古今和歌集   卷第二 春歌 下

0069 題知(だいし)らず
0070 題知(だいし)らず
0071 題知(だいし)らず
0072 題知(だいし)らず
0073 題知(だいし)らず
0074 僧正遍昭(そうじやうへんぜう)()みて(おく)りける
0075 雲林院(うりんゐん)にて、櫻花(さくらのはな)()りけるを()()める
0076 櫻花(さくらのはな)()(はべり)けるを()()みける
0077 雲林院(うりむゐん)にて櫻花(さくらのはな)()める
0078 ()()れりける(ひと)(まう)()て、(かへ)りにける(のち)に、()みて(はな)()して(つか)はしける
0079 山櫻(やまのさくら)()()める
0080 心地損(ここちそこ)なひて(わづら)ひける時に、(かぜ)(あた)らじとて、(おろ)()めてのみ(はべ)りける(あひだ)に、()れる(さくら)()(がた)になれりけるを()()める
0081 春宮雅院(とうぐうがゐん)にて、櫻花(さくらのはな)御溝水(みかはみづ)()りて(なが)れけるを()()める
0082 櫻花(さくらのはな)()りけるを()みける
0083 (さくら)(ごと)、とく()(もの)()し、と(ひと)()ひければ() める
0084 櫻花(さくらのはな)()るを()める
0085 春宮帶刀(とうぐうのたちはき)(ぢん)にて、櫻花(さくらのはな)()るを()める
0086 (さくら)()るを()める
0087 比叡(ひえ)(のぼ)りて、(かへ)(まう)できて()める
0088 題知(だいし)らず
0089 亭子院歌合(ていじゐんのうたあはせ)(うた)
0090 奈良帝(ならのみかど)御歌(おほんうた)
0091 春歌(はるのうた)とて()める
0092 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0093 題知(だいし)らず
0094 春歌(はるのうた)とて()める
0095 雲林院親王(うりむゐんのみこ)(もと)に、花見はなみ北山(きたやま)(ほとり)(まか)れりける時に()める
0096 春歌(はるのうた)とて()める
0097 題知(だいし)らず
0098 題知(だいし)らず
0099 題知(だいし)らず
0100 題知(だいし)らず
0101 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0102 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0103 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0104 (うつ)ろへる(はな)()()める
0105 題知(だいし)らず
0106 題知(だいし)らず
0107 題知(だいし)らず
0108 仁和中將御息所(にんなのちゅうじゃう)(いへ)歌合(うたあは)せむとて、しける(とき)()みける
0109 (うぐひす)()くを()める
0110 (うぐひす)花木(はなのき)にて()くを()める
0111 題知(だいし)らず
0112 題知(だいし)らず
0113 題知(だいし)らず
0114 仁和中將御息所(にんなのちゅうじゃう)(いへ)歌合(うたあは)せむとしける(とき)()める
0115 志賀山越(しがのやまご)えに(をうな)(おほ)(あへ)りけるに、()みて(つか)はしける
0116 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0117 山寺(やまでら)(まう)でたりけるに()める
0118 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0119 志賀(しが)より(かへ)りける女共(をうなども)の、花山(くわざん)()りて藤花(ふぢのはな)(もと)立寄(たちよ)りて、(かへ)りけるに()みて(おく)りける
0120 (いへ)藤花(ふぢのはな)()けりけるを、(ひと)()()まりて()けるを()める
0121 題知(だいし)らず
0122 題知(だいし)らず
0123 題知(だいし)らず
0124 吉野河畔(よしのがはのほとり)山吹(やまぶき)()けりけるを()める
0125 題知(だいし)らず
0126 春歌(はるのうた)とて()める
0127 (はる)()()ぐるを()める
0128 彌生(やよひ)(うぐひす)(こゑ)(ひさ)しう()こえざりけるを()める
0129 彌生(やよひ)晦方(つごもりがた)に、(やま)()えけるに、山河(やまがは)より(はな)(なが)れけるを()める
0130 (はる)()しみて()める
0131 寬平御時后宮(くわんぴやうのおほんとききさいのみや)歌合(うたあわせ)(うた)
0132 彌生(やよひ)晦日(つごもりのひ)花摘(はなつ)みより(かへ)りける女共(をうな)()()める
0133 彌生(やよひ)晦日(つごもりのひ)(あめ)()りけるに、藤花(ふぢのはな)()りて(ひと)(つか)はしける
0134 亭子院歌合(ていじゐんのうたあはせ)(うた)


古今和歌集 卷二 春歌 下 終