古今和歌集   卷第一 春歌 上

0001 舊年(ふるとし)春立(はるた)ちける日詠(ひよ)める
0002 春立(はるた)ちける日詠(ひよ)める
0003 題知(だいし)らず
0004 二條后(にでうのきさき)(はる)(はじ)めの御歌(おほむうた)
0005 題知(だいし)らず
0006 (ゆき)()()()かれるを()める
0007 題知(だいし)らず
0008 二條后(にでうのきさき)春宮(とうぐう)御息所(みやすどころ)()こえける(とき)正月三日御前(むつきのはるか)()して、(おほ)言有(ごとあ)(あひだ)に、()()りながら(ゆき)(あたま)()()かりけるを()ませ(たま)ひける
0009 (ゆき)()りけるを()める
0010 (はる)(はじ)めに()める
0011 (はる)(はじ)めの(うた)
0012 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0013 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた) 【○承前。】
0014 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた) 【○承前。】
0015 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた) 【○承前。】
0016 題知(だいし)らず
0017 題知(だいし)らず
0018 題知(だいし)らず
0019 題知(だいし)らず
0020 題知(だいし)らず
0021 仁和帝(にんなのみかど)親王(みこ)におましましける(とき)に、()若菜貺(わかなたま)ひける御歌(おほんうた)
0022 歌奉(うたてまつ)れ、と(おほ)せられし(とき)()みて(たてまつ)れる
0023 題知(だいし)らず
0024 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0025 歌奉(うたてまつ)れ、と(おほ)せられし(とき)()みて(たてまつ)れる
0026 歌奉(うたてまつ)れ、と(おほ)せられし(とき)()みて(たてまつ)れる 【○承前。】
0027 西大寺(にしのおほてら)(ほとり)(やぎ)()める
0028 題知(だいし)らず
0029 題知(だいし)らず
0030 (かり)(こゑ)()きて、(こし)(まか)りにける(ひと)(おも)ひて()める
0031 歸雁(かへるかり)()める
0032 題知(だいし)らず
0033 題知(だいし)らず
0034 題知(だいし)らず
0035 題知(だいし)らず
0036 梅花(むめのはな)()りて()める
0037 題知(だいし)らず
0038 梅花(むめのはな)()りて(ひと)(おく)りける
0039 暗部山(くらぶやま)にて()める
0040 月夜(つきよ)に、梅花(むめのはな)()りてと、(ひと)()ひければ、()るとて()める
0041 春夜(はるのよ)梅花(むめのはな)()める
0042 初瀨(はつせ)(まう)づる(ごと)宿(やど)りける(ひと)(いへ)に、(ひさ)しく宿(やど)らで、程經(ひどへ)(のち)(いた)れりければ、()(いへ)(あるじ)()(さだ)()なむ宿(やど)りは()る、と()()だして(はべり)ければ、其處(そこ)()てりける梅花(むめのはな)()りて()める
0043 水畔(みづのほとり)梅花咲(むめのはなさ)けりけるを()める
0044 水畔(みづのほとり)梅花咲(むめのはなさ)けりけるを()める
0045 (いへ)()りける梅花(むめのはな)()りけるを()める
0046 寬平御時后宮(くわんにやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあはせ)(うた)
0047 寬平御時后宮(くわんにやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあはせ)(うた)
0048 題知(だいし)らず
0049 (ひと)(いへ)()ゑたりける(さくら)の、花咲(はなさ)(はじ)めたりけるを()()める
0050 題知(だいし)らず
0051 題知(だいし)らず
0052 染殿后(そめどののきさき)御前(おまへ)に、花瓶(はながめ)櫻花(さくらのはな)(ささ)(たま)へるを()()める
0053 渚院(なぎさのゐん)にて(さくら)()()める
0054 題知(だいし)らず
0055 山櫻(やまのさくら)()()める
0056 花盛(はなざか)りに、(きやう)見遣(みや)りて()める
0057 櫻花(さくらのはな)(もと)にて、(とし)()いぬる(こと)(なげ)きて()める
0058 ()れる(さくら)()める
0059 歌奉(うたたてまつ)れ、と(おほ)せられし(とき)に、()みて(たてまつ)れる
0060 寬平御時后宮(くわんにやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあはせ)(うた)
0061 彌生(やよひ)閏月有(うるふづきあ)りける年詠(としよ)みける
0062 櫻花(さくらのはな)(さか)りに、(ひさ)しく()はざりける(ひと)()たりける(とき)()みける
0063 (かへ)
0064 題知(だいし)らず
0065 題知(だいし)らず
0066 題知(だいし)らず
0067 櫻花(さくらのはな)()けりけるを()に、()うできたりける(ひと) に、()みて(おく)りける
0068 亭子院歌合(ていじゐんのうたあはせ)(とき)()める


古今和歌集 卷一 春歌 上 終