古今和歌集   卷第三 夏歌

0135 題知(だいし)らず
0136 卯月(うづき)()ける(さくら)()()める
0137 題知(だいし)らず
0138 題知(だいし)らず
0139 題知(だいし)らず
0140 題知(だいし)らず
0141 題知(だいし)らず
0142 音羽山(おとはやま)()えける(とき)に、郭公(ほととぎす)()くを()きて()める
0143 郭公(ほととぎす)(はじ)めて()きけるを()きて()める
0144 奈良石上寺(ならのいそのかみでら)にて郭公(ほととぎす)()くを()める
0145 題知(だいし)らず
0146 題知(だいし)らず
0147 題知(だいし)らず
0148 題知(だいし)らず
0149 題知(だいし)らず
0150 題知(だいし)らず
0151 題知(だいし)らず
0152 題知(だいし)らず
0153 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0154 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0155 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0156 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0157 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0158 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0159 題知(だいし)らず
0160 郭公(ほととぎす)()くを()きて()める
0161 侍所(さぶらひ)にて、殿上人(をのこども)酒賜(さけたう)べけるに、()して:「郭公待(ほととぎすま)歌詠(うたよ)め。」と()りければ()める
0162 (やま)郭公(ほととぎす)()きけるを()きて()める
0163 (はや)()みける(ところ)にて、時鳥(ほととぎす)()きけるを()きて()める
0164 郭公(ほととぎす)()きけるを()きて()める
0165 (はちす)(つゆ)()()める
0166 (つき)面白(おもしろ)かりける(よる)曉方(あかつきがた)()める
0167 (となり)より、常夏(とこなつ)(はな)()ひに()こせたりければ、()しみて此歌(このうた)()みて(つか)はしける
0168 水無月(みなつき)晦日詠(つごもりのひよめる)める


古今和歌集 卷三 夏歌 終