       吾冀其逆言 又望狂語不足信 事不從人願 君已高山巖上坐 永臥幽宮不甦矣

      丹生王 0421


0422 【承前,反歌其二。】

     石上 振乃山有 杉村乃 思過倍吉 君爾有名國

     石上(いそのかみ) 布留山(ふるのやま)なる 杉群(すぎむら)の 思過(おもひす)ぐべき (きみ)()()くに

       石上布留山 群杉繁茂摧境遷 吾念君情切 豈得猶杉思過忘 唯有哀悔心更慟

      丹生王 0422


0423 同石田王卒之時,山前王哀傷作歌一首

     角障經 石村之道乎 朝不離 將歸人乃 念乍 通計萬口波 霍公鳥 鳴五月者 菖蒲 花橘乎 玉爾貫【一云,貫交。】 蘰爾將為登 九月能 四具禮能時者 黃葉乎 折插頭跡 延葛乃 禰遠永【一云,田葛根乃,彌遠長爾。】 萬世爾 不絕等念而【一云,大舟之,念憑而。】 將通 君乎婆明日從【一云,君乎從明日者。】 外爾可聞見牟

     蔦這(つのさは)ふ 磐余道(いはれのみち)を 朝去(あささ)らず ()きけむ(ひと)の (おも)ひつつ (かよ)ひけまくは 杜鵑(ほととぎす) ()五月(さつき)には 菖蒲草(あやめぐさ) 花橘(はなたちばな)を (たま)()一云(またにいふ)貫交(ぬきまじ)へ。】 (かづら)()むと 九月(ながつき)の 時雨(しぐれ)(とき)は 黃葉(もみちば)を ()髻首(かざ)さむと 延葛(はふくず)の 彌遠長(いやとほなが)一云(またにいふ)葛根(くずのね)の、彌遠長(いやとほなが)に。】 萬代(よろづよ)に ()えじと(おも)ひて一云(またにいふ)大船(おほぶね)の、思賴(おもひたの)みて。】 (かよ)ひけむ (きみ)をば明日(あす)一云(またにいふ)(きみ)明日(あす)ゆは。】 (よそ)にかも()

       蔦蔓攀岩兮 石村磐余之道矣 每朝不離兮 日日歸行良人之 每晨歸途間 朝朝日日所念者 杜鵑不如歸 喧囂啼泣五月中 摘取菖蒲草 又折花橘執妍華 藥玉絲貫之【一云,交雜相貫之。】 串之結蘰為首飾 晚秋九月之 時雨紛紛澍零時 草木色已移 手摺黃葉以髻首 延葛之所如 彌遠彌長展不斷【一云,其猶葛根之,彌遠彌長延不斷。】 縱令萬代後 吾度相睦無絕時【一云,猶乘大船兮,度其安寧值思賴。】 通源遠流傳 豈知君自明日起【一云,豈知明日見君者。】 當視幽冥隔世人

      山前王 0423

         右一首,或云:「柿本朝臣人麻呂作。」



0424 或本反歌二首 【或本承前。】

     隱口乃 泊瀨越女我 手二纏在 玉者亂而 有不言八方

     隱國(こもりく)の 泊瀨娘子(はつせをとめ)が ()()ける (たま)(みだ)れて ()りと()はずやも

       盆底隱國兮 長谷泊瀨娘子矣 君豈不見哉 纏捲彼手玉珠者 紛亂難寧情意紊

      石田王 0424


0425 【承前,反歌其二。】

     河風 寒長谷乎 歎乍 公之阿流久爾 似人母逢耶

     川風(かはかぜ)の  (さむ)泊瀨(はつせ)を (なげ)きつつ  (きみ)(ある)くに 似人(にるひと)()へや

       川風吹刺骨 天寒地凍泊瀨間 欷歔復悲嘆 公君步回通百遍 縱令似人遇不得

      石田王 0425

         右二首者,或云:「紀皇女薨後,山前王代石田王作之也。」



0426 柿本朝臣人麻呂見香具山屍悲慟作歌一首

     草枕 羈宿爾 誰嬬可 國忘有 家待真國

     草枕(くさまくら) 旅宿(たびのやどり)に ()(つま)か 國忘(くにわす)れたる 家待(いへま)たまくに

       草枕在異地 羈旅他鄉假宿間 誰人夫婿哉 忘鄉橫臥此野中 家人苦待無歸期

      柿本人麻呂 0426


0427 田口廣麻呂死之時,刑部垂麻呂作歌一首

     百不足 八十隅坂爾 手向為者 過去人爾 蓋相牟鴨

     百足(ももた)らず 八十隈坂(やそくまさか)に 手向(たむ)けせば ()ぎにし(ひと)に (けだ)()はむ(かも)

       其數不足百 黃泉平坂八十隈 若在此堺坂 手向貢物祭神者 蓋得復逢故人哉

      刑部垂麻呂 0427


0428 土形娘子火葬泊瀨山時,柿本朝臣人麻呂作歌一首

     隱口能 泊瀨山之 山際爾 伊佐夜歷雲者 妹鴨有牟

     隱國(こもりく)の 初瀨山(はつせのやま)の 山際(やまのま)に 猶豫雲(いさよふくも)は (いも)にかもあらむ

       盆底隱國兮 長谷之地泊瀨山 山際雲不去 葬煙猶豫滯頂上 是為娘子留念情

      柿本人麻呂 0428


0429 溺死出雲娘子火葬吉野時,柿本朝臣人麻呂作歌二首

     山際從 出雲兒等者 霧有哉 吉野山 嶺霏霺

     山際(やまのま)ゆ 出雲兒等(いづものこら)は (きり)なれや 吉野山(よしののやま)の (みね)棚引(たなび)

       山際層雲湧 出雲娘子化煙雲 其煙如霧哉 瀰漫吉野山不去 棚引嶺上難分捨

      柿本人麻呂 0429


0430 【承前,其二。】

     八雲刺 出雲子等 黑髮者 吉野川 奧名豆颯

     八雲刺(やくもさ)す 出雲兒等(いづものこら)が 黑髮(くろかみ)は 吉野川(よしののかは)の (おき)(なづさ)

       八雲湧刺射 出雲娘子麗青絲 烏濡黑髮者 吉野川間漂沉浮 隨波漂盪至沖津

      柿本人麻呂 0430


0431 過勝鹿真間(かつしかのまま)娘子墓時,山部宿禰赤人作歌一首 【并短歌。(あづま),俗語云:「可豆思賀能麻末能弖胡(かづしかのままのてご)。」○勝鹿真間之手兒。】

     古昔 有家武人之 倭文幡乃 帶解替而 廬屋立 妻問為家武 勝壯鹿乃 真間之手兒名之 奧槨乎 此間登波聞杼 真木葉哉 茂有良武 松之根也 遠久寸 言耳毛 名耳母吾者 不可忘

     (いにしへ)に ()りけむ(ひと)の 倭文機(しつはた)の 帯解交(おびときか)へて 廬屋立(ふせやた)て 妻問(つまど)ひしけむ 葛飾(かつしか)の 真間手兒名(ままのてごな)が 奧津城(おくつき)を 此處(ここ)とは()けど 真木葉(まきのは)や (しげ)りたるらむ (まつ)()や 遠久(とほくひさ)しき (こと)のみも ()のみも(われ)は (わす)らゆましじ

       曩古往昔時 生息人等眾男子 倭文織機帶 解褪欲一親芳澤 權設建廬屋 訪妻求婚欲結契 傾城勝鹿之 葛飾真間手兒名 吾聞其墓所 奧津城者在此處 然以真木葉 茂密叢集蔽舊跡 又以松柏根 遠久長延蔓蟠踞 昔景不復見 雖唯口耳存相傳 其事其名吾不忘

      山部赤人 0431


0432 反歌 【承前,反歌第一。】

     吾毛見都 人爾毛將告 勝壯鹿之 間間能手兒名之 奧津城處

     (われ)()つ (ひと)にも()げむ 葛飾(かつしか)の 真間手兒名(ままのてごな)が 奧城處(おくつきどころ)

       吾目之所見 吾口所傳告諸人 傾城勝鹿之 葛飾真間手兒名 其奧城處在此間

      山部赤人 0432


0433 【承前,反歌第二。】

     勝壯鹿乃 真真乃入江爾 打靡 玉藻苅兼 手兒名志所念

     葛飾(かつしか)の 真間入江(ままのいりえ)に 打靡(うちなび)く 玉藻刈(たまもか)りけむ 手兒名(てごな)(おも)ほゆ

       勝鹿葛飾之 真間入江浦灣中 逐波漂蕩漾 玉藻刈兮採和布 手兒名者致人念

      山部赤人 0433


0434 和銅四年辛亥,河邊宮人見姬嶋松原美人屍,哀慟作歌四首 【四首第一。】

     加座皤夜能 美保乃浦迴之 白管仕 見十方不怜 無人念者【或云,見者悲霜,無人思丹。】

     風早(かざはや)の 美穂浦迴(みほのうらみ)の 白躑躅(しらつつじ) ()れども(さぶ)し 亡人思(なきひとおも)へば或云(あるはいふ)()れば(かな)しも、亡人思(なきひとおも)ふに。】

       疾風吹猛勁 美穂姬嶋浦迴間 白躑躅可見 觀之鬱鬱心不樂 只因觸景思故人【或云,觀者傷悲從衷來,以其觸景念故人。】

      河邊宮人 0434


0435 【承前,四首第二。】

     見津見津四 久米能若子我 伊觸家武 礒之草根乃 干卷惜裳

     瑞瑞(みつみつ)し 久米若子(くめのわくご)が い()れけむ 礒草根(いそのくさね)の ()れまく()しも

       威武不撓兮 久米來目若子矣 傳聞其所觸 礒邊草根榮不再 撓垂枯萎令人惜

      河邊宮人 0435


0436 【承前,四首第三。】

     人言之 繁比日 玉有者 手爾卷持而 不戀有益雄

     人言(ひとごと)の (しげ)此頃(このころ) (たま)ならば ()卷持(まきも)ちて ()ひざら(まし)

       流言蜚語之 比日更繁痛入耳 汝若為玉者 可持纏手不離身 不畏人言不惱戀

      河邊宮人 0436


0437 【承前,四首第四。】

     妹毛吾毛 清之河乃 河岸之 妹我可悔 心者不持

     (いも)(あれ)も 清川(きよみのかは)の 川岸(かはきし)の (いも)()ゆべき (こころ)()たじ

       妹潔吾亦潔 澄澄清川清見河 川岸或頹 吾等心清言行正 莫有浮情妹可

      河邊宮人 0437

         右,案,年紀并所處及娘子屍作歌人名,已見上也。但歌辭相違,是非難別。因以累載於茲次焉。



0438 神龜五年戊辰,大宰帥大伴卿思戀故人歌三首

     愛 人之纏而師 敷細之 吾手枕乎 纏人將有哉

     (うつく)しき (ひと)()きてし 敷栲(しきたへ)の ()手枕(たまくら)を ()人有(ひとあ)らめ()

       親愛珍惜之 吾妻昔日所枕纏 白妙敷栲兮 我手枕者自今後 豈尚有人將枕哉

      大伴旅人 0438

         右一首,別去而經數旬作歌。



0439 【承前,第二。】

     應還 時者成來 京師爾而 誰手本乎可 吾將枕

     (かへ)るべく (とき)()りけり (みやこ)にて ()手本(たもと)をか ()(まくら)かむ

       應還時已至 歸期到來當起身 然在京師者 誰之手枕吾當纏 愛人早已不復在

      大伴旅人 0439


0440 【承前,第三。】

     在京 荒有家爾 一宿者 益旅而 可辛苦

     (みやこ)なる ()れたる(いへ)に 獨寢(ひとりね)ば (たび)(まさ)りて (くる)しかるべし

       若歸京師間 荒廢舊家孤獨寢 寂情落寞者 更勝羈旅在異鄉 觸景生情更辛酸

      大伴旅人 0440

         右二首,臨近向京之時作歌。



0441 神龜六年己巳,左大臣長屋王賜死之後,倉橋部女王作歌一首

     大皇之 命恐 大荒城乃 時爾波不有跡 雲隱座

     大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 大殯(おほあらき)の (とき)にはあらねど 雲隱(くもがく)ります

       大君敕命重 誠惶誠恐遵聖慮 雖非大殯時 不待時節急雲隱 撒手人間向泉路

      倉橋部女王 0441


0442 悲傷膳部王歌一首

     世間者 空物跡 將有登曾 此照月者 滿闕為家流

     世間(よのなか)は (むな)しき(もの)と あらむとそ 此照月(このてるつき)は 滿闕(みちか)けしける

       浮生憂世間 莫過婀娜空虛矣 如述其事者 此照月者自盈虧 滿闕為兆顯無常

      佚名 0442

         右一首,作者未詳。



0443 天平元年己巳,攝津國班田史生丈部龍麻呂自經死之時,判官大伴宿禰三中作歌一首 【并短歌。】

     天雲之 向伏國 武士登 所云人者 皇祖 神之御門爾 外重爾 立候 內重爾 仕奉 玉葛 彌遠長 祖名文 繼徃物與 母父爾 妻爾子等爾 語而 立西日從 帶乳根乃 母命者 齋忌戶乎 前坐置而 一手者 木綿取持 一手者 和細布奉 平 間幸座與 天地乃 神祇乞禱 何在 歲月日香 茵花 香君之 牛留鳥 名津匝來與 立居而 待監人者 王之 命恐 押光 難波國爾 荒玉之 年經左右二 白栲 衣不干 朝夕 在鶴公者 何方爾 念座可 欝蟬乃 惜此世乎 露霜 置而徃監 時爾不在之天

     天雲(あまくも)の 向伏國(むかぶすくに)の 武士(もののふ)と ()はるる(ひと)は 天皇(すめろき)の 神御門(かみのみかど)に 外重(とのへ)に 立侯(たちさもら)ひ 內重(うちのへ)に 仕奉(つかへまつ)りて 玉葛(たまかづら) 彌遠長(いやとほなが)く 祖名(おやのな)も 繼行者(つぎゆくもの)と 母父(おもちち)に (つま)子供(こども)に (かた)らひて ()ちにし()より 垂乳根(たらちね)の 母命(ははのみこと)は 齋瓮(いはひへ)を (まへ)据置(すゑお)きて 片手(かたて)には 木綿取持(ゆふとりも)ち 片手(かたて)には 和栲奉(にきたへまつ)り (たひら)けく 真幸(まさき)(ませ)と 天地(あめつち)の (かみ)祈禱(こひの)み 如何(いか)にあらむ 年月日(としつきひ)にか 躑躅花(つつじはな) (にほ)へる(きみ)が 鸊鷈(にほどり)の 漂來(なづさひこ)むと ()ちて()て ()ちけむ(ひと)は 大君(おほきみ)の 命恐(みことかしこ)み 押照(おして)る 難波國(なにはのくに)に (あらた)まの 年經(としふ)(まで)に 白栲(しろたへ)の (ころも)()さず 朝夕(あさよひ)に ありつる(きみ)は 何方(いかさま)に 思坐(おもひいませ)か 空蟬(うつせみ)の ()しき此世(このよ)を 露霜(つゆしも)の ()きて()にけむ (とき)()らずして

       遙遠天雲之 垂伏向伏遠國出 威勇武士矣 人云壯士此人者 皇祖皇宗之 神之御門宮闕間 外重御垣處 立侯警蹕護宮外 內重禁中處 侍奉近衛皇御前 玉葛之所如 彌遠彌長展不斷 家世列祖名 不辱不忝繼行者 臨別出仕際 語於父母并妻子 述其負胸懷 發向奉公之日起 育恩垂乳根 慈母尊命求冥貺 取來齋瓮而 齋掘据置己身前 一手執木綿 取持奉齋敬神祇 一手奉和栲 捧持細絹崇天地 願己子安寧 冀其真幸別無恙 如此慎齋祭 祈禱天地諸神祇 無日有間斷 歷經何年何月日 願君如躑躅 妍花盛開展笑顏 願君如鸊鷈 渡海漂來錦還鄉 或立或居而 切待子歸望團欒 其人畏君命 誠惶誠恐奉乘輿 日光押照兮 難波國間仕社稷 一元復始兮 迄於經歲年改新 白妙素栲兮 衣不諒百繁忙 朝朝復夕夕 師走蟻通無歇時 君是以何由 方寸之間何所念 空蟬憂世兮 可惜此世不願顧 露霜之所如 置於身後去他界 明明逝之非時矣

      大伴三中 0443


0444 反歌 【反歌第一。】

     昨日社 公者在然 不思爾 濱松之於 雲棚引

     昨日(きのふ)こそ (きみ)はありしか (おも)はぬに 濱松上(はままつのうへ)に (くも)棚引(たなび)

       故思昨日者 君仍在世無別恙 未料轉瞬間 化作濱松上燻煙 如雲棚引掛天邊

      大伴三中 0444


0445 【反歌第二。】

     何時然跡 待牟妹爾 玉梓乃 事太爾不告 徃公鴨

     何時(いつ)しかと ()つらむ(いも)に 玉梓(たまづさ)の (こと)だに()げず ()にし君哉(きみかも)

       妻獨守空閨 待君心念何時歸 音訊杳然矣 玉梓使人無告言 君擅撒手去他界

      大伴三中 0445


0446 天平二年庚午冬十二月,大宰帥大伴卿向京上道之時作歌五首 【第一。】

     吾妹子之 見師鞆浦之 天木香樹者 常世有跡 見之人曾奈吉

     我妹子(わぎもこ)が ()鞆浦(とものうら)の 杜松木(むろのき)は 常世(とこよ)()れど ()(ひと)()

       愛妻吾妹子 大伴郎女之所見 鞆浦杜松木 歷久常世今仍在 然翫之人已消逝

      大伴旅人 0446


0447 【承前,第二。】

     鞆浦之 礒之室木 將見每 相見之妹者 將所忘八方

     鞆浦(とものうら)の (いそ)杜松木(むろのき) ()(ごと)に 相見(あひみ)(いも)は (わす)らえめやも

       每見備後國 鞆浦之礒杜松木 觸景生憂情 一同相見此景之 吾妻妹子豈將忘

      大伴旅人 0447


0448 【承前,第三。】

     礒上丹 根蔓室木 見之人乎 何在登問者 語將告可

     礒上(いそのうへ)に 根延(ねば)杜松木(むろのき) ()(ひと)を 何在(いづら)()はば 語告(かたりつ)げむか

       鞆浦礒之上 根延盤踞杜松木 若詢彼松木 可知見者今何在 其將答言語告乎

      大伴旅人 0448

         右三首,過鞆浦日作歌。



0449 【承前,第四。】

     與妹來之 敏馬能埼乎 還左爾 獨之見者 涕具末之毛

     (いも)()し 敏馬崎(みぬめのさき)を (かへ)るさに (ひとり)()れば (なみた)ぐましも

       昔與妹同來 玉藻刈兮敏馬崎 於今將還時 孤身獨見憶往時 不覺涓然淚涕下

      大伴旅人 0449


0450 【承前,第五。】

     去左爾波 二吾見之 此埼乎 獨過者 情悲喪【一云,見毛左可受伎濃。】

     ()くさには 二人我(ふたりわ)()し 此崎(このさき)を 獨過(ひとりす)ぐれば 心悲(こころがな)しも一云(またにいふ()()かず()ぬ。】

       發足行去時 昔日我倆共見之 此敏馬崎矣 念今唯得獨過者 哀心悲情油然起【一云,倉皇來過不忍見。】

      大伴旅人 0450

         右二首,過敏馬埼日作歌。



0451 還入故鄉家即作歌三首

     人毛奈吉 空家者 草枕 旅爾益而 辛苦有家里

     (ひと)()き (むな)しき(いへ)は 草枕(くさまくら) (たび)(まさ)りて (くる)しかりけり

       伴侶不復在 空家寂寥無人煙 相較草枕兮 羈旅異鄉外地者 居家辛苦更勝之

      大伴旅人 0451


0452 【承前,其二。】

     與妹為而 二作之 吾山齋者 木高繁 成家留鴨

     (いも)として 二人作(ふたりつく)りし ()山齋(しま)は 木高繁(こだかくしげ)く (なり)にける(かも)

       與妻共相為 兩人所造山齋者 吾所燕居室 今後其齋庭間木 更高益繁叢生哉

      大伴旅人 0452


0453 【承前,其三。】

     吾妹子之 殖之梅樹 每見 情咽都追 涕之流

     我妹子(わぎもこ)が ()ゑし梅木(うめのき) ()(ごと)に 心咽(こころむ)せつつ (なみた)(なが)

       每見吾妹子 愛妻手植梅木者 今昔甚欷歔 心中嗚咽情紊亂 不覺淚流涕泣下

      大伴旅人 0453


0454 天平三年辛未秋七月,大納言大伴卿薨之時歌六首 【六首第一。】

     愛八師 榮之君乃 伊座勢婆 昨日毛今日毛 吾乎召麻之乎

     ()しきやし (さか)えし(きみ)の (いま)しせば 昨日(きのふ)今日(けふ)も ()()さましを

       嗚呼哀憐哉 榮盛吾君大伴卿 汝今若在者 昨日今日當召吾 可惜徒待無蒙喚

      余明軍 0454


0455 【承前,六首第二。】

     如是耳 有家類物乎 芽子花 咲而有哉跡 問之君波母

     如是(かく)のみに (あり)ける(もの)を 萩花(はぎのはな) ()きてありやと ()ひし(きみ)はも

       猝然如是耳 與物遷化去九泉 憶君常相問 故里萩花咲矣哉 何以君兮忽物故

      余明軍 0455


0456 【承前,六首第三。】

     君爾戀 痛毛為便奈美 蘆鶴之 哭耳所泣 朝夕四天

     (きみ)()ひ (いた)術無(すべな)み 葦鶴(あしたづ)の ()のみし()かゆ 朝夕(あさよひ)にして

       戀君慕不止 其情甚切斷無方 唯猶葦鶴之 啼泣哭號徒唏噓 朝夕如斯無絕時

      余明軍 0456


0457 【承前,六首第四。】

     遠長 將仕物常 念有之 君師不座者 心神毛奈思

     遠長(とほなが)く (つか)へむ(もの)と (おも)へりし (きみ)()さねば 心利(こころど)()

       吾願仕遠長 奉侍不止至永末 豈知世無常 君今故去不復在 吾心消沉意晦暗

      余明軍 0457


0458 【承前,六首第五。】

     若子乃 匍匐多毛登保里 朝夕 哭耳曾吾泣 君無二四天

     若子(みどりこ)の 匍迴(はひたもとほ)り 朝夕(あさよひ)に ()のみそ()()く 君無(きみな)しにして

       吾今猶赤子 匍匐周迴這伏地 朝夕終日間 啼號哭泣流涕淚 全因君不復在世

      余明軍 0458

         右五首,資人余明軍不勝犬馬之慕,心中感緒作歌。



0459 【承前,六首第六。】

     見禮杼不飽 伊座之君我 黃葉乃 移伊去者 悲喪有香

     ()れど()かず い(まし)(きみ)が 黃葉(もみちば)の 移行(うつろひゆ)けば (かな)しくもあるか

       百見不曾厭 人憐人愛汝命矣 今猶黃葉落 俄遷褪色衰移去 豈有悲慟勝卿喪

      聖武天皇 0459

         右一首,敕內禮正縣犬養宿禰人上,使檢護卿病。而醫藥無驗,逝水不留。因斯悲慟,即作此歌。



0460 七年乙亥,大伴坂上郎女悲嘆尼理願死去作歌一首 【并短歌。】

     栲角乃 新羅國從 人事乎 吉跡所聞而 問放流 親族兄弟 無國爾 渡來座而 大皇之 敷座國爾 內日指 京思美彌爾 里家者 佐波爾雖在 何方爾 念雞目鴨 都禮毛奈吉 佐保乃山邊爾 哭兒成 慕來座而 布細乃 宅乎毛造 荒玉乃 年緒長久 住乍 座之物乎 生者 死云事爾 不免 物爾之有者 憑有之 人乃盡 草枕 客有間爾 佐保河乎 朝河渡 春日野乎 背向爾見乍 足冰木乃 山邊乎指而 晚闇跡 隱益去禮 將言為便 將為須敝不知爾 徘徊 直獨而 白細之 衣袖不干 嘆乍 吾泣淚 有間山 雲居輕引 雨爾零寸八

     栲綱(たくづの)の 新羅國(しらきのくに)ゆ 人言(ひとごと)を ()しと()かして 問放(とひさ)くる 親族兄弟(うがらはらがら) 無國(なきくに)に 渡來(わたりき)まして 大君(おほきみ)の 敷坐國(しきますくに)に 內日注(うちひさ)す 都繁(みやこしみ)みに 里家(さといへ)は (さは)()れども 何方(いかさま)に (おも)ひけめ(かも) 由緣(つれ)()き 佐保山邊(さほのやまへ)に 泣子如(なくこな)す 慕來(したひき)まして 敷栲(しきたへ)の (いへ)をも(つく)り (あらた)まの 年緒長(としのをなが)く 住居(すまひ)つつ (いま)しし(もの)を ()ける(ひと) ()ぬと云事(いふこと)に (まぬか)れぬ (もの)にしあれば (たの)めりし 人悉(ひとのことごと) 草枕(くさまくら) (たび)なる(あひだ)に 佐保川(さほがは)を 朝川渡(あさかはわた)り 春日野(かすがの)を 背向(そがひ)()つつ 足引(あしひき)の 山邊(やまへ)()して 夕闇(ゆふやみ)と 隱坐(かくりま)しぬれ ()はむ(すべ) 為術知(せむすべし)らに 徘徊(たもとほ)り 唯一人(ただひとり)して 白栲(しろたへ)の 衣袖干(ころもでほ)さず (なげ)きつつ ()泣淚(なくなみた) 有間山(ありまやま) 雲居棚引(くもゐたなび)き (あめ)()りきや

       栲綱皎如月 新羅國中聞人言 傳有住吉國 在海之東秋津洲 雖無可倡言 親族兄弟所居國 仍慕其聖土 渡來此間定長居 八隅治天下 吾皇大君敷作國 內日注照臨 都城京師寔盛繁 鄉里居家者 絡繹興榮多在矣 然以何所思 又以何所念由哉 漠然無由緣 大和佐保山之邊 泣子之所如 慕來此地為棲所 安居敷栲兮 燕居生家造營而 經年歲且改 年緒久長歷歲月 住居為常住 生根落地尼理願 然有生之人 必隨世間無常理 一死莫可避 終將身歿無遯處 故於所憑賴 石川命婦大伴家 諸人悉草枕 羈旅異鄉不在間 晨曦朝時發 朝渡橫越佐保川 背向遠眺望 居彼凝視春日野 足引勢險峻 指其山邊直行去 紛入夕闇中 隱坐圓寂離憂世 不知如何述 不知何術當應為 匍匐復徘徊 形隻影單獨一人 身著白栲衣 喪服淚濕無乾時 悲歎復哀歎 吾之泣淚蓋何如 有間山頂上 化作烏雲棚引居 更化陰雨降滂沱

      坂上郎女 0460


0461 反歌 【承前。】

     留不得 壽爾之在者 敷細乃 家從者出而 雲隱去寸

     留得(とどめえ)ぬ (いのち)にし()れば 敷栲(しきたへ)の (いへ)ゆは()でて 雲隱(くもがく)りにき

       留之不可得 壽命天注人難勝 安居敷栲兮 自家出而遁雲隱 徑往泉路赴常世

      坂上郎女 0461

         右,新羅國尼,名曰理願也。遠感王德,歸化聖朝。於時,寄住大納言大將軍大伴卿家既,既逕數紀焉。惟以天平七年乙亥,忽沈運病,既趣泉界。於是,大家石川命婦,依餌藥事,徃有間溫泉而不會此喪。但郎女獨留,葬送屍柩既訖。仍作此歌,贈入溫泉。



0462 十一年己卯夏六月,大伴宿禰家持悲傷亡妾作歌一首

     從今者 秋風寒 將吹焉 如何獨 長夜乎將宿

     (いま)よりは 秋風寒(あきかぜさむ)く ()きなむを 如何(いか)にか(ひとり) 長夜(ながきよ)()

       從今而後者 秋風蕭瑟沁骨寒 寒風更將拂 如何孤居獨宿寢 隻身強耐秋夜長

      大伴家持 0462


0463 弟大伴宿禰書持即和歌一首 【承前。】

     長夜乎 獨哉將宿跡 君之云者 過去人之 所念久爾

     長夜(ながきよ)を (ひとり)()むと (きみ)()へば ()ぎにし(ひと)の (おも)ほゆらくに

       秋夜愁漫長 隻身孤寢渡長夜 君言如此者 吾亦念及過去人 追憶點點更惆悵

      大伴書持 0463


0464 又家持,見砌上瞿麥(なでしこ)花作歌一首

     秋去者 見乍思跡 妹之殖之 屋前乃石竹 開家流香聞

     秋去(あきさ)らば ()つつ(しの)へと (いも)()ゑし 宿(やど)撫子(なでしこ) ()きにけるかも

       汝云逢秋至 請睹其物偲妾身 吾妹之手植 庭間瞿麥撫子花 妍華始開咲宿中

      大伴家持 0464


0465 移朔而後,悲嘆秋風家持作歌一首

     虛蟬之 代者無常跡 知物乎 秋風寒 思努妣都流可聞

     空蟬(うつせみ)の ()常無(つねな)しと ()(もの)を 秋風寒(あきかぜさむ)み (しの)びつるかも

       空蟬憂世矣 世間虛渺總無常 吾雖知其理 然以秋風刺骨寒 仍偲亡妾憶生時

      大伴書持 0465


0466 又家持作歌一首 【并短歌。】

     吾屋前爾 花曾咲有 其乎見杼 情毛不行 愛八師 妹之有世婆 水鴨成 二人雙居 手折而毛 令見麻思物乎 打蟬乃 借有身在者 露霜乃 消去之如久 足日木乃 山道乎指而 入日成 隱去可婆 曾許念爾 胸己所痛 言毛不得 名付毛不知 跡無 世間爾有者 將為須辨毛奈思

     ()宿(やど)に (はな)()きたる ()()れど (こころ)()かず ()しきやし (いも)(あり)せば 水鴨如(みかもな)す 二人並居(ふたりならびゐ) 手折(たを)りても ()益物(ましもの)を 空蟬(うつせみ)の ()れる身成(みな)れば 露霜(つゆしも)の ()ぬるが(ごと)く 足引(あしひき)の 山道(やまぢ)()して 入日如(いりひな)す (かく)りにしかば 其處思(そこおも)ふに (むね)こそ(いた)き ()ひも()ず 名付(なづ)けも()らず (あと)()き 世中成(よのなかな)れば 為術(せむすべ)()

       吾宿前庭間 百花爭艷咲繁開 雖見妍花咲 方寸不樂情不行 愛也甚憐兮 吾妹子兮若在者 如水鴨鴛鴦 二人並居相倚偎 手折取其花 觀見賞翫豈不善 然以空蟬兮 須臾假身無常故 其猶霧霜之 消散無影之所如 足曳勢險峻 指向山道去不返 沒日之所如 隱匿幽居不復見 每念其處者 吾胸紊亂方寸痛 不知何所言 不知當何所名狀 此既虛渺兮 無跡空蟬憂世中 無術可施更無驗

      大伴家持 0466


0467 反歌 【承前,反歌第一。】

     時者霜 何時毛將有乎 情哀 伊去吾妹可 若子乎置而

     (とき)はしも 何時(いつ)もあらむを 心痛(こころいた)く い()我妹(わぎも)か 稚子(みどりこ)()きて

       天命殛時者 有朝一日不為晚 情哀心慟兮 吾妹倉促去幽界 留置赤子在此世

      大伴家持 0467


0468 【承前,反歌第二。】

     出行 道知末世波 豫 妹乎將留 塞毛置末思乎

     ()でて()く 道知(みちし)らませば (あらかじ)め (いも)(とど)めむ (せき)()(まし)

       若知向他界 出行幽顯之道者 泉津平坂上 豫置塞職留吾妹 不令玉殞辭現世

      大伴家持 0468


0469 【承前,反歌第三。】

     妹之見師 屋前爾花咲 時者經去 吾泣淚 未干爾

     (いも)()し 宿(やど)花咲(はなさ)き (とき)()ぬ ()()(なみた) (いま)干無(ひな)くに

       妹妾之所見 吾宿庭前花再咲 日經時移早 然吾心念囚舊日 泣淚未干猶昨今

      大伴家持 0469


0470 悲緒未息,更作歌五首

     如是耳 有家留物乎 妹毛吾毛 如千歲 憑有來

     如是(かく)のみに (あり)ける(もの)を (いも)(あれ)も 千年(ちとせ)(ごと)く (たの)みたりけり

       猝然如是耳 與物遷化去九泉 妹妾與吾人 相憑祈壽如千年 何奈世事不如願

      大伴家持 0470


0471 【承前,其二。】

     離家 伊麻須吾妹乎 停不得 山隱都禮 情神毛奈思

     家離(いへざか)り (いま)我妹(わぎも)を 留兼(とどめか)ね 山隱(やまかく)しつれ 心利(こころど)()

       離家赴泉路 身入鬼籍吾妹矣 留之不可得 隱之山間令永眠 吾心消沉意晦暗

      大伴家持 0471


0472 【承前,其三。】

     世間之 常如此耳跡 可都知跡 痛情者 不忍都毛

     世間(よのなか)し 常如此(つねかく)のみと 且知(かつし)れど 痛心(いたきこころ)は 忍兼(しのびかね)つも

       世事總無常 雖知世理常如此 理不能勝情 痛心難忍情難耐 悲緒難息每傷懷

      大伴家持 0472


0473 【承前,其四。】

     佐保山爾 多奈引霞 每見 妹乎思出 不泣日者無

     佐保山(さほやま)に 棚引霞(たなびくかすみ) ()(ごと)に (いも)思出(おもひで) ()かぬ()()

       每見佐保山 頂上煙霞棚引者 觸景更生情 憶及吾妹葬時煙 無日不泣袖不乾

      大伴家持 0473


0474 【承前,其五。】

     昔許曾 外爾毛見之加 吾妹子之 奧槨常念者 波之吉佐寶山

     (むかし)こそ (よそ)にも()しか 我妹子(わぎもこ)が 奧津城(おくつき)(おも)へば ()しき佐保山(さほやま)

       昔見彼處者 以為餘所無由緣 今思吾妹之 永居長住奧津城 佐保山兮令人憐

      大伴家持 0474


0475 十六年甲申春二月,安積皇子薨之時,內舍人大伴宿禰家持作歌六首

     挂卷母 綾爾恐之 言卷毛 齋忌志伎可物 吾王 御子乃命 萬代爾 食賜麻思 大日本 久邇乃京者 打靡 春去奴禮婆 山邊爾波 花咲乎為里 河湍爾波 年魚小狹走 彌日異 榮時爾 逆言之 狂言登加聞 白細爾 舍人裝束而 和豆香山 御輿立之而 久堅乃 天所知奴禮 展轉 埿打雖泣 將為須便毛奈思

     掛幕(かけま)くも (あや)(かしこ)し ()はまくも 忌忌(ゆゆ)しき(かも) ()大君(おほきみ) 皇子尊(みこのみこと) 萬代(よろづよ)に 食賜(めしたま)はまし 大日本(おほやまと) 久邇都(くにのみやこ)は 打靡(うちなび)く 春去(はるさ)りぬれば 山邊(やまへ)には 花咲覆(はなさきをを)り 川瀨(かはせ)には 鮎子(あゆこ)(ばし)り 彌日異(いやひけ)に (さか)ゆる(とき)に 逆言(およづれ)の 狂言(たはこと)とかも 白栲(しろたへ)に 舍人裝(とねりよそ)ひて 和束山(わづかやま) 御輿立(みこした)たして 久方(ひさかた)の 天知(あめし)らしぬれ 輾轉(こいまろ)び 漬泣(ひづちな)けども 為術(せむすべ)()

       僭述掛尊諱 忌懼誠惶復誠恐 冒言申斯事 此誠忌忌如履冰 吾主吾大君 安積親王皇子尊 本當治萬代 食賜國中御六合 蜻蛉大日本 久邇之都恭仁京 打靡隨風撓 佐保姬神春至者 顧見群山邊 百花爭艷覆野間 顧見川瀨畔 小鮎蹦走飛且跳 日新彌月異 盛極一世榮華時 惑眾逆言乎 抑或譫妄狂言乎 白栲荒素服 舍人服喪襲白裝 和束山之間 乘坐御輿向山奧 遙遙久方兮 高天之上治幽世 吾聞人言此 輾轉漬泣近毀滅 唯嘆萬事驗無方

      大伴家持 0475


0476 反歌 【承前,其二,反歌第一。】

     吾王 天所知牟登 不思者 於保爾曾見谿流 和豆香蘇麻山

     ()大君(おほきみ) 天知(あめし)らさむと (おも)はねば (おほ)にそ()ける 和束杣山(わづかそまやま)

       誰知吾大君 竟昇高天治幽世 嗚呼哀哉矣 以為無緣瞥而過 凡見和束杣山矣

      大伴家持 0476


0477 【承前,其三,反歌第二。】

     足檜木乃 山左倍光 咲花乃 散去如寸 吾王香聞

     足引(あしひき)の (やま)さへ(ひか)り 咲花(さくはな)の ()りぬる(ごと)き ()大君哉(おほきみかも)

       足曳勢險峻 高山亦受其輝光 咲花之所如 盛開須臾又散去 天妒吾王大君哉

      大伴家持 0477

         右三首,二月三日作歌。



0478 【承前,其四,次歌。】

     挂卷毛 文爾恐之 吾王 皇子之命 物乃負能 八十伴男乎 召集聚 率比賜比 朝獦爾 鹿豬踐起 暮獦爾 鶉雉履立 大御馬之 口抑駐 御心乎 見為明米之 活道山 木立之繁爾 咲花毛 移爾家里 世間者 如此耳奈良之 大夫之 心振起 劍刀 腰爾取佩 梓弓 靭取負而 天地與 彌遠長爾 萬代爾 如此毛欲得跡 憑有之 皇子乃御門乃 五月蠅成 驟驂舍人者 白栲爾 服取著而 常有之 咲比振麻比 彌日異 更經見者 悲呂可聞

     掛幕(かけま)くも (あや)(かきこ)し ()大君(おほきみ) 皇子尊(みこのみこと) 文武百官(もののふ)の 八十伴男(やそとものを)を 召集(めしつど)へ 率賜(あどもひたま)ひ 朝狩(あさがり)に 鹿豬踏起(ししふみおこ)し 夕狩(ゆふがり)に 鶉雉踏立(とりふみた)て 大御馬(おほみま)の 口抑止(くちおさへと)め 御心(みこころ)を 見明(めしあき)らめし 活道山(いくぢやま) 木立(こだち)(しげ)に 咲花(さくはな)も (うつ)ろひにけり 世中(よのなか)は 如此(かく)見慣(みなら)し 大夫(ますらを)の 心振起(こころふりおこ)し 劍太刀(つるぎたち) (こし)取佩(とりは)き 梓弓(あづさゆみ) 靫取負(ゆきとりお)ひて 天地(あめつち)と 彌遠長(いやとほなが)に 萬代(よろづよ)に 如此(かく)しもがもと (たよ)めりし 皇子御門(みこのみかど)の 五月蠅為(さばへな)す (さわ)舍人(とねり)は 白栲(しろたへ)に 衣取著(ころもとりき)て 常有(つねなり)し ()振舞(ふるまひ) 彌日異(いやひけ)に (かは)らふ()れば (かな)しきろ(かも)

       僭述掛尊諱 忌懼誠惶復誠恐 吾主吾大君 安積親王皇子尊 召集八十氏 文武百官八十緒 諸氏益荒男 引領率賜出巡狩 朝獵眾勢踏 鹿豬驚起紛流竄 夕獵行伍踏 鶉雉驚愕振翅飛 驪駒大御馬 手執驚綱抑其行 眺望觀絕景 御心見明情舒坦 然彼活道山 叢木繁茂今已枯 過往咲花者 今亦零落謝散矣 世間本無常 如此虛無儚飄渺 威武勇壯士 振奮心思立其志 手執劍太刀 取佩腰間不離身 又執梓弓兮 身負箭靫嚴陣待 如此侍奉而 祈與天地彌遠長 直至萬代後 諸人心冀願如此 思賴憑此願 然顧皇子今宮闕 喧如五月蠅 騷囂舍人今何如 白栲荒素服 舍人服喪襲白裝 過往無絕日 歡笑振舞不復見 日復一日變 今者顰眉展憂愁 觀夫此景可悲哉

      大伴家持 0478


0479 反歌 【承前,其五,次歌反歌第一。】

     波之吉可聞 皇子之命乃 安里我欲比 見之活道乃 路波荒爾雞里

     ()しき(かも) 皇子尊(みこのみこと)の 蟻通(ありがよ)ひ ()しし活道(いくぢ)の (みち)()れにけり

       嗚呼哀憐哉 安積親王皇子尊 昔彼蟻通之 頻繁往來見活道 其路今頹化荒漫

      大伴家持 0479


0480 【承前,其六,次歌反歌第二。】

     大伴之 名負靭帶而 萬代爾 憑之心 何所可將寄

     大伴(おほとも)の ()()靫帶(ゆきお)びて 萬代(よろづよ)に (たの)みし(こころ) 何所(いづく)()せむ

       其負大伴氏 遠祖天靫負部名 負靫冀腰間 萬代憑賴赤心者 今後當寄何所歟

      大伴家持 0480

         右三首,三月廿四日作歌。



0481 悲傷死妻高橋朝臣作歌一首 【并短歌。】

     白細之 袖指可倍弖 靡寐 吾黑髮乃 真白髮爾 成極 新世爾 共將有跡 玉緒乃 不絕射妹跡 結而石 事者不果 思有之 心者不遂 白妙之 手本矣別 丹杵火爾之 家從裳出而 綠兒乃 哭乎毛置而 朝霧 髣髴為乍 山代乃 相樂山乃 山際 徃過奴禮婆 將云為便 將為便不知 吾妹子跡 左宿之妻屋爾 朝庭 出立偲 夕爾波 入居嘆會 腋挾 兒乃泣每 雄自毛能 負見抱見 朝鳥之 啼耳哭管 雖戀 效矣無跡 辭不問 物爾波在跡 吾妹子之 入爾之山乎 因鹿跡敘念

     白栲(しろたへ)の 袖指交(そでさしか)へて 靡寢(なびきね)し ()黑髮(くろかみ)の 真白髮(ましらか)に (なり)なむ(きは)み 新代(あらたよ)に (とも)()らむと 玉緒(たまのを)の ()えじい(いも)と (むす)びてし (こと)()たさず (おも)へりし (こころ)()げず 白栲(しろたへ)の (たもと)(わか)れ (にき)びにし (いへ)ゆも()でて 稚子(みどりこ)の ()くをも()きて 朝霧(あさぎり)の 髣髴(おほ)(なり)つつ 山背(やましろ)の 相樂山(さがらかやま)の 山際(やまのま)に 行過(ゆきす)ぎぬれば ()はむ(すべ) 為術知(せむすべし)らに 我妹子(わぎもこ)と 小寢(さね)妻屋(つまや)に (あした)には 出立偲(いでたちしの)ひ (ゆふへ)には 入居嘆(いりゐなげ)かひ 脇挾(わきばさ)む 子泣(このな)(ごと)に (をとこ)(もの) ()ひみ(むだ)きみ 朝鳥(あさとり)の ()のみ()きつつ ()ふれども (しるし)()みと 言問(ことと)はぬ (もの)には()れど 我妹子(わぎもこ)が ()りにし(やま)を (よすか)とぞ(おも)

       白妙敷栲兮 衣袖相交腕相纏 靡寐共安寢 直至烏濡吾黑髮 一朝化白頭 終成真白髮之際 相偎亦相依 願能與共至新世 魂絲玉緒矣 魂牽夢縈無以絕 與妻相結而 孰知契言不得果 相思相愛情 彼心不遂皆徒然 白妙敷栲兮 袂別離兮相永隔 久棲慣柔兮 長生之家出不返 年幼稚子之 哭泣哀啼置不顧 虛渺猶朝霧 身形髣髴漸消散 山城山背國 相樂山之山際間 遁隱不復歸 行過他界逝無蹤 欲言之無方 欲為無術百技窮 於吾妻妹子 共褥相寢妻屋間 日出朝晨時 出戶立偲憶往昔 日沒夕暮時 入居哀嘆悲噓唏 脇挾失恃兒 每逢子泣號哭時 吾雖為男子 背負抱持慰吾兒 曦晨朝鳥兮 發聲哀鳴號啼泣 慕戀雖不止 盡皆空虛悉無驗 雖為辭不問 不言不語之物矣 以吾妻妹子 入隱消逝此山者 以為緣物寄慕思

      高橋 0481


0482 反歌 【承前,反歌第一。】

     打背見乃 世之事爾在者 外爾見之 山矣耶今者 因香跡思波牟

     空蟬(うつせみ)の 世事(よのこと)なれば (よそ)()し (やま)をや(いま)は (よすか)(おも)はむ

       浮生空蟬兮 世間無常攝理矣 昔以無由緣 餘所之山今視之 思作寄情緣物也

      高橋 0482


0483 【承前,反歌第二。】

     朝鳥之 啼耳鳴六 吾妹子爾 今亦更 逢因矣無

     朝鳥(あさとり)の ()のみや()かむ 我妹子(わぎもこ)に 今亦更(いままたさら)に 逢由(あふよし)()

       曦晨朝鳥兮 發聲哭號啼不止 亡妻吾妹子 雖欲與子相偕老 只恨今更無逢由

      高橋 0483

         右三首,七月廿日高橋朝臣作歌也。名字未審。但云,奉膳之男子焉。



真字萬葉集 卷第三 雜歌、譬喻歌、挽歌 終