八雲立出雲國風土記 總記


出雲國地圖
出雲國面東為首,西南為尾。故依後天八卦論之:國之大體,首震尾坤。


八束水臣津野命像


長濱神社
祀國引坐八束水臣津野命。


三瓶山、園之長濱、稻佐濱
出雲讓國與國引神話之舞台。傳聞八束水臣津野命所以國引之綱即薗之長濱,固國之杭即三瓶山是也。

一、總記

 國之大體おほきかたちはじめをはり坤。
 東南山,西北つけり海。東西ひのたて一百卅七里一十九步,南北ひのよこ一百八十三里一百九十三步。

     一百あし
     七十三さと卅二步。
     得而難可あやまり【○此三行十五字,蓋後人註記矣,蓋以傳寫誤,紛入本文。】

 おきな,細思枝葉ことのすゑ,裁定詞源ことのもと。亦,山野濱浦之ところ,鳥獸之すみか魚貝海菜うをかひうみつもたぐひまことに繁多,悉不陳のべず。然不獲えざる止,ほぼ梗慨おほむね,以成記趣しるすこころ
 所以なづく出雲者,八束水臣津野命やつかみづおみづののみことのりたまひ:「八雲立やくもたつ!」詔之。かれ云八雲立出雲いづも

 合,神社かみつやしろ,參佰玖拾玖ところ
  壹佰捌拾肆所。【在神祇官かみつかさ。】
  貳佰壹拾伍所。不在あらず神祇官。】

 玖郡。さと陸拾貳,こざと一百八十一。】餘戶あまりべ肆,驛家うまや陸,神戶かむべ漆。【里一十一。】
 意宇郡おうのこほり。鄉壹拾壹,【里卅三。】餘戶壹,驛家參,神戶參。【里六。】
 嶋根しまね郡。鄉捌,【里廿四。】餘戶壹,驛家壹。
 秋鹿あいか郡。鄉肆,【里一十二。】神戶壹。【里一。】
 楯縫たてぬひ郡。鄉肆,【里一十二。】餘戶壹,神戶壹。【里一。】
 出雲いづも郡。鄉捌,【里廿三。】神戶壹。【里二。】
 神門かむど郡。鄉捌。【里廿二。】餘戶壹,驛家貳,神戶壹。【里一。】
 飯石いひし郡。鄉漆。【里一十九。】
 仁多にた郡。鄉肆。【里一十二。】
 大原おほはら郡。鄉捌。【里廿四。】
 右くだむ鄉字者,依靈龜りゃうき元年しき,改里為鄉。其鄉名字者,被神龜三年民部省たみのつかさ口宣くせむ改之。

八雲立出雲國風土記 意宇郡

一、意宇略記

 意宇郡おうのこほり
 合鄉壹拾壹,こざと卅三。】餘戶壹,驛家參,神戶參。【里六。】
 母理鄉もりのさと本字もとのじ文理。
 屋代やしろ鄉。今依さき用。
 楯縫たてぬひ鄉。今より前用。
 安來やすき鄉。今依前もちゐる
 山國やまぐに鄉。今依前用。
 飯梨いひなし鄉。本字云成うんせい
 舍人とね鄉。今依前用。
 大草おほくさ鄉。今依前用。
 山代やましろ鄉。今依前用。
 拜志はやし鄉。本字はやし
 宍道ししぢ鄉。今依前用。以上かみ壹拾壹鄉ごと里參。】

 餘戶里あまりべのさと
 野城のぎ驛家。
 黑田くろだ驛家。
 宍道驛家うまや
 出雲神戶かむべ
 賀茂かも神戶。
 忌部いむべ神戶。


出雲國意宇郡地圖
八束水臣津野命曳國訖而於意宇社地衝杖雄詰:「意惠!」故名。


意宇六社 真名井神社


意宇六社 真名井神社 狛犬
熊野大社、八重垣神社、揖夜神社、神魂神社、真名井神社、六所神社,與出雲國造家關係甚密。『出雲神社巡拜記』揖夜神社條:「爰有意宇六社,此其一也。六社者,當社及熊野大社、大庭神魂社、山代伊弉諾社、佐草八重垣、大草六所神社是也。巡拜之人,以其社格別,宜一一留心禮拜。」


八束水臣津野命 國引神話
初國小所,此云其祖神造國之時。


自稻佐濱望佐比賣山
彼岸中央,佐比賣山,繫綱之杭也。薗之長濱乃國引綱也,東起鳥取弓之濱半島,西迄稻佐濱。浪穗沫白,猶白綱之繫佐比賣山,引國之說遂起。作栲衾,新羅地方之枕詞。志羅紀,古朝鮮東南之國。霜黑葛,因霜寒而枯黑之葛。去豆,小津町,有許豆神社。折絕,山鞍部稜線接地處。杵築御埼,日御碕。佐比賣山,三瓶山。北門,日本海側之港口。佐伎、良波,隱岐島。多久折絕,八束郡鹿島町講武谷,有多久神社。狹田,佐太。宇波折絕,意宇郡手角至美保關北浦之山地。闇見國,意宇郡手角町至鹿島町東。高志,北陸地方。都都之三埼,能登半島。三穗,美保。夜見嶋,弓濱半島。伯耆之火神岳,鳥取大山。北門或云越後,或云隱岐。


阿太加夜神社 國引碑

二、國引神話

 所以ゆゑ意宇おう者,國引坐くにひきましし八束水臣津野命やつかみづおみづのみこと詔:「八雲立出雲國やくもたついづものくに者,狹布さぬの稚國わかくに在哉。初國はつくに小所作,故將作縫つくりぬ!」のりたまひ而:「栲衾たくぶすま志羅紀しらき三埼みさき矣,國之あまり有耶見者,國之餘有。」詔而童女胸鉏をとめのむなすき所取而,【○童女胸鉏,平鋤之謂也。】大魚おふを支太衝別而,【○大魚之支太きだ衝別者,捕魚時,以鉾狙其鰓而突刺之狀。此云,如斯鉤鋤其土。】旗芒屠波多須須支穗振別而,【○穗振,此云ほふり。波多須須支穗振別はたすすきほふりわけ者,撕裂之狀也。】三身之綱みつみのつな打挂而,霜黑葛しもつづら【○闇耶,此云くるや。霜黑葛闇耶闇耶くるやくるや者,引霜黑葛綱而牽之。】河船之緩緩毛曾呂毛曾呂【○毛曾呂もそろ,舟船緩慢行進之狀。】國來くにこ!國來!」引來ひきき縫國者,自去豆こづ折絕をりたえ而,八穗やほ杵築支豆支御埼みさき【八穗爾支豆支にきづき,即「八百やほ杵築きづき」,以大量之土杵擣固地也。】
 以此而,堅立かためたてし加志者,【○加志かし,此云かし,杭也,所用以繫舟者矣。】石見國いはみのくに與出雲國之さかひ有,名佐比賣山さひめやま是也。亦持引綱者,薗之長濱そののながはま是也。

 亦,「北門きたど佐伎さき之國矣,國之餘有耶ありや見者,國之餘有!」詔而,童女胸鋤所取而,大魚之支太衝別つきわけ而,旗芒屠波多須須支穗振別而,三身之綱打挂うちかけ而,霜黑葛河船かはふね緩緩毛曾呂毛曾呂,「國來!國來!」引來ぬへる國者,自多久たく折絕而,狹田さだ之國是也これなり

 亦,「北門良波はら之國矣,國之餘有耶見者みれば,國之餘有!」詔而,童女胸鋤所取而,大魚之支太衝別而,旗芒屠波多須須支穗振別而,三身之綱打挂而,霜黑葛牽耶闇や牽耶闇や,河船之緩緩毛曾呂毛曾呂,「國來!國來!」引來縫國者,自宇波未詳折絕而,【○宇波,未詳。按本居宣長說,蓋手染たすみ之訛也。】闇見國くらみのくに是也。

 亦,「高志こし都都つう三埼みさき矣,國之餘有耶見者,國之餘有!」詔而,童女胸鋤所取而,大魚之支太衝別而,旗芒屠波多須須支穗振別而,三身之綱打挂而,霜黑葛耶爾,河船之緩緩毛曾呂毛曾呂,「國來!國來!」引來縫國者,三穗之埼みほのさき
 持引綱,夜見嶋よみのしま固堅立かためたてし加志者,有伯耆ははき火神岳ひのかみだけ是也。

 「今者,國者引訖ひきおへつ。」詔而,意宇社おうのもり御杖みつゑ衝立而,「意惠おゑ【○意惠おゑ,感嘆辭。】詔。故云意宇。所謂いはゆる意宇社者,郡家東北邊ひむがしきたのへ田中在をか是也。めぐり八步ばかり,其上有おほばこ茂。○或本作有一以茂、有木以しげれり,疑誤。

三、鄉里驛家

 母理鄉もりのさと郡家こほりのみやけ東南卅九さと一百九十あし。所造天下あめのした大神大穴持命おほなもちのみこと越八口こしのやくち平賜ことむけたまひ而還坐時,來坐長江山ながえやま而詔:「我造坐つくりましうしはく國者,皇御孫命すめみまのみこと平世やすくに所知依奉よせまつらむ。但八雲立出雲國者,我靜坐しづまります國。青垣山あをがきやま迴賜めぐらしたまひ而,珍玉うづのみたま置賜おきたまひもらむ。」詔。故云文理もり神龜じんき三年,あらたむ字母理。文理もり,守也。所造天下あめのしたつくりましし大神,大國主命。
 屋代やしろ。郡家正東まひむがし卅九里一百廿步。天乃夫比命あめのふひのみこと御伴天降來あまくだりこし社伊支やしろのいき等之遠神とほつかみ天津子命あまつこのみこと詔:「吾靜將坐おもふ社。」詔。故云やしろ【○天乃夫比命,天菩比神あめのほひのかみ。】
 楯縫たてぬひ。郡家東北卅二里一百八十步。布都怒志命ふつぬしのみこと天石楯あめのいはたてなほし給之。かれ云楯縫。【○布都怒志,經津主神ふつぬしのかみ。天石楯今傳嵩神社境內。】
 安來やすき。郡家東北廿七里一百八十步。神須佐乃袁命かみすさのをのみこと天壁あめのかき立迴坐之。爾時そのとき,來坐此處而詔:「吾御心者,安平成やすけくなりぬ。」詔。故云安來也。
  すなはち北海きたのうみ毘賣埼ひめさき飛鳥淨御原宮あすかきよみはらのみや御宇あめのしたしろしめしし天皇天武御世みよ甲戌きのえいぬ年七月十三日語臣かたりのおみ豬麻呂ゐまろ女子むすめ逍遙もとほりあそび件埼,邂逅たまさか和爾【○和爾わに,鱷鮫也。或云ふか。】所賊不皈そこなはえてかへざりき【○所賊,遭殺害。】爾時,父豬麻呂,所賊女子,斂置をさめおき濱上,大發苦憤いきどほりさけびをどり地,行さまよひなげき,晝夜辛苦たしなみ,無避斂所をさめしところ
  作是之間かくするあひだ,經歷數日あまたひ。然後,興慷慨志ねたみのこころ,磨ほこえらび便處居,即撎訴をろがみうるたへ云:「天神あまつかみ千五百萬,地祗くにつかみ千五百萬,并當國このくに靜坐三百九十九社,及海若わたつみ等,大神おほみかみ和魂にぎみたましづまり而,荒魂あらみたま皆悉みなふつく依給豬麻呂之所こひのむまこと神靈みたま坐者,吾所傷給そこなはせたまへ【○此祈荒神附身,以殺鱷鮫。】以此知神靈之所神かみたる者!」
  爾時,有須臾しまらく而,和爾百餘,靜圍繞かくみ和爾おもふる依來よりき,從於居下をるもと,不進不退,なほ圍繞のみ。爾時,舉ほこさし中央まなか和爾殺捕ころしとるをへぬ。然後,百餘和爾解散あらけき殺割さけ者,女子之一脛かたはぎ屠出はふりいでき。仍和爾者,殺割而挂くし,立路之垂みちのほとり也。【安來鄉人,語臣あたふ之父也。自爾時以來,至于今日,經六十歲むそとせ。】
 山國やまくに。郡家東南ひむがしみなみ卅二里二百卅步。布都努志命ふつぬしのみこと國迴坐くにめぐりましし時,來坐此處而詔:「是くに者,不止やまず欲見。」詔。故云山國也。即有正倉みやけ
 飯梨いひなし。郡家東南卅二里。大國魂命おほくにたまのみこと天降坐時,當此處而御膳食みいひしし給。故云飯成いひなし【神龜三年,改飯梨。】
 舍人とね。郡家正東廿六里。志貴嶋宮しきしまのみや御宇天皇欽明御世,倉舍人君くらのとねりのきみ等之祖日置臣志毗へきのおみしび大舍人おほとね供奉之。即是志毗之所居すめるところ。故云舍人。すなはち有正倉。
 大草おほくさ。郡家南西みなみにし二里一百廿步。須佐乎命すさのをのみこと御子青幡佐久佐丁壯命あをはたのさくさひこのみこと坐。故云大草。
 山代やましろ。郡家西北にしきた三里一百廿步。所造天下大神大穴持命御子山代日子命やましろひこのみこと坐。故云山代也。即有正倉。
 拜志はやし。郡家正西まにし廿一里二百一十步。所造天下大神命大國主,將平越八口こしのやくち為而いでましし時,此處樹林茂盛はやしさかり。爾時詔:「吾御心みこころ波夜志。」詔。故云はやし【神龜三年,改字拜志。○越八口,蓋八岐大蛇やまたのをろち乎。○波夜志はやし,林也。昂揚榮盛之狀。即有正倉みやけ
 宍道ししぢ。郡家正西卅七里。所造天下大神命大國主追給豬像おひたまへるゐのかた,南山有二。【一ながさつゑ七尺,たかさ一丈,めぐり五丈七さか。一長二丈五尺,高八尺,周四丈一尺。】追豬いぬ像,【長一丈,高四尺,周一丈九尺。】かたち為石,無異ことなることなし豬犬,至今猶在なほあり。故云宍道。
 餘戶里。郡家正東六里二百六十步。【依神龜四年編戶へむこ,立一里。故云餘戶。他郡亦如之かくのごとし。】

 野城驛のぎのうまや。郡家正東廿里八十あし野城大神のぎのおほかみ坐,故云野城。
 黑田くろだ。郡家同處おなじところ。郡家西北二里,有黑田村。土體つちのさま色黑,故云黑田。もと此處有是驛,即號曰黑田驛。今東つけり郡。今猶,おふ舊黑田耳。
 宍道うまや。郡家正西卅八里。とく名如鄉。】


出雲大社 大國主 結緣之御神像
大穴持命,即大穴牟遲神,或稱大己貴、大汝命,大國主命。長江山,出雲、伯耆之境,今永江山。


天穗日命
天乃夫比命,或云天菩比神、天之菩卑能命、天穗日命,出雲國造千家氏遠祖。記紀云其受命交涉讓國,而媚於大國主,不覆命。讓國之際,高皇產靈尊允建天日隅宮,以天穗日命祀大國主。出雲國造神賀詞,則云其附奏出雲國仍荒,遣子天夷鳥命,副布都怒志命天降,平定葦原中國。


素戔嗚尊、稻田姬命復原壁畫
神須佐乃袁命,須佐之男、素戔嗚尊也。毘賣埼,今安來町東北,中海砥神島之對岸。海若即海神,莊子云:「望洋向若。」釋:「若,海神。」


八岐大蛇
越之八口,蓋記紀八岐大蛇之原型。古事記:「高志之八俣遠呂智。【高志,こし,越也。遠呂智,おろち,大蛇也。】 」無論地緣、姿形,皆似八岐大蛇。又蛇之古語くちはな。蝮之古語くちばみ,並以口寓蛇之例。愛奴語口、頭音近。此外亦有八國、八ッ口,【地名,在新瀉縣岩船郡關川村。】及谷口等說。


神魂神社
按社傳,天穗日命天降於茲以創建。出雲國造家更迭之祭,參向該社,行神火相續式、古傳新嘗祭。今日現存最古大社造建築。

出雲國一宮 意宇六社 熊野大社
加武呂乃命,即素戔嗚尊,亦名熊野牛王、家津美御子大神、加夫呂伎熊野大神櫛御氣野命、須佐之男命。此社號日本火出初之社。


葛城高鴨神社
鴨,賀茂也。祭神阿遲鋤高日子命,大國主命、奧津宮多紀理毘賣命之子。同神神戶在意宇郡者,即賀茂神戶。


忌部神戶邊 神湯 玉造溫泉
傳少彥名命所創,源自宍道湖南岸玉湯川上游。


意宇六社 揖夜神社 伊布夜社
祭神伊弉冉尊,或云言屋社、伊布夜社、揖屋神社。與其近郊之黃泉比良坂關係匪淺。


意宇六社 八重垣神社 佐久佐社
祭神素盞嗚尊、櫛稻田姬,及青幡佐久佐日古命。初創於大原郡須賀須我社,後遷佐草佐久佐社境內。相對於一般大社造入口偏右之設計,本殿入口居中,堪稱例外。

四、神戶社寺

 出雲神戶かむべ。郡家南西二里廿步。伊奘奈枳愛子いざなぎ乃麻奈こ熊野くまの加武呂命かむろ乃みこと【○麻奈子まなこ,真名子,即愛子也。加武呂かむろ,祝詞作神漏かむろ,祖神也。此指伊奘諾尊いざなぎのみこと愛子素盞嗚尊すさのをのみこと是也。】五百鉏鉏いほ津すきすき猶所取取而,所造天下大穴持命,二所ふたところ大神等依奉よさしたてまつる。故云神戶。【他郡等神戶,また如之。○該處民戶奉伊弉諾尊子素盞嗚尊、手執眾鉏造天下大國主命二神,故名。
 賀茂かも神戶。郡家東南卅四里。所造天下大神命之御子阿遲鋤高日子命あぢすきたかひこのみこと,坐葛城賀茂社かづらきのかものやしろ。此神之神戶,故云かも【神龜三年,改字賀茂。】即有正倉。
 忌部神戶。郡家正西廿一里二百六十步。國造くにのみやつこ神吉詞かむよごとまをし參向まゐむかふ朝廷みかど時,御沐ゆかはあみ忌里いみさと。故云忌部いむべ
 即川邊出湯いでゆ。出湯所在,兼海陸うみくがよりて,男女老少おいたるもわかきも,或道路みち駱驛つらなり,或海中沿そひ洲,ひび集成いち繽紛燕樂まがひてうたげす。一すすけば形容端正かたちきらきらし,再ゆあみ萬病よろづのやまひ悉除ことごとくにいゆ自古いにしへより至今いまにいたるまで,無不得しるし。故,俗人くにびと神湯かみのゆ也。

 教昊寺けうかうじ。有山國鄉中,郡家正東廿五里一百廿步。建立五層之塔いつこしのたふ也。【在ほふし。】教昊僧之所造也。散位とね大初位下だいそゐのしも上腹首押豬うへはらのおびとおしゐ祖父おほぢ也。】
 新造ゐん一所。山代鄉中,郡家西北四里二百步。建立嚴堂ごんだう也。【無僧。】日置君目烈へきのきみまれ之所造。【出雲神戶日置君鹿麻呂しかもろ之父。】
 新造院一所。有山代鄉中,郡家西北二里。建立教堂けふだう【住僧一軀ひとはしら。】飯石郡少領すけのみやつこ出雲臣弟山いづものおみおとやま之所造也。
 新造院一所。有山國鄉中,郡家東南廿一里百廿步。建立たつ三層之塔也。山國鄉人日置部根緒へきべのねを之所造也。【○下段計六十七所,『延喜式えんぎしき神名帳じんみゃうちゃう』所載社名。】

     熊野大社くまのおほやしろ 夜麻佐社やまさのやしろ 賣豆貴社めつきのやしろ 賀豆比乃社かつひのやしろ 由貴社ゆきのやしろ
     加豆比乃高社かつひのたかやしろ 都俾志呂社つへしろのやしろ 玉作湯社たまつくりゆのやしろ 野城社のぎのやしろ 伊布夜社いふやのやしろ
     支麻知社きまちのやしろ 夜麻佐社やまさのやしろ 野城社のぎのやしろ 久多美社くたみのやしろ 佐久多社さくたのやしろ
     多乃毛社たのものやしろ 須多社すたのやしろ 真名井社まなゐのやしろ 布辨社ふべのやしろ 斯保彌社しほみのやしろ
     意陀支社おだきのやしろ 市原社いちはらのやしろ 久米社くめのやしろ 布吾彌社ふごみのやしろ 宍道社ししぢのやしろ
     野代社のしろのやしろ 賣布社めふのやしろ 狹井社さゐのやしろ おなじき狹井高守社さゐのたかもりのやしろ 宇流布社うるふのやしろ
     伊布夜社いふやのやしろ 由宇社ゆうのやしろ 布自奈社ふじなのやしろ おなじき布自奈社ふじなのやしろ 野代社のしろのやしろ
     佐久多社さくたのやしろ 意陀支社おだきのやしろ 前社さきのやしろ 田中社たなかのやしろ 詔門社のりとのやしろ
     楯井社たてゐのやしろ 速玉社はやたまのやしろ 石坂社いはさかのやしろ 佐久佐社さくさのやしろ 多加比社たかひのやしろ
     山代社やましろのやしろ 調屋社つきやのやしろ 同社おなじきやしろ 以上かみ卌八ところならびに神祗官かみつかさ。】

     宇由比社うゆひのやしろ 支布佐社きふさのやしろ 毛禰乃上社もみのかみつやしろ 那富乃夜社なほのやのやしろ 支布佐社きふさのやしろ
     國原社くにはらのやしろ 田村社たむらのやしろ 市穗社いちほのやしろ おなじき市穗社いちほのやしろ 伊布夜社いふやのやしろ
     阿太加夜社あだかやのやしろ 須多下社すたのしもつやしろ 河原社かはらのやしろ 布宇社ふうのやしろ 末那為社まなゐのやしろ
     加和羅社かわらのやしろ 笠柄社かさがらのやしろ 志多備社したびのやしろ 食師社みけしのやしろ 【以上一十九所,並不在あらず神祗官。】

五、山川河海

 長江山ながえやま。郡家東南五十里。【有水精みづとるたま○水晶也。『和名抄』:「水玉。一名月珠,水精也。」
 暑垣山あつがきやま。郡家正東廿里八十あし【有とぶひ。】
 高野山たかのやま。郡家正東一十九里。
 熊野山くまのやま。郡家正南まみなみ一十八里。【有ひのきまゆみ也。所謂熊野大神くまののおほかみ之社坐。】
 久多美山くたみやま。郡家西南にしみなみ廿三里。【有やしろ。】
 玉作山たまつくりやま。郡家西南卅二里。【有社。】
 神名樋野かむなびの。郡家西北三里一百廿九步。高八十つゑめぐり六里卅二步。【東有まつ三方みつのかた並有。】

     凡諸山野やまの所在草木くさき麥門冬やますげ獨活つちたら石斛いはぐすり前胡のぜり高梁薑かはねぐさ連翹いたちぐさ黃精あまな百部根ふとづら貫眾おにわらび白朮をけら署預やまついも苦參くらら細辛みらのねぐさ商陸いをすぎ藁本さはそらし玄參おしぐさ五味子さねかづら黃芩ひひらぎ葛根くずのね牡丹ふかみぐさ藍漆やまあさわらびふぢすもも、檜、【字或作。】すぎ【字或作しゃう。】赤桐あかぎり白桐あをぎりくすしひ海榴つばき【字或作椿ちん。】楊梅やまももまつかへ【字或作。】きはだつき
     禽獸とりけもの,則有わし晨風はやぶさもじ或作じゅん。】山雞やまどりはとうづらひばり【字或作離黃りわう。】鵄鴞づく【作橫致わうち惡鳥あしきとり也。】くまおほかみしし鹿しかうさぎきつね飛鼯むささび【字或作𤢹るゐ、作ふく。】獼猴さるやから。至しげく,全不可題之しるす

 伯太川はたがはみなもと仁多にた意宇おう二郡堺葛野山かづのやま上,流經母理、楯縫、安來三鄉。入入海いりうみ【有年魚あゆ伊久比○年魚,あゆ也。伊久比いぐひうぐい也。
 山國川やまくにがは。源出郡家東南卅八里枯見山うらみやま,北流入伯太川。
 飯梨河いひなしがは。源有三,一水ひとつ源出仁多、大原、意宇三郡堺田原たはら,一水源出枯見,一水源出仁多郡玉嶺山たまみねやま。】みづ合,北流いる入海。【有年魚、伊具比。】
 筑陽川つきやがは。源出郡家正東一十里一百步荻山をぎやま,北流入入海。【有年魚。】
 意宇河おうがは。源出郡家正南一十八里熊野山,北流入入海。【有年魚、伊具比。】
 野代川のしろがは。源出郡家西南一十八里須我山すがやま,北流入入海。
 玉作川たまつくりがは。源出郡家正西一十九里□志山あしやま○脫漏,按『參究』,據方角考之則葦山あしやま乎。蓋脫阿字。】北流入入海。【有年魚あゆ。】
 來待川きまちがは。源出郡家正西廿八里和奈佐山わなさやま,西流至山田村やまだむら,更をれ北流入入海。【有年魚。】
 宍道川ししぢがは。源出郡家正西卅八里幡屋山はたややま,北流入入海。【無いを。】

 津間拔池つまぬきのいけ。周二里卌步。【有たかべかも魪蔘せり。】
 真名豬池まなゐのいけ。周二里。
 北,入海いりうみ
 門江濱かどえのはま伯耆はばき與出雲二國さかひ。自東ゆく西。】
 粟嶋あはしま【有しひ、松、多年木あはぎ宇竹おほたけ真前まさきかづら。】
 砥神嶋とがみしま。周三里一百八十步,高六十丈。【有椎、松、みらのねぐさ薺頭蒿おはぎ都波つは師太しだ等草木也。】
 加茂嶋かもしま【既いそ。】
 子嶋こじますでに礒。】
 羽嶋はしま【有椿つばき比佐木、多年木、わらび、都波、薺頭蒿。】
 鹽楯嶋しほたてしま【有蔘螺子にし永蔘ながたで。】
 野代海のしろのうみ中,蚊嶋かしま。周六十步。中央涅土くろつち四方よも並礒。【中央有手鞠許たつかばかり一株ひともと耳。其礒有,有螺子しただみ海松みる○野代海,宍道湖也。蚊島かしま,字源嫁島かしま。涅,黑也。『說文解字』:「涅,黑土くろつち在水中者也。」

 自茲以西濱,或峻崛さかし,或平土たひら,並是通道かよひぢ所經よれる也。


高野山 京羅木山


熊野山 天狗山
熊野大社舊社地。可自熊野大社上宮之元宮遙拜所望之。


神名樋野 茶臼山
茶臼山可謂出雲之神奈備山,自古為神聖之象徵。山間有山代社、真名井神社、 真名井之瀧。


意宇六社 出雲國總社 六所神社
出雲國府跡,傳佐久佐社比定地之一。正對茶臼山。


意宇河 熊野大社前
源自熊野山,於松江市東端入中海。今稱意宇川,或名出雲鄉川。


入海 宍道湖


宍道菅原梅之木天神
山田村,宍道町來待菅原之古名


鹽楯嶋 手間天神


復原出雲豎穴住居跡


朝酌渡 松江市矢田渡


出雲國府跡

六、道政區劃

 國東くにのひむがし手間剗てまのせき,卅一里一百八十步。
 大原郡おほはらのこほり林垣峰はやしがきのみね,卅二里二百步。
 出雲郡いづものこほり佐雜埼ささふのさき,卅二里卅步。
 嶋根郡しまねのこほり朝酌渡あさくみのわたり,四里二百六十步。

 前件一郡意宇,入海之南,此則國序くにのはじまり也。





郡司ほこりのつかさ 主帳ふみひと  無位         海 臣あまのおみ
無位         出雲いづも
少領すけのみやつこ  從七位上  勳十□等 出雲臣
主政まつりごとひと  外小初位上 勳十□等 林 はやし
擬主政かりのまつりごとひと 無位むゐ         出雲臣


八雲立出雲國風土記 嶋根郡

一、嶋根略記

 嶋根郡しまねのこほり
 あはせて鄉捌,こざと廿四。】餘戶あまりべ壹,驛家うまや壹。
 朝酌あさくみ鄉。今よりて前用。
 山口やまぐち鄉。いま依前用。
 手染たしみ鄉。今依さき用。
 美保みほ鄉。今依前もちゐる
 方結かたえ鄉。今依前用。
 加賀かか鄉。本字加加かか
 生馬いくま鄉。今依前用。
 法吉ほほき鄉。今依前用。以上かみ捌,鄉別さとごと里參。】
 餘戶里。
 千酌ちくみ驛家。
 所以ゆゑ號嶋根郡,國引坐八束水臣津野命之のりたまひ負給おほせたまへる名。かれ云嶋根。


出雲國嶋根郡地圖


出雲國十郡分圖 嶋根郡


國引神話 八束水臣津野命像
所以為嶋根者,依八束水臣津野命詔而負名。然此似無關國引事由。


須佐能袁命 八重垣神社壁畫
即須佐之男命、素戔嗚尊、櫛御氣野命、熊野大神。其子都留支日子命,不見於他處,案神社名列記,布自伎彌神社祭神也。


沼河姬命像
奴奈宜波比賣,沼河姬也。


加賀神埼 潛戶
加賀鄉闇岩屋也。

二、鄉里驛家

 朝酌あさくみ。郡家正南一十里六十四步。熊野大神命櫛御氣野命のり朝御餼あさみけ勘養かむかひ夕御ふゆみけ餼勘養,五贄緒いつつのにへのくみ之處定給。故いふ朝酌。
 山口やまぐち。郡家正南四里二百九十八步。須佐能袁命すさのをのみこと御子都留支日子命つるぎひこのみこと詔:「吾敷坐しきいます山口ところ在。」詔而,かれ山口負給おほせたまひき
 手染たしみ。郡家正東一十里二百六十四步。所造天下大神大國主命詔:「此國者,丁寧たし所造國在。」詔而,故丁寧負給。而今人いまのひといへる手染鄉之耳のみ【○丁寧たしに,たしかに。】すなはち有正倉。
 美保みほ。郡家正東廿七里一百六十四步。所造天下大神大國主命,娶高志こしいます意支都久辰為命おきつくしゐのみこと俾都久辰為命へつくしゐのみこと奴奈宜波比賣命ぬながはひめのみこと而,令うみましし神。御穗須須美命みほすすみのみこと,是神坐矣。故云美保。
 方結かたえ。郡家正東廿里八十步。須佐袁命すさのをのみこと御子國忍別命くにおしわけのみこと詔:「吾敷坐くに者,國形宜くにかたえし者。」故云方結かたえ
 加賀かか。郡家北西廿四里一百六十步。佐太大神さだのおほかみ所生也。御祖みおや神魂命かむむすびのみこと御子支佐加比賣命きさかひめのみこと:「くらき岩屋いはや哉。」詔,金弓かなゆみ射給いたまふ時,光輝明ひかり加加やきぬ也。【○加加明かかやき,輝也。】故云加加かか
 生馬いくま。郡家西北一十六里二百九步。神魂命御子八尋鉾長依日子命やひろほこながよりひこのみこと詔:「吾御子みこ平明やすらけく不憤いくまず。」のりたまひき。故云生馬。【○御子,疑御心みこころ之誤也。】
 法吉ほほき。郡家正西一十四里二百卅步。神魂命御子宇武賀比賣命うむかひめのみこと法吉鳥ほほきどり化而飛度とびわたり靜坐しづまりましき此處。かれ云法吉。
 餘戶里說名なをとくこと如意宇郡。】
 千酌驛ちくみのうまや。郡家東北一十七里一百八十步。伊差奈枳命いざなぎのみこと御子都久豆美命つくつみのみこと,此處あれます。然則可謂いふべき都久豆美,而今人なほ千酌なづくる耳。

三、神社名帳

     布自伎彌社ふじきみのやしろ 多氣社たけのやしろ 久良彌社くらみのやしろ おなじき波夜都武志社はやつむじのやしろ 川上社かはかみのやしろ
     長見社ながみのやしろ 門江社かどえのやしろ 橫田社よこたのやしろ 加賀社かかのやしろ 爾佐社にさのやしろ
     爾佐加志能為社にさかしのゐのやしろ 法吉社ほほきのやしろ 生馬社いくまのやしろ 美保社みほのやしろ 以上かみ一十四所,並あり神祗官。】

     大井社おほゐのやしろ 阿羅波比社あらはひのやしろ 三保社みほのやしろ 多久社たくのやしろ 蜛蝫社たこのやしろ
     同蜛蝫社たこのやしろ 質留比社しちるひのやしろ 方結社かたえのやしろ 玉結社たまえのやしろ 川原社かはらのやしろ
     蟲野社むしののやしろ 持田社もちだのやしろ 加佐奈子社かさなしのやしろ 比加夜社ひかやのやしろ 須義社すぎのやしろ
     伊奈須美社いなすみのやしろ 伊奈阿氣社いなあげのやしろ 御津社みつのやしろ 比津社ひつのやしろ 玖夜社くやのやしろ
     同玖夜社くやのやしろ 田原社たはらのやしろ 生馬社いくまのやしろ 布奈保社ふなほのやしろ 加茂志社かもしのやしろ
     一夜社ひとよのやしろ 小井社をゐのやしろ 加都麻社かつまのやしろ 須衛都久社すゑつくのやしろ 大椅社おほはしのやしろ
     大椅川邊社おほはしのかはべのやしろ 朝酌社あさくみのやしろ 朝酌下社あさくみのしもつやしろ 努那彌社ぬなみのやしろ 椋見社くらみのやしろ 【以上卌五所,並不在神祗官かむつかさならびに五十九所,『延喜式神名帳』社名。


加賀神社 加賀社
『出雲風土記鈔』云窟戶大明神,『雲陽誌』云潛戶大明神。原在加賀潛戶岩窟內,後遷今址。


美保神社 美保社
祀事代主、三穗津姬,風土記云祀御穗須須美命。比翼大社造社殿。


多賀神社 朝酌下社


布自枳美高山 嵩山
諸本傳週一十里,按福部旦實測,訂正為二十里。設烽火台。


小倉山 毛志山 三坂山
左起,小倉山、毛志山、三坂山,今名大城山、澄水山、絲江山也。又女岳山,今和久羅山。虱野,今松江市坂本福原,舊名蝨原。


中海 自枕木山上眺望
大倉山,今稱枕木山。


水草河 朝酌川
今朝酌川。亦有川津川說。


長見神社 長海川北岸
長見川,今長海川。源自大倉山,入中海。大鳥川為其支流。


野浪川 里路川
注入八束郡島根町野波浦,比定川南北各一,未祥孰是。又加賀川,出雲國風土記考証作大芦川,出雲國風土記參究作加賀川。


法吉坡 法吉神社


張田池 半田池


邑美冷水 目無水
今目無水。澶漫,廣大狀。文選注:「寬長貌也。」


前原埼 猿が鼻


蜛蝫嶋 大根島


蜈蚣嶋 江島
大根島東北。昔居蜈蚣,蛸來食。


宇由比濱 美保關町森山宇井


美保濱
美保關町濱。西有美保社。


美保埼 地藏崎
在島根半島東端,今地藏崎。


等等嶋 沖之御前島


質留比浦 七類浦
有質留比社。小嶋,西江灣中島。勝間埼,美保關町片江本鄉西北方之岬,今石窟猶存。


玉結濱 笹子浦
或書佐佐子浦。砂濱可採黑石、貝類,別為黑碁、白碁之材料。


勝間埼 大崎鼻
有海蝕洞。校注出雲國風土記或云北保關町片江之岬,雖亦有海蝕洞然規模不足風土記所述。


衣嶋 菅浦木島
須義濱即今菅浦,衣嶋蓋今木島。中鑿指經削鑿之洞窟。出雲國風土記中如此表記者有三處。


千酌濱 千酌浦


瀨埼戍 瀨埼戍展望台
瀨埼戌乃張望出入隱岐之警備所。


野浪濱 野波濱



加賀神埼 加賀潛戶


加賀潛戶 舊潛戶 賽河原
加賀神埼即潛戶所在之岬,有新舊二潛戶。新潛戶乃佐太大神誕生承傳地,可通船,古有加賀神社鎮座,今遷他處。洞口傳為大神誕生之際,母神以金弓箭射穿而成。舊潛戶入口狹隘,內部廣大,傳為賽河原而有父母為兒女所積之小石。


佐太大神 猿田彥大神
佐太大神,出雲國二宮佐太神社之祭神。蓋猿田彥神之別名。或云佐太乃猿田之元訓,其義或表狹田、或表岬者,未衷一是。

四、山川河海

 布自枳美高山ふじきみのたかやま。郡家正南七里二百一十步。高二百七十丈,めぐり二十里。【有とぶひ。】
 女岳山めだけやま。郡家正南二百卅步。
 蝨野むしの。郡家西南三里一百步。【無樹木。】
 毛志山もしやま。郡家正北一里。
 大倉山おほくらやま。郡家東北九里一百八步。
 絲江山いとえやま。郡家東北廿六里卅步。
 小倉山をくらやま。郡家正東廿四里一百六十步。

     おほよそ諸山所在草木,白朮をけら麥門冬やますげ藍漆やまあさ五味子さねかづら苦參くらら獨活つちたら葛根くずのね署預やまついも卑解ところ狼毒やまさく杜仲はひまゆみ芍藥えびすぐすり柴胡のぜり玄參おしぐさ百部根ふとづら石斛いはぐすり藁本さはそらしふぢすもも赤桐あかぎり白桐あをぎり海柘榴つばきくすのき楊梅やまももまつかへ
     禽獸,すなはちわしもじ或作ちょう。】はやぶさ山雞やまどりはときぎし鹿しかさる飛鼯むささび

 水草河みくさがはみなもと二,【一水源みなもと,出郡家東北三里一百八十步毛志山。ひとつ水源,出郡家西北六里一百六十步おなじき毛志山。】二水あひ,南流入入海いりうみ【有ふな。】
 長見川ながみがは。源出郡家東北九里一百八十步大倉山,東ながる
 大鳥川おほとりがは。源いで郡家東北一十二里一百一十步墓野山はかのやま,南流。二水合。東流入入海。【○所謂二水者,長見川、大鳥川なり。】
 野浪川のなみがは。源出郡家東北廿六里卅步絲江山,西流入大海おほうみ
 加賀川かががは。源出郡家正北廿四里一百六十步小倉山,西流入秋鹿あいか佐太水海さだのみづうみ以上かみ六川,並無魚。少少川ささらがは也。○觀此文,僅有五川。雖『出雲國風土記鈔』於加賀川下有多久川たくのがは,然其餘寫本皆無。蓋記水草河作二川,并亦六川乎。又鈔本云:加賀川,源出郡家正北廿四里一百六十步小倉山,北流入大海。多久川,源出郡家西北廿四里小倉山。西流いる秋鹿郡佐太水海。

 法吉坡ほほきのつつみ。周五里,深七尺ばかり。有鴛鴦をしたかべかもふな須我毛すがも【當夏をりいと美菜うましな須我毛すがも管藻すがも歟。
 前原坡さきはらのつつみ。周二百八十步。有鴛鴦、鳧、鴨どもたぐひ
 張田池はりたのいけ。周一里卅步。
 匏池ひさごのいけ。周一里一百一十步。おふ蔣。】
 美能夜池みのやのいけ。周一里。
 口池くちのいけ。周一里一百八十步。【有まこも、鴛鴦。】
 敷田池しきたのいけ。周一里。【有鴛鴦。】

 南,入海いりうみ【自西ゆく東。】
 朝酌促戶渡あさくみのせとのわたり。東有通道かよひぢ,西在平原はら中央まなか渡。則うへ東西ここかしこ,春秋入出いれいだす大小おほきちさき雜魚くさぐさのうを臨時ときあつまり,筌邊駓騃おどろきはね,風おしつく。或破壞やぶり筌,或裂破さくあみ。於是被捕,大小雜魚,濱藻はまもみち市人いちびと四集よもよりつどひ自然おのづからいちくら矣。【自ここ入東,至于大井濱おほゐのはま之間,南北二濱並捕白魚しろを。水深也ふかし。】
 朝酌渡あさくみのわたり。廣八十步許。自國廳くにのまつりごとどの海邊うみへ道矣。
 大井濱おほゐのはま。則有海鼠海松みる。又造陶器すゑもの也。
 邑美冷水おほみのしみづ【泉也。】東西北山,並嵯峨さか。南海澶漫ひろく,中央かた灠磷磷いづみきよし。男女老少,時時叢集むらがりつどひ,常燕會うたげ地矣。
 前原埼さきはらのさき。東西北並巃嵷さかし,下則有つつみ。周二百八十步,深一丈五尺許。三邊みつのほとり草木,自生きし。鴛鴦、鳧、鴨,隨時ときのまにまに當住。陂之南,海也。即陂與海之あひだ濱,東西長一百步,南北廣六步。ならべる蓊鬱しげり濱鹵なぎさ淵澄しづけくすめり。男女隨時叢會,或愉樂たのしみ歸,或耽遊ふけりかへる。常燕喜うたげ之地矣。

 蜛蝫嶋たこしま。周一十八里一百步,高三丈。古老ふるおきな傳云:「出雲郡杵築きづき御埼みさき蜛蝫たこ天羽合鷲あめのはあひわし掠持とりもち飛來,止于此嶋。故云蜛蝫嶋。今人,猶誤栲嶋たくしま號耳。【○蜛蝫たこたこ章魚たこ是也。】」土地豐沃ゆたけし。西邊松二株ふたもと以外このほかくく薺頭蒿おはぎふふき等之類,生靡おひなびく【即有むまき。】くが三里。
 蜈蚣嶋むかでのしま。周五里一百卅步,高二丈。古老つたへ云:「有蜛蝫嶋蜛蝫たこ,食來蜈蚣むかで止居とどまりをりき此嶋。かれ云蜈蚣嶋。」東邊,神社かむつのやしろ。以外皆悉みなふつくに百姓おほみたから之家。土體つち豐沃ゆたけく,草木扶疏しきもしくは、麻豐富ゆたか。此則所謂島里しまのさと是矣。さる津二里一百步。】即自此嶋,達伯耆國郡內くぬち夜見嶋よみのしま磐石いは二里許,廣六十步許。乘馬猶往來かよふ鹽滿しほみつる時,深二尺五寸許,鹽乾しほひる時者,すでに陸地くが
 和多多嶋わただしま。周三里二百廿步。【有椎、海柘榴つばき白桐あをぎりまつ芋菜いへついも、薺頭蒿、蕗、都波つは、鹿。】去陸,わたり一十步。不知深淺ふかきあさき
 美佐嶋みさしま。周二百六十步,高四丈。【有椎、橿かし、茅、あし、都波、薺頭蒿。】
 戶江剗とのえのせき。郡家正東廿里一百八十步。【非嶋,陸地濱のみ。伯耆國郡內夜見嶋將相向あひむかはむ之間也。】
 栗江埼くりえのさき【相向夜見嶋。促戶渡,二百一十六步。】埼之西,入海堺うみのさかひ也。

      凡南入海所在雜物,入鹿いるか和爾たよし須受枳近志呂海鯽鎮仁、白魚、海鼠、鰝蝦えび、海松等之類,きはまり不可盡つくすべからず名。

 北,大海おほうみ。埼之東,大海堺也。【猶,自西行東。】
 鯉石嶋こひいしじま【生海藻にぎめ。】
 大嶋おほしまいそ。】
 宇由比濱うゆひのはま。廣八十步。【捕志毗魚。】
 盜道濱ぬすみちのはま。廣八十步。【捕志毗魚。】
 澹由比濱たゆひのはま。廣五十步。【捕志毗魚。】
 加努夜濱かぬやのはま。廣六十步。【捕志毗魚。】
 美保濱みほのはま。廣一百六十步。【西有神社美保社,北有百姓おほみたから之家。捕志毗魚。】
 美保埼みほのさき【周壁峙きしたちさかしき定岳やま。】
 等等嶋とどしま【禺禺いたり住。○『漢書』司馬相如傳郭璞注:「禺禺とど,魚。皮有毛,黄地黑文。」『史記』司馬相如傳注:「禺禺者,魚牛也。」『校生手實』:「林賦,禺禺、鰈、魶魶,うを名。」
 上嶋かみしま【礒。】
 久毛等浦くもとのうら。廣一百步。【自東行西。とを船可泊。】
 黑嶋くろしま【生海藻。】
 這田濱はふだのはま。長二百步。
 比佐嶋ひさしま【生紫菜むらさきのり、海藻。】
 長嶋ながしま【生紫菜、海藻。】
 比賣嶋ひめしま【礒。】
 結嶋門ゆひのしまと。周二里卅步,高一十丈。【有松、薺頭蒿、都波。】
 御前小嶋みさきのこじま【礒。】
 質留比浦しちるひのうら。廣二百廿步。【南神社質留比社,北百姓之家。みそち船可泊。】
 久宇嶋くうじま。周一里卅步,高七尺。【有椿つばき、椎、白朮、小竹しの、薺頭蒿、都波、茅。】
 加多比嶋かたひしま【礒。】
 船嶋ふねしま【礒。】
 屋嶋やしま。周二百步,高廿丈。【有椿、松、薺頭蒿。】
 赤嶋あかしま【生海藻。】
 宇氣嶋うけしま【同さき。】
 黑島くろしまおなじ前。】
 粟嶋あはしま。周二百八十步,高一十丈。【有松、芋、茅、都波。】
 玉結濱たまえのはま。廣一百八十步。【有碁石ごいし。邊有唐砥からと。又,有百姓家。】
 小嶋こじま。周二百卌步,高一十丈。【有松、茅、薺頭蒿、都波。】
 方結濱かたえのはま。廣一里八十步。【東西有家。】
 勝間埼かつまのさき。有二いはや【一高一丈五尺,うら周一十八步。一高一丈五尺,裏周廿步。】
 鳩嶋はとしま。周一百廿步,高一十丈。【有都波つはおほばこ。】
 鳥嶋とりしま。周八十二步,高一十五丈。【有鳥栖とりのす。】
 黑嶋くろしま【生紫菜むらさきのり海藻にぎめ。】
 須義濱すぎのはま。廣二百八十步。
 衣嶋きぬしま。周一百廿步,高五丈。中うがち,南北船猶往來かよふ也。
 稻上濱いなあげのはま。廣一百六十二步。【有百姓之いへ。】
 稻積嶋いなづみのしま。周卌八步,高六丈。【有松木まつのき鳥之栖。】中鑿,南北船猶往來也。
 大嶋おほしまいそ。】
 千酌濱ちくみのはま。廣一里六十步。【東有松林まつばやし,南方驛家うまや北方きたのかた百姓之家。郡家東北ひむかしきた一十九里一百卅步。則所謂度隱岐國おきのくに津是矣。】
 加志鳴かししま。周五十六步,高三丈。【有松。】
 赤嶋あかしま。周一百步,高一丈六尺。【有松。】
 蓋浦濱かさうらのはま。廣一百廿步。【有百姓之家。】
 黑嶋くろしま【生紫菜、海藻。】
 龜嶋かめしま【同さき。】
 附嶋つきしま。周二里一十八步,高一丈。【有椿、松、薺頭蒿、茅、葦、都波。其薺頭蒿おほぎ者,正月むつき元日ついたち生,長六。】
 蘇嶋そしまおふ紫菜、海藻。】なか鑿,南北船なほ往來也。
 真屋嶋まやしま。周八十六步,高五丈。【有松。】
 松嶋まつしま。周八十步,高八丈。【有松林。】
 立石嶋たてししま【礒。】
 瀨埼せざき【礒。所謂瀨埼戍せざきのまもり是也これなり。】
 野浪濱のなみのはま。廣一里二百八步。【東邊有神社努那彌社。又有百姓之家。】
 鶴嶋つるしま。周二百一十步,高九丈。【有松。】
 間嶋まじま【生海藻。】
 毛都嶋もつしま【生紫菜、海藻。】
 川來門大濱くきどのおほはま。廣一里百步。【有百姓之家。】
 黑嶋くろしま【有海藻。】
 小黑嶋をぐろしま【生海藻。】
 加賀神埼かかのかむさきすなはちいはや。高一十丈ばかり,周五百二步許。東西北ばかり【所謂佐太大神さだのおほかみ所產生處あれませるどころ也。所產生のぞみ時,弓箭ゆみや亡坐。爾時そのとき御祖みおや神魂命之御子枳佐加比賣命きさかひめのみことねぎ:「吾御子麻須羅神ますらがみ御子坐者,所亡うせし弓箭出來いでこ!」願坐。爾時,角弓箭つののゆみや,隨水流出。爾時,取之のりたまはく:「此者あらぬ弓箭。」詔而,擲廢なげうて給。又,こがね弓箭流出來。即待取之坐而:「闇鬱くらき窟哉。」詔而,射通いとほし坐。即御祖支佐加比賣命きさかひめのみこと社,坐此處。今人いまのひと,是窟ほとり行時,必聲磅礚こゑとどろかし而行。若ひそかに行者,神現而飄風つむじ起,行船ゆくふね者必くつがへる。】
 御嶋みしま。周二百八十步,高一十丈。中通東西。【有椿、松、かへ。】
 葛嶋かづらしま。周一里二百十步,高五丈。【有椿、松、小竹、あし。】
 櫛嶋くししま。周二百卌步,高一十丈。【有松林。】
 許意嶋こおしま。周八十步,高一十丈。【有茅澤ちさは、松林。】
 真嶋ましま。周一百八十步,高一十丈。【有松。】
 比羅嶋ひらしま【生紫菜、海藻。】
 黑嶋くろしま【同さき。】
 名嶋なしま。周一百八十步,高九丈。【有松。】
 赤嶋あかしま生紫菜、海藻。】
 大埼濱おほはしのはま。廣一里一百八十步。【西北有百姓之家。】
 須須比埼すすひのさき【有白朮をけら。】
 御津濱みつのはま。廣二百八步。【有百姓之家。】
 三嶋みしま【生海藻。】
 蟲津濱むしつのはま。廣一百廿步。
 手結埼たえのさき濱邊はまべ【有二檜。】窟。【高一丈,裏周うらのめぐり卅步。】
 手結浦たえのうら。廣卌二步。【船二許可泊はつべし。】
 久宇嶋くうしま。周一百卅步,高七丈。【有松。】

  凡北海きたのうみ所捕雜物くさぐさのもの志毗、朝ふぐ沙魚さめ烏賊いか蜛蝫たこ鮑魚あはびさざえ蛤貝うむきもじ或作蚌菜ぼうさい。】蕀甲蠃うに【字ある石經子せきけいし海膽うに甲蠃かせ蓼螺子にがにし【字或作螺子らし。】螺蠣子かき石華【字或作蠣犬腳れいけんきゃく也,或土曠どくわう犬腳けんきゃく者,也。○宜參本草和名。】白貝おふ、海藻、海松みる、紫菜、凝海菜こるもは等之類,至さは不可盡也。

五、道政區劃

 通意宇郡さかひ朝酌渡,一十里二百廿步之中,うみ八十步。
 秋鹿あいか郡堺佐太橋さだのはし,一十五里八十步。
 通隱岐わたり千酌驛家ちくみのうまやみなと,一十七里一百八十步。





郡司 主帳 無位          出雲おみ
大領おほみやつこ 外しゃう六位下       社部こそべ
少領 從六位上      社部いは
主政 じゅ六位下  くん十□とう  蝮朝臣たぢひのあそみ


佐太橋、佐陀川

佐太神社郊 田仲神社
在佐太宮內,佐太橋西折處。東西二殿,各祀木花咲耶姬、磐長姬。

千酌湊 隱岐渡
千酌濱條,度隱岐國津是矣。


八雲立出雲國風土記 秋鹿郡


出雲國秋鹿郡地圖


秋鹿日女命坐 秋鹿神社
秋鹿日女命,不見於他處。按社傳,為大國主治療火傷之女神也。
一、秋鹿略記

 秋鹿郡あいかのこほり
 あはせさと肆,こさと一十二。】神戶かむべ壹。
 惠曇ゑとも鄉。本字惠伴けいはん
 多太ただ鄉。今依さき用。
 大野おほの鄉。今より前用。
 伊農いぬ鄉。本字伊努いど以上かみ肆,鄉別さとごと里參。】
 神戶かむべ里。

 所以なづくる秋鹿者,郡家こほりのみやけ正北,秋鹿日女命あいかひめのみこと坐。かれ云秋鹿矣。

二、鄉里驛家

 惠曇ゑとも。郡家東北九里卌あし須作能乎命すさのをのみこと御子磐坂日子命いはさかひこのみこと,國巡行めぐりゆき坐時,いたり坐此處而のりたまひ:「此處ここ者,國稚くにわかく美好うるはしく有。國形くにがた,如繪鞆ゑとも哉。吾之宮惠杼毛社者,是處造事つくりつかへ者。」故云惠伴ゑとも神龜じんき三年,改字惠曇。繪鞆ゑとも,音同惠伴、惠曇ゑとも。須作能乎命,素戔嗚尊。磐坂日子命,惠杼毛社ゑどものやしろ祭神,不見於他處。
 多太ただ郡家こほりのみやけ西北五里一百廿步。須佐能乎命素戔嗚尊御子衝桙等乎而留比古命つきほことをよるひこのみこと,國巡行坐時,至まし此處詔:「吾御心みこころ照明正真あかくただしく成。吾者此處しづまり將坐。」詔而靜坐。故云多太。【○正真ただ,音同多太ただ。】
 大野おほの。郡家正西一十里卅步。和加布都努志能命わかふつぬしのみこと御狩みかり為坐時,即鄉西にし山,待人まちひと立給而,追豬犀,北方のぼり之,至阿內谷くまうちだに而,其豬之跡亡失うせぬ。爾時,詔:「自然哉おのづからなるかも。豬之あと亡失。」詔。故云內野うつの。然今人猶あやまり大野號のみ【○亡失うす,古音近うつ,故稱內野うつの若經津主命和加布都努志能命,案出雲郡美談鄉條,大國主之子。依名諱攷之,蓋刀劍之神。與經津主神ふつぬしのかみ為別神。】
 伊農いぬ。郡家正西一十四里二百步。出雲郡伊農鄉坐赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命あかぶすまいぬおほすみひこわけのみこときさき天瓺津日女命あめみかつひめのみこと,國巡行めぐりゆき坐時,至坐此處詔:「伊農はや波夜。」詔。故云伊努。神龜じんき三年,改字伊農いの。】
 神戶里【出雲也。とくごとし意宇郡。】



鞆,弓射時繫於左腕之革製護腕。


美談神社 彌太彌社
按出雲郡美談鄉條,彌太彌社社者,祭神和加布都努志能命。今奉經津主命、息長足姬命、武甕槌命、比女遲命,境內另有和加布都努志神社。
赤衾伊農意保須美比古佐和氣能命,意美豆努命之子,意保須美或作大柱、大洲。天瓺津日女命,或與天御梶日女同神。


出雲二宮 佐太神社 佐太御子社
今佐太神社,昔祭佐太大神御子,今祀佐太大神。


惠曇神社 惠曇海邊社

三、神社名帳

     佐太御子社さだのみこのやしろ 比多社ひたのやしろ 御井社みゐのやしろ 垂水社たるみのやしろ 惠杼毛社ゑどものやしろ
     許曾志社こそしのやしろ 大野津社おほのつのやしろ 宇多貴社うたきのやしろ 大井社おほゐのやしろ 宇智社うちのやしろ 【以上一十ところならびに在神祗官。】

     惠曇海邊社ゑともうみへのやしろ おなじき海邊社うみへのやしろ 奴多之社ぬたしのやしろ 那牟社なむのやしろ 多太社ただのやしろ
     同多太社ただのやしろ 出嶋社でじまのやしろ 阿之牟社あしむのやしろ 田仲社たなかのやしろ 彌多仁社みたにのやしろ
     細見社ほそみのやしろ 下社しものやしろ 伊努社いののやしろ 毛之社もしのやしろ 草野社くさののやしろ
     秋鹿社あいかのやしろ 【以上一十六所,不在あらず神祗官。○上記并廿六所,『延喜氏神名帳』社名也。】

四、山川河海

 神名火山かむなびやま。郡家東北九里卌步。高二百卅つゑ,周一十四里。所謂佐太大神社さだのおほかみのやしろ,即彼山下之ふもと
 足日山たるひやま。郡家正北一里。高一百七十丈,めぐり一十里二百步。
 足高野山あしたかのやま。郡家正西一十里廿步。高一百八十丈,周六里。土體豐沃つちこえ,百姓膏腴ゆたかその矣。無樹林はやし,但上頭みね在樹林。此則神社かみつやしろ也。【○宇智社。やしろもり通。】
 都勢野つせの。郡家正西一十里廿步。高一百一十丈,周五里。無樹林。嶺中みねのなかさは,周五十步。四涯よものきしふぢをぎあし等物叢生むらがりおひ,或叢たち,或ふす水。鴛鴦をし住也。
 今山いまやま。郡家正西一十里廿步。周七里。

     凡もろもろ山野所在あらゆる草木,白朮獨活つちたら女青かばねくさ苦參くらら貝母ははくり牡丹ふかみぐさ連翹いたちぐさ伏令まつほど藍漆やまあさ女委ゑみくさ細辛みらのねぐさ蜀椒ふさはじかみ薯預やまついも白歛やまかがみ芍藥えびすぐすり百部根ふとづら薇蕨わらび薺頭蒿おはぎ、藤、すもも赤桐あかぎり白桐あをぎりしひ椿つばきくす、松、かへつき
     禽獸とりけだもの則有,わし晨風はやぶさ山雞やまどりはときぎし鹿しかうさぎ飛鼺むささびきつね獼猴さる

 佐太河さだがはみなもと二,【東水源みなもと,嶋根郡所謂いはゆる多久川是也これなり。西水源,いづ秋鹿郡渡村わたりのむら。】二水あひ,南流入佐太水海さだのみづうみ。即水海めぐり七里。【有ふな。】水海通入海いりうみみなと長一百五十步,廣一十步。
 山田川やまだがは。源いで郡家西北七里湯火山ゆひやま,南流いる入海。
 多太川ただがは。源出郡家正西まにし一十里足高野山あしたかのやま,南ながれ入入海。
 大野川おほのがは。源出郡家正西一十三里磐門山いはとやま,南流入入海。
 草野川くさのがは。源出郡家正西一十四里大繼山おほつぎやま,南流入入海。
 伊農川いぬがは。源出郡家正西一十六里伊農山いぬやま,南流入入海。【以上七川ななつのかは,並無うを。】

 惠曇陂ゑとものつつみ。周六里。在,鴛鴦、たかべかもふな四邊あたり生,葦、まこもすげ。自養老やうらう元年はじめのとし以往さき荷蕖はちす自然おのづから叢生むれはえ太多はなはだおほかりき。二年以降よりのち,自然亡失うせすべてくき俗人くにびと云:「其底陶器すゑものみかもたひたぐひ多有也。自いにしへ時時人溺死おぼれしにき。不知深淺矣。」
 深田池ふかだのいけ。周二百卅步。【有鴛鴦、鳧、鴨。】
 杜石池もりいしのいけ。周一里二百步。
 峰峙池みねぢのいけ。周一里。
 佐久羅池さくらのいけ。周一里一百步。【有鴛鴦。】
 南,入海宍道湖

     春則在鯔魚なよし須受枳黑鯛鎮仁【○鎮仁ちに,或云知沼ちぬ,黑鯛。】鰝蝦えび等,大小くさぐさ魚。秋則有白鵠くぐひ鴻鴈かり、鳧、鴨ども鳥。

 北,大海おほうみ
 惠曇濱ゑとものはま。廣二里一百八十步。東南並在いへ。西野,北大海日本海。即自うら至于在家いへ之間,四方よも並無石木いはき,猶白沙しろいさごつもれる。大風吹時,其いさご,或隨風雪零ゆきとふり,或したがひ蟻散ありとちり掩覆おほふ桑麻。即有彫鑿ゑりうがてる磐壁いはかべ二所。【一ところ厚三丈,廣一丈,高八尺。一所厚二丈二尺,廣一丈,高一丈。】其中とほる川,北流入大海。【川東,嶋根郡也。西,秋鹿郡內くぬち也。】川口かはのくち至南方田邊たのへ之間,長一百八十步,廣一丈五尺。源者,田水たのみづ也。上文かつのふみ所謂佐太川さだがは西源,是同處おなじきところ矣。凡渡村わたりのむら田水,南北別耳わかるるのみ古老ふるおきな傳云:「嶋根郡大領おほつかさ社部臣訓麻呂こそべのおみくにまろ之祖波蘇はそ等,依稻田いなだっこむ,所彫堀ゑりほれる也。」はじめて浦之西いそいたる楯縫郡堺自毛崎しもさき之間,濱壁峙崖嵬きしたちてさかしくいへども風之靜,往來船ゆききのふね,無由停泊はつるほとり矣。
 白嶋しろしま【生紫苔菜むらさきのり。】
 御嶋みしま。高六丈,周八十步。【有松三もと。】
 都於嶋つおじま【礒。】
 著穗嶋つきほしま【生海藻にぎめ。】

     凡北海所在雜物くさぐさのものふぐ沙魚さめ佐波、烏賊、鮑魚、さざえ貽貝いがいうむき甲蠃かせ螺子しただみ石華蠣子かき、海藻、海松みる紫菜むらさきのり凝海菜こるもは


神名火山 朝日山


足日山 經塚山 國司神社


足高野山 本宮山 內神社
上大野町、大垣町堺本宮山,別名高野山。內神社,即宇智社。


都勢野 十膳山


佐太河


惠曇陂 鹿島町佐陀本鄉
佐陀本鄉水澤,今已埋沒為田園。『尚書』泰誓上陂池傳云「澤障曰陂。」『和名抄』云「陂堤,蓄水曰陂。つつみ。」


大海 日本海
風土記所謂入海者,今宍道湖、中海。所謂入海者,今日本海。


惠曇濱 今惠曇港一代


白嶋 鹿島町男島


御嶋 上大野町魚瀨町女島
都於嶋,女島以西大黑島是也。著穗島,未祥孰是。


佐太水海跡
佐太河條,述其東西二水源合流後,南入佐太水海。今在西濱佐陀町週邊,古時幅員廣大,如今規模驟減,不復從前。 伊農橋,楯縫郡郡界條云伊農川。日本古典文學大系『風土記』「架於伊野川之橋。遺跡在中流野鄉、大畑附近。」秋鹿郡屬下郡,故不置主政。

五、道政區劃

 通嶋根郡堺佐太橋さだのはし,八里二百步。
 通楯縫郡堺伊農橋いぬはし,一十五里一百步。





郡司ほこりのつかさ 主帳ふみひと   從八位しも くん十□等 日下部臣くさかべのおみ
大領   外しゃう八位下 勳十□とう  刑部おさかべ
權任少領かりのすけのみやつこ 從八位じゅはちゐ下        蝮部たぢひべ


八雲立出雲國風土記 楯縫郡

一、楯縫略記

 合,鄉肆,こざと一十二。】餘戶あまりべ壹,神戶壹。
 佐香鄉さかのさと。今依さき用。
 楯縫鄉たてぬひのさと。今依前もちゐる
 玖潭鄉くたみのさと。本字忽美こつび
 沼田鄉ぬたのさと。本字努多どた以上かみ肆,鄉別さとごと里參。】
 餘戶里あまりべのさと
 神戶かむべ里。

 所以ゆゑ號楯縫者,神魂命かむむすびのみこと詔:「五十足天日栖宮いとだるあめのひすみのみや縱橫御量たてよこのみはかり千尋栲紲ちひろのたくなは持而,百八十ももやそむすびに結下むすびさげ而,此天御量あめのみはかり持而,所造天下大神あめのしたつくらししおほかみ之宮造奉つくりたてまつれ。」詔而,御子みこ天御鳥命あめのみとりのみこと楯部たてべ為而,天下給之たまひき爾時そのとき退下まがりくだり來坐而,大神宮御裝みよそひ楯造始給ところ是也これなりよりて至今,楯桙たてほこ造而奉於皇神等すめがみたちかれ云楯縫。


出雲國楯縫郡地圖


出雲國十郡分圖 楯縫郡


造化三神 高皇產靈尊【左】
神魂命詔,引『日本書紀』神代紀第九段一書第二。又引讓國之條。


天石楯 意宇郡楯縫鄉緣起



楯縫鄉
此條言業梨礒有窟。然訓字、所在未詳。窟或在唯浦穴之淵,故業梨者,恐紫菜磯之誤寫乎。

二、鄉里驛家

 佐香さか郡家こほりのみやけ正東四里一百六十あし。佐香河內かふち百八十神ももやそかみ集坐つどひまし御廚みくりや立給而令釀かもさせ酒給之。即百八十日ももやそひ喜燕さかみづ解散あらけ坐。故云佐香。【○喜燕さかみづ即喜宴,酒水漬さかみづく也。解散あらけ,疏離之意。】
 楯縫たてぬひ。即つけり郡家。とくごとし郡。】即北海はま業梨未詳礒在いはや【○業梨礒,意訓、所在不詳。蓋誤寫乎。或云紫菜礒之訛。】たてよこ一丈なから,高廣おのもおのも七尺。うら南壁在あな,口周六さかわたり二尺。人不得えず入,不知遠近とほきちかき
 玖潭くたみ。郡家正西五里二百步。所造天下大神命大國主天御飯田之御倉あめのみいひだのみくら,將造給はやし覔巡行まぎめぐりおはし給。爾時,「凍雨波夜佐雨【○波夜佐雨はやさめ,暴風也。『新撰字鏡』云:「はやさめ,暴風也。はやさあめ波夜佐安女。」『倭姬命世記』云:「速雨はやさめ,二見國。」】玖潭山久多美乃山!」詔給之。故云忽美くたみ神龜じんき三年,改字玖潭くたむ。】
 沼田ぬた。郡家正西八里六十步。宇乃治比古命うのぢひこのみこと:「以濕地爾多水而,御乾飯漬濡に爾多爾食坐。【○爾多にた,溼地也。此謂以溼地水,濡乾飯以奉食。】」詔而,爾多負給之おほせたまひき。然則可謂いふべき爾多鄉,而今人猶云努多ぬた耳。【神龜三年,改字沼田せうでん。】
 餘戶里【說名如意宇郡おうのこほり。】
 神戶里出雲いづも也。說名如意宇郡。○熊野、杵築出雲二大社神戶。

三、神社寺所

 新造ゐん一所。在沼田鄉中,建立嚴堂ごんだう也。郡家正西六里一百六十步。大領おほみやつこ出雲臣大田いづものおみおほた之所造也。

     久多美社くたみのやしろ 多久社たくのやしろ 佐加社さかのやしろ 乃利斯社のりしのやしろ 御津社みつのやしろ
     水社みづのやしろ 宇美社うみのやしろ 許豆社こづのやしろ 同社おなじきやしろ 【以上九所,並在神祗官かむつかさ。】

     許豆乃社こづのやしろ また許豆社 又許豆社 久多美社たくみのやしろ おなじき久多美社
     高守社たかもりのやしろ また高守社 紫菜嶋社のりしまのやしろ 鞆前社ともさきのやしろ 宿努社すくぬのやしろ
     猗田社さきたのやしろ 山口社やまぐちのやしろ 葦原社あしはらのやしろ また葦原社 また葦原社
     峴之社みねのやしろ 阿年知社あねちのやしろ 葦原社あしはらのやしろ 田田社ただのやしろ 【以上一十九ところ,並不在あらず神祗官。○上計廿八所,『延喜式神名帳』社也。


本郡新造院,蓋西西鄉廢寺


多久社 今多久神社。


紫菜嶋社,遷與日御碕神社合祀


神名樋山 大船山
乃佐香、多久川之源,有大船山說、大涉山說。阿豆麻夜山,檜山。見椋山,高野寺山。


烏帽子岩
傳神名樋山頂西側所在石神。


佐香川 鹿園寺川


多久川【左】、宇加川【右】
多久川,今依前用。宇加川,今宇賀川,集高野寺山西南群谷之水,經宇賀、平田入宍道湖。


大海 日本海


能呂志嶋 唯浦海天狗島
能呂志嶋,天狗島。能呂志濱,近唯浦漁港。銍間濱,平田市釜浦。

四、山川河海

 神名樋山なむなびやま。郡家東北六里一百六十步。高一百廿丈五さか,周廿一里一百八十步。いただき西在石神いしがみ。高一丈,周一丈。往側みちのほとり小石神ちさきいしがみ百餘ばかり古老ふるおきな傳云:「阿遲枳高日子命あぢすきたかひこのみこときさき天御梶日女命あめのみかぢひめのみこと,來坐多具村たぐのむら,產給多伎都比古命たきつひこのみこと。爾時,教詔さとしのりたまはく:『汝命ながみこと御祖みおやごとく泣。【此教,如汝御祖而泣之。】おもほさば生,此處宜也ここえし。』所謂いはゆる石神者,即是多伎都比古命湍津彥御託みつきもの。當ひでり乞雨時,必令零ふらしめ也。」
 阿豆麻夜山あづまややま。郡家正北五里卌步。
 見椋山みくらやま。郡家西北七里。

     おほよそ諸山所在草木,蜀椒なるはじかみ藍漆やまあさ麥門冬やますげ伏令まつほど細辛みらのなぐさ白歛やまかがみ杜仲はひまゆみ人參かのにけくさ升麻とりのあしくさ署預やまついも白朮をけらふぢすももかへにれしひ赤桐あかぎり白桐あをぎり海榴つばきくす、松、つき
     禽獸とりけもの則有,わし晨風はやぶさはと山雞やまどり鹿しか、兔、狐、獼猴さる飛鼯むささび

 佐香河さかがは。源いで郡家東北,所謂神名樋山,東南流入入海いりうみ
 多久川たくがは。源出おなじき神名樋山,西南ながれ入入海。
 都字川つじがはみたもと二,【東川源かはのみなもと,出阿豆麻夜山あづまやま。西川源,出見椋山みくらやま。】二水ふたつのみづ合,南流入入海。
 宇加川うかがは。源出おなじき見椋山,南流入入海。
 麻奈加比池まながひのいけ。周一里一十步。
 大東池おほひむがしのいけ。周一里。
 赤市池あけちのいけ。周一里二百步。
 沼田池ぬたのいけ。周一里五十步。
 長田池ながたのいけ。周一里一百步。
 南,入海いりうみ雜物くさぐさのもの等者,如秋鹿郡とける

 北,大海おほうみ
 自毛埼しもさき【秋鹿與楯縫二郡さかひ崔嵬さかひ,松、栢しげれり。時即有晨風也。】
 佐香濱さかのはま。廣五十步。
 己自都濱こしつはま。廣九十二步。
 御津嶋みつのしま【生紫菜むらさきのり。】
 御津濱みつのはま。廣卅八步。
 能呂志嶋のろしのしま【生紫菜。】
 能呂志濱のろしのはま。廣八步。
 銍間濱かままのはま。廣一百步。
 於豆振おづふるひ。長□里二百步,廣一里。【周嵯峨さかし。上有松、いへついも○脫字,或本作二。
 許豆嶋こづのしまおふ紫菜。】
 許豆濱こづのはま。廣一百步。【出雲與楯縫二郡ふたつのこほり之堺。】

     凡北海所在あらゆる雜物,如秋鹿郡說。ただ紫菜者,楯縫郡尤優也いともまされり

五、道政區劃

 かよふ秋鹿郡堺伊農川いぬがは,八里二百六十四步。
 通出雲郡さかひ宇加川,七里一百六十步。






郡司こほりのつかさ 主帳ふみひと 無位むゐ         物部もののべ
  大領おほみやつこ じゅ七位しも くん十□等 出雲おみ
  少領すけのみやつこ 外しゃう六位下 勳十□とう 高善史たかよしのふひと


許豆濱 平田市小津町濱
小津町濱,十六島灣中最深處,為出雲、楯縫二郡交界。
許豆嶋乃其海岸邊之竹島,今以填海而併入新生地。於豆振,或作許豆振,十六島町之岬。


伊農川 伊野川


八雲立出雲國風土記 出雲郡


出雲國出雲郡地圖


出雲國十郡分圖 出雲郡


出雲大社

一、出雲略記

 出雲郡いづものこほり
 あはせさと捌,こざと廿三。】神戶かむべ【里二。】
 健部鄉たけるべのさと。今依前もちゐる
 漆治鄉しつちのさと本字もとのじ志丑治しちうち
 河內鄉かふちのさと。今より前用。
 出雲鄉。今依さき用。
 杵築鄉きづきのさと。本字寸付すんふ
 伊努鄉いぬのさと。本字伊農いのう
 美談鄉みたみのさと。本字三太三さんたさん以上かみ漆,鄉別さとごと里參。】
 宇賀鄉うかのさといまも依前用。こざと二。】
 神戶鄉かむべのさと【里二。】
 所以ゆゑ號出雲者,說名なをとくことくに也。

二、鄉里驛家

 健部たけるべ郡家こほりのみやけ正東一十二里二百廿四あし。先所以號宇夜里うやのさと者,宇夜都辨命うやつべのみこと,其山峰天降あもり坐之。すなはち彼神之社,至今なほ坐此處。【○神代社。宇夜都辨命,不見於他處。】かれ云宇夜里。而後そののちあらため所以號建部者,纏向檜代宮まきむくのひしろのみや御宇あめのしたしろしめしし天皇景行敕:「不忘朕御子みこ倭健命やまとたけるのみこと御名みな。」健部定給さだめたまひき。爾時,神門臣古禰かむどのおみふるね,健部定給。即健部臣たち,自いにしへ至今,猶すまひす此處。故いふ健部。
 漆治しつち。郡家正東まひむかし五里二百七十步。神魂命かむむすびのみこと御子天津枳比佐可美高日子命あまつきひさかみたかひこ御名,【○此神,他處不見。】又云薦枕志都治值こもまくらしつちち之。此神,鄉中さとのなか坐。故云志丑治しつち神龜しんき三年,あらたむ字漆治。○曾伎乃夜社。薦枕志都值しつち漆治之靈しつち哉。即有正倉みやけ
 河內かふち。郡家正南まみなみ一十三里一百步。斐伊大河ひのおほかは,此鄉中北流きたへながれる。故云河內。即有つつみながさ一百七十つゑさか【七十一丈之ひろさ七丈,九十伍丈之廣四丈五尺。○按合計之數有差,或有誤。
 出雲いづも。即つく郡家。【說名如國。】
 杵築きづき。郡家西北にしきた廿八里六十步。八束水臣津野命やつかみづおみづののみこと國引くにひき給之後,所造天下あめのしたつくらしし大神おほかみ之宮將奉つかへまつらむ而,諸皇神等すめがみたち參集まゐりつどひ宮處みやどころ杵築。故云寸付きづき【神龜三年,改字杵築。】
 伊努いぬ。郡家正北八里七十二步。國引坐意美豆努命くにひきまししおみづぬのみこと御子赤衾伊努意保須美比古佐倭氣能命あかぶすまいぬおほすみひこさわけのみこと之社,即います鄉中。故云伊農いぬ【神龜三年,改伊努。】
 美談みたみ。郡家正北九里二百四十步。所造天下大神大國主命御子和加布都努志命わかふつぬしのみこと天地初判あめつちはじめてわかれし之後,天御領田あめのみしろたをさ供奉つかへまつり坐之。即彼神そのかみ坐鄉中。故云三太三みたみ【神龜三年,改字美談びたん三太三みたみ御田見みたみ也。あり正倉。
 宇賀うか。郡家正北まきた一十七里二十五步。所造天下大神命大國主命誂坐つまどひましき神魂命御子綾門日女命あやとひめのみこと。爾時,女神めがみ不肯うべなはず逃隱にげかくり之時,大神伺求給うかかひまぎたまひし所,此則是鄉。故云宇加。【○宇加うか,音與うかがふ同。】即北海はま有礒,名腦礒なづきのいそ。高一丈ばかり。上おふ松,しげり至礒。邑人むらびと朝夕あさよひ往來ゆきかよへる,又木枝きのえだ人之如攀引よぢひける。自礒西方窟戶いはやど,高廣おのもおのも六尺許。窟內いはやのうちあな。人不得入,不知深淺ふかきあさき也。いめ至此處礒窟いそのいはやほとり者,必死。故俗人くにびと,自古至今,號黃泉之坂よみのさか黃泉之穴よみのあな也。
 神戶かむべ。郡家西北二里一百廿步。【出雲也。說名如意宇おう郡。】


日本武尊 倭建命
日本武尊征討東國,薨於能褒野。景行帝欲不忘其名,遂設健部。


出雲大社【杵筑大社】本殿
所造天下大神之宮, 嗣大國主。


出雲大社復原圖


古代出雲大社 心御柱跡


豬目洞窟 黃泉穴比定地


杵築大社 古代出雲大社本殿


出雲社 素鵞社


御魂社 命主社


美佐伎社 日御碕神社


山邊社 山邊神社 山邊赤人


間野社 原鹿神社


百技槐社 經島 日御碕神社元宮

三、神社寺所

 あらたに造院一所あり河內鄉中。建立たつ嚴堂也。郡家正南一十三里一百步。もと大領日置部臣布禰へきべのおみふみ之所造。【今大領おほみやつこ佐底麿さでまろ祖父おほぢ○按『風土記鈔』,上鄉城上寺。

     杵築大社きづきのおほやしろ 御魂社みむすびのやしろ 御向社みむかひのやしろ 出雲社いづものやしろ 御魂社みむすびのやしろ
     伊努社いぬのやしろ 意保美社おほみのやしろ 曾伎乃夜社そきのやのやしろ 久牟社くむのやしろ 審伎乃夜社そきのやのやしろ
     阿受伎社あずきのやしろ 美佐伎社みさきのやしろ 伊奈佐乃社いなさのやしろ 彌太彌社みたみのやしろ 阿我多社あがたのやしろ
     伊波社いはのやしろ 阿具社あぐのやしろ 都牟自社つむじのやしろ 久佐加社くさかのやしろ 彌努婆社みぬばのやしろ
     阿受枳社あずきのやしろ 宇加社うかのやしろ おなじき阿受枳社 布世社ふせのやしろ 神代社かみしろのやしろ
     加毛利社かもりのやしろ 來坂社くさかのやしろ 伊農社いぬのやしろ 同社 同社
     鳥屋社とやのやしろ 御井社みゐのやしろ 企豆伎社きづきのやしろ 同社 同社
     同社 同社 同社 阿受枳社あずきのやしろ 同社
     おなじき社 同社 同社 同社 同社
     同社 來坂社くさかのやしろ 伊努社いぬのやしろ 同社 同社
     彌陀彌社みたみのやしろ 縣社あがたのやしろ 斐提社ひでのやしろ 韓銍社からかまのやしろ 加佐伽社かさかのやしろ
     伊自美社いじみのやしろ 波禰社はねのやしろ 立蟲社たちむしのやしろ 已上かみ五十八所,在神祗官かむつかさ。】

     御前社みさきのやしろ 同御埼社みさきのやしろ 支豆支社きづきのやしろ 阿受支社あずきのやしろ おなじき阿受支社
     同社 おなじき阿受支社 おなじき阿受支社 同社 同社
     同やしろ 同社 同社 同社 同社
     おなじき社 同社 同社 同社 同社
     同社おなじきやしろ 同社 同社 同社 同社
     同やしろ 同社 同社 同社 同社
     同社 同社 伊努社いぬのやしろ おなじき伊努社 同社
     同社 同社 縣社あがたのやしろ 彌陀彌社みたみのやしろ おなじき彌陀彌社
     同やしろ 同社 同社 同社 同社
     同社 同社 同社 同社 伊爾波社ににはのやしろ
     都牟自社つむじのやしろ 同社 彌努波社みぬばのやしろ 山邊社やまべのやしろ 同社
     同社 間野社まののやしろ 布西社ふせのやしろ 波如社はねのやしろ 佐支多社さきたのやしろ
     支比佐社きひさのやしろ 神代社かみしろのやしろ 同社 百技槐社ももえゑにすのやしろ 【已上六十四所,不在神祗官。○上并百廿二所,『延喜式神名帳』社

四、山川河海

 神名火山かむなびやま。郡家東南三里一百五十步。高一百七十五丈,周一十五里六十步。曾支能夜社そきのやのやしろいます伎比佐加美高日子命きひさかみたかひこのみこと社,即在此山巖やまのみね。故云神名火山。
 出雲御崎山いづものみさきやま。郡家西北廿七里三百六十步。高三百六十丈,周九十六里一百六十五步。西下にしのふもと所謂所造天下大神大國主命之社坐也。

     凡,もろもろ山野所在草木,卑解ところ百部根ふとづら女委ゑみくさ夜干からすあふぎ商陸いをすぎ獨活つちたら葛根くずのねわらびふぢすもも蜀椒なるはじかみにれ赤桐あかぎり白桐あをぎりしひ椿つばきまつかへ
     禽獸とりけだもの則有,晨風はやぶさはと山雞やまどりくぐひ、䳯、【未詳。或本作つぐみ。】鹿しかおほかみうさぎきつね獼猴さる飛鼯むささび也。

 出雲大川いづものおほかは。源自伯耆ははき與出雲二國さかひ鳥上山とりかみやま流,出仁多郡にたのこほり橫田村よこたのむら,即經橫田よこた三處みところ三澤みさは布勢ふせ等四鄉,出大原郡おほはらのこほり引沼村ひきぬのむら,即經來次きすき斐伊屋代やしろ神原かむはら等四鄉,いで出雲郡堺多義村たけのむら,經河內かふち、出雲二鄉ふたつのさと,北流更おれ西流,即經伊努いぬ杵築きづき二鄉,入神門水海かむどのみづうみ。此則所謂斐伊河下ひのかはしも也。河之兩邊みぎひたり,或土地豐沃つちゆたけく五穀たなつものくはあさみのりたわめ枝,百姓おほみたから膏腴薗ゆたかなるその。或土體豐沃つちゆた,草木叢生むらがりおふ也。則有年魚あゆさけ麻須伊具比ふなはむ等之類,潭湍ふちせ雙泳ならびくくる。自河口かはのくち河上かはのかみ橫田村之間,五郡百姓,便より河而すめり【出雲、神門かむど飯石いひし仁多にた、大原郡。】孟春むつき季春やよひ挍材木船きをかとれるふね沿沂のぼりくだれり河中かはのなか也。
 意保美小河おほみのをがはみなもと出出雲御崎山,北流入大海おほうみ【有年魚少少すこし。】
 土負池つちおひのいけ。周二百卌步。
 須須比池すすひのいけ。周二百五十步。
 西門江にしかどのえ。周三里一百五十八步。東流入入海。【有ふな。】
 大方江おほかたのえ。周二百卌四步。東流入入海。【有鮒。】二江ふたつのえ源者,並田水たのみづあつまる矣。
 東,入海いりうみ三方みつのかた平原はら遼遠はるか多有さはにあり山雞、かりたかべ、鴨、鴛鴦をし等之たぐひ也。
  東入海所在雜物くさぐさのもの,如秋鹿郡あいかのこほり說也。

 北,大海おほうみ
 宮松埼みやまつのさき【有楯縫たてぬひ與出雲郡堺。】
 意保美濱おほみのはま。廣二里一百廿步。
 氣多嶋けたのしま【生紫菜むらさきのり海松みる。有あはびさざえ蕀甲蠃うに。】
 井吞濱ゐのめのはま。廣卌二步。
 宇大保濱うだほのはま。廣卅五步。
 大前嶋おほさきのしま。高一丈,周二百五十五步。【生海藻にぎめ。】
 腦嶋なづきしま【生紫菜、海藻。有松、栢。】
 鷺濱さぎはま。廣二百步。
 黑嶋くろしま【生紫菜。】
 米結濱めゆひのはま。廣廿步。
 爾比埼にひさき。長一里卌步,廣廿步。崎之南本みなみのもと,東西とほし戶,【○戶,水門。】船猶往來かよひうへ則松叢生也。
 宇禮保浦うれほのうら。廣七十八步。船廿許可泊。
 山崎やまさき。高卅九丈,周一里二百五十步。【有椎、くすのき椿つばき、松。】
 子負嶋こおひのしまいそ。】
 大椅濱おほはしのはま。廣一百五十步。
 御前濱みさきのはま。廣一百廿步。【有百姓いへ。】
 御嚴嶋みいつくしま【生海藻。】
 御廚家嶋みくりやのしま。高四丈,周廿步。【有松。】
 等等嶋とどのしま【有貽貝いがい石花。】
 恎聞埼しもさき。長三十步,廣三十二步。【有松。○恎,惡性也,佷也。
 意能保濱おのほのはま。廣一十八步。
 栗嶋くりしま【生海藻。】
 黑嶋くろしま【生海藻。】
 這田濱はふたのはま。廣一百步。
 二俣濱ふたまたのはま。廣九十八步。
 門石嶋かどいししま。高五丈,周四十二步。【有鷲之栖わしのす。】
 その。長三里一百步,廣一里二百步。松繁多矣しげりておほし。即自神門水海,通大海みなと【○潮,水路也。】長三里,廣一百二十步。此すなはち出雲與神門二郡さかひ也。
  おほよそ北海所在雜物,如楯縫郡とけるただ,鮑,出雲郡尤優もともまされり所捕者とるもの,所謂御埼海子みさきのあま是也。


神名火山 佛經山


出雲御崎山
自平田市西旅伏山起,至簸川郡大社町北側之彌山、日御碕為止之北山山脈。古事記作宇迦山。


出雲大川 斐伊川


出雲大川 斐伊川
源自島根、鳥取縣境船通山,流經仁多、飯石、大原、出雲、簸川、平田。昔經神門水海注入日本海,約於十七世紀前半改注宍道湖。


簸川平野 出雲平野
大方江、西門江,所在未詳。文中平原遼遠者,指簸川平野。


井吞濱 豬目海岸
豬目川北流注海,西有豬目洞窟,古稱黃泉穴。昭和廿三年,發掘大量繩文、古墳時代之人骨、遺物。


鷺濱 鷺浦之濱


御嚴嶋 經島


恎聞埼 日御碕追石鼻


門石嶋 辨天島
記紀神話中出雲讓國之地,亦為神在月時諸神上岸之處。本奉辨才天,後改祀豐玉姬命。


海女
海子,或書海人、海女,以漁業、製鹽維生者。漢籍或作海士。


神立橋
神門郡堺出雲大河邊,今神立橋附近,為正西道之渡河點。


出雲國造千家國造館
出雲郡屬中郡,郡司四員。而此郡郡司,不含出雲國造出雲臣、及同族神門臣者,甚值注目。

五、道政區劃

 かよふ意宇郡堺佐雜村さざふのむら,一十三里六十四步。
 通神門郡堺出雲大河邊いづものおほかはのへ,二里六十步。
 大原郡おほはらのこほり多義村たけのむら,一十五里卅八步。
 通楯縫郡堺宇加川うかがは,一十四里二百廿步。





郡司こほりのつかさ 主帳ふみひと 無位むゐ    若倭部臣わかやまとべのおみ
大領おほみやつこ 外正八位下げしゃうはちゐげ  日置臣へきのおみ
少領すけのみやつこ 外じゅ八位下  大 臣おほのおみ
主政まつりごとひと 外大初位だいそゐ下  □部臣


[久遠の絆] [國 名] [神門郡] [再臨詔]